FREETELがAndroidスマホ「SAMURAI REI」を発表!

プラスワン・マーケティングは22日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2016年2月22日(月)から25日(木)に開催される「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」にて同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」の新しいAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(麗)」を発表しています。

発売時期は2016年5月以降を予定しており、日本やアメリカ(米国)などで販売されます。価格は未定ながら現在、格安スマホで人気となっているミドルレンジで高いコストパフォーマンスの2〜3万円台の価格帯で投入されるのではないかと予想されます。

02

SAMURAI REIは約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶を搭載したAndroidスマホです。発売時にはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用する予定ですが、MWC 2016ではAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)で展示されているとのこと。

質感の高いアルミニウムのメタルボディーを採用し、BlackおよびSilver、Gold、Pinkの4色が用意されています。サイズは約145.8×71.5×7.2mm。画面には強化ガラス「Gorilla Glass 3」(Corning製)を採用。なお、REIには麗(Beautiful and Elegant)や怜(Wise)といった意味が込めれているとのこと。

主な仕様はオクタコアCPU(チップセットは不明)や2GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、2800mAhバッテリー、約1300万画素CMOSリアカメラ、約800万画素CMOSフロントカメラ、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、microUSBなど。

携帯電話ネットワークは4G(LTE方式)および3G(W-CDMA方式)、2G(GSM方式)に対応。また、iPhoneやGalaxyのようにホームボタンに指紋センサーが内蔵されており、画面ロック解除などに利用できるということです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
FREETEL(フリーテル)
FREETEL Made by JAPAN
日本メーカーとして世界進出を加速!「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2016」に2年連続出展中 | freetel