NTTドコモの新施策は1月29日に発表か!?

朝日新聞は27日、NTTドコモが家族などの複数回線利用者向けにデータ通信を分け合う「シェアパック」をこれまでの最低データ通信容量10GBよりも少ない5GBのプランを追加することを近く発表すると報道しています。

これは昨年末に行われた総務省による「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」(携帯電話料金タスクフォース)の取りまとめを受けて高市早苗総務大臣からの要請に応えるもの。

また、記事では従来は15GB以上のプランのみで契約できた月額基本料の安い「カケホーダイライト」の適用範囲も拡大すると伝えており、例えば、シェアパック5とカケホーダイライトプランを組み合わせることで1人当たりの月額利用料が5千円程度になるということです。

01

携帯電話料金タスクフォースは月額利用料が5千円以下になる料金プランを用意するように具体的な金額を示して提示していますが、すでにSoftBankでは月当たりのデータ通信量が1GBまでで合計4,900円(税抜)となるプランを4月以降に導入すると発表しています。

これに対し、NTTドコモでは家族などの複数回線の場合に限定して5千円以下の料金プランを用意するようです。なお、シェアパック5とカケホーダイライトプランが2人で合計1万円程度だとすると、シェアパック5はおよそ月額5,500円になる見込み。

その他、長期利用者向け施策としてもこれまでは10年以上や15年以上の利用者に割引があったものに対し、5年以上の場合にも割引を導入するとのことで、日テレニュース24ではシェアパック5は長期利用者向けに提供されるとも伝えられています。

どちらにしても近く発表されるということなので、NTTドコモの2016年3月期第3四半期決算発表会が2016年1月29日(金)に実施されるので、恐らくはそれに合わせて発表されると予想されます。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ドコモ、家族割を拡充 1人月5千円以下、低料金コース:朝日新聞デジタル
NTTドコモ 家族割拡大で月5千円以下に|日テレNEWS24