レノボがGoogle Project Tango対応スマホをCES 2016で披露!

Lenovoは7日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて1月6日(水)から9日(土)まで開催されている世界最大級のIT・家電関連イベント「2016 International CES(CES 2016)」にてGoogleが開発を進める奥行きを含めた3Dセンシング(測定)できるカメラを搭載することで3Dマッピングが可能な「Project Tango」に対応するスマートフォン(スマホ)を発表しています。

発表が行われたアメリカを含む北米を中心にグローバル市場で今夏に発売を予定し、価格は500ドル(約59,000円)以下になる見込み。Project Tangoはこれまでにも開発者向けの「Project Tango Smartphone」や「Project Tango Tablet」が提供・販売されてきましたが、初の一般販売モデルとなります。

02

03

Project TangoはGoogleにおける先端技術を研究するGoogle ATAP(Advanced Technology And Projects)が行っているプロジェクトで、人間の目や耳のように3次元の広がりのある知覚や聴覚をデジタルデバイスで実現しようというものです。

奥行きを測定できる3Dセンシングセンサーと複数のカメラを内蔵し、空間を3次元データとして記録する“3Dマッピング”を行なうことができ、標準仕様として策定していこうとしています。

今回、Lenovoが発表した製品は約6.5インチ以下で、チップセットにQualcomm製「Snapdragon」を採用すること、深度センサーおよびRGB・IRセンサー、魚眼カメラが搭載されることのみの仕様が明らかにされました。

Lenovoの会場にはProjecto Tangoの主任を務めるGoogleのJohnny Lee氏が登壇してProject Tangoの説明を行ったほか、Lenovo副社長のJeff Meredith氏が製品を紹介。ただし、実際の該当製品は会場には展示されなかったとのことです。

04


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Lenovo Project Tango | The World's First Project Tango Enabled Device for Consumers | Lenovo US
Project Tango – Google
Lenovo Announces Partnership with Google's Project Tango - Lenovo - Facebook