Xperia Z5シリーズの指紋認証でのロック解除での注意点!

人気のスマートフォン(スマホ)といえばアップルの「iPhone」シリーズの対抗としてはやはり日本国内ではソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」シリーズでしょう。日本では最新の「Xperia Z5」シリーズはNTTドコモおよびau、SoftBankからXperia Z5がそれぞれ「Xperia Z5 SO-01H」および「Xperia Z5 SOV32」、「Xperia Z5 501SO」として、そして、NTTドコモからはさらに小型の「Xperia Z5 Compact SO-02H」が発売し、さらにNTTドコモから来週11月20日には4Kディスプレイを搭載した大型の「Xperia Z5 Premium SO-03H」が発売されます。

そんなXperiaもようやくこの冬モデルのから指紋認証に対応しました。Xperia Z5シリーズの指紋センサーは右側面に搭載した電源キーにセンサーが内蔵され、持ってこれから操作をしようとするときに電源キーを押す流れの中で画面ロックを解除できるようになっており、iPhoneシリーズなどのホームキーに内蔵されたのとはまた違いつつも使いやすくなっています。

そんなXperia Z5シリーズの指紋認証ですが、画面ロックの解除に利用している場合に「信頼できる場所」などを登録しておくと自動的にロック解除ができる「Smart Lock」を設定していると、ロック解除時に指紋認証を5回失敗すると解除できてしまう仕様となっているこが明らかになりました。



この問題はTwitterなどのSNSで話題となっており、筆者もXperia Z5 Compact SO-02Hなどで確認できましたが、Smart Lockを設定している信頼できる場所にいるときにロック解除時に指紋認証を5回失敗すると本来なら指紋が違うとエラーが出るはずのところが解除されてしまいました。

本来はそもそも指紋センサーによるロックがかからないのが正しい挙動のようで、例えば、OSで標準対応となったAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載した「Nexus 6P」などでは同じ状態では電源キーを押せば(Smart Lockできる状態なので)ロック解除できるほか、「Galaxy S6 edge」では電源キーを押して画面をスワイプすればロック解除できるようになっています。また、指紋センサーと搭載した「AQUOS ZETA SH-01H」では画面ロック解除に指紋を選択しているとSmart Lockは利用できないようになるなどとなっており、恐らく電源キーに指紋センサーを搭載しているXperia Z5シリーズの不具合だと思われます。

とはいえ、特にSmart Lockの機能を把握せずに設定してしまったままにしていると、信頼できる場所として自宅などを設定している場合に家にいるときだったら他人でもロック解除できてしまうということになり、Xperia Z5シリーズで指紋認証によるロック解除を設定している場合にSmart Lockを設定する場合には注意してください。なお、NexusシリーズでもSmart Lockを設定していても指紋センサーに登録していない指紋で触れるとエラーが表示され、5回失敗すると「所定の回数以上間違えました。しばらくしてからもう一度お試しください。」というエラーが表示されます。

02 04
Nexus 6P(画面=左)とAQUOS ZETA SH-01H(画面=右)


追記(2015/11/19 09:14:00)
当初、Nexus 6Pではエラーが表示されるとのみ記載していましたが、指紋センサーはエラーが表示されるものの、指紋センサーではなく電源キーを押せば解除できていました。また、arrows NX F-02Hの虹彩認証ではSmart Lockを設定している場合には虹彩認証でのロック解除は必要なくなります。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Xperia Z5 関連記事一覧 - S-MAX
Xperia Z5 Compact 関連記事一覧 - S-MAX
Xperia Z5 Puremium 関連記事一覧 - S-MAX