SIMフリーのAndroidスマホ「Acer Liquid Z530」が日本でも発売!

日本エイサーは21日、Acer製のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を採用したSIMフリースマートフォン(スマホ)「Acer Liquid Z530」を2015年11月13日(金)に日本国内で発売すると発表しています。発売に先立って10月21日からは事前予約受付が開始され、販売価格は25,000円程度。

これまでにもAcer Liquid Z200をはじめとして日本でSIMフリースマホを販売してきましたが、今回のAcer Liquid Z530を機に「Acerの日本でのスマホ市場への本格参入」を行なうという。

Acerはパソコン(PC)を中心としていますが、海外ではAndroidだけでなく、Windows 10 Mobileのスマホも開発しており、先日行われた日本マイクロソフトの説明会でも日本向けWindows 10 Mobileスマホを販売する開発メーカーの1つとして挙げられていました。

02

03

Acer Liquid Z530は約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載したミドルレンジクラスのスマホです。カラーバリエーションはブラック(型番:Z530K-F01)とホワイト(型番:Z530W-F01)の2色を用意。なお、ホワイトは日本限定販売とのこと。

外観は台湾にあるデザインスタジオでデザインされ、ヘアライン加工とメタルっぽい質感の背面のほか、若干丸みのあるボディーで持ちやすさを向上させています。

スペックとしては64bit対応MediaTeK製1.3GHzクアッドコアCPU「MT6735」や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、microSDHCカードスロット(最大32GBまで)、約800万画素CMOSリアカメラ、約800万画素CMOSフロントカメラ、2.4GHzシングルバンドでIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.0、2420mAhバッテリーなど。

ミドルレンジながらエンターテイメント性も強調されており、音の良いスピーカーなどを搭載しているほか、ハイレゾ音源に対応した3Dサウンドや重低音を表現する技術「DTS Studio Sound」が採用されているとのこと。なお、ハイレゾ音源はUSB接続の外部DACが必要。

携帯電話ネットワークは4G(FDD-LTE方式)および3G(W-CDMA方式)、2G(GSM方式)が利用でき、対応周波数帯は4Gが700MHz(Band 28)および800MHz(Band 19)、1500MHz(Band 21)、1800MHz(Band 3)、2100MHz(Band 1)、3Gが800MHz(Band 6および19)および1700MHz(Band 9)、2100MHz(Band 1)、2Gが850および900、1800、1900MHzとなっています。

このため、NTTドコモ回線なら4Gでクアッドバンドで利用可能なのはSIMフリーモデルとしてはかなり珍しいです(特にBand 21対応)。LTE UE Category 4で下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsに対応。SIMカードサイズはmicroSIM(3FF)を採用。

ソフトウェアではユーザーインターフェイス(UI)に通常のホーム画面のほか、アイコンが大きく表示される「イージーモード」に対応。また、子供が使うことを想定したアプリ「キッズセンター」がプリインストールされており、データの削除などが制限できるようになっています。

その他、PCメーカーならではのWindows 7および8、8.1、10を搭載したPCとQRコードで簡単にペアリングしてシームレスに接続できる「AcerEXTEND」を搭載し、撮影した写真を同期したり、Webブラウザーやオフィス文書を共有可能だということです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
プレスリリース