SIMフリースマホ「ASUS ZenFone Go」が日本で発売!

ASUS JAPANは11日、約5.5インチHD(720×1280ドット)液晶(10点マルチタッチ対応)や1.4GHzクアッドコアCPU、2GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)などを搭載したSIMフリーなAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone Go(型番:ZB551KL)」(ASUSTeK Computer製)を発表しています。

それぞれ価格はオープンながら公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では19,800円(税抜)で、2016年3月下旬より発売され、すでに事前予約受付を開始しています。カラーバリエーションはブラック(型番:ZB551KL-BK16)とホワイト(型番:ZB551KL-WH16)、ブルー(型番:ZB551KL-BL16)の3色がラインナップ。

02

ZenFone Goは約5.5インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載したスマホです。特長は税抜なら2万円を切る低価格ながら「ZenFone」シリーズならではの高性能カメラや簡単モード、キッズモード、片手モード、独自UI(ユーザーインターフェース)「ZenMotion」などの使いやすい機能が搭載されている点です。

OSはAndroid 5.1.1(開発コード名:Lollipop)を採用し、サイズは約151×76.9×10.7mm、質量は約160g。外観はZenFoneシリーズをすぐわかる印象で、丸みのある持ちやすいデザインや背面の音量調節ボタンなど人間工学に基づいた人に優しいデザインを採用しています。

主なスペックはQualcomm製1.4GHzクアッドコアCPU「Snapdragon 400 MSM8926」や16GB内蔵ストレージ(eMMC)、microSDXCカードスロット、約800万画素リアカメラ、約500万画素フロントカメラ、IEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fi、Bluetooth 4.0、A-GPS、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、近接センサー、磁気センサー、microUSB端子、3.5mmイヤホンマイク端子など。

バッテリーは容量が3010mAh、駆動時間が無線LAN(Wi-Fi)利用時では約17時間、モバイル通信時では約10時間、連続通話時間は約960分(3G)、連続待受時間は約514時間(3G)および約400時間(LTE)。

カメラは「美人エフェクト」や「夜景モード」、「ローライドモード」、「HDRモード」などに対応し、白色と黄色の2色のLEDで絶妙なライティングを行える「デュアルカラーLEDフラッシュ」を搭載。日本語入力には「ATOK for Android」をプリインストールやGoogleドライブの100GB(2年間無料)などが付属するなどのZenFoneシリーズの機能を搭載しています。

03

携帯電話ネットワークは4G(LTE方式)および3G(W-CDMA方式)、2G(GSM方式)に対応。周波数帯はLTE方式が700MHz(Band 28)および800MHz(Band 6、18、19)、850MHz(Band 5)、900MHz(Band 8)、1700MHz(Band 9)、1800MHz(Band 3)、2100MHz(Band 1)、2600MHz(Band 7)、W-CDMA方式が800MHz(Band 6、19)、850MHz(Band 5)、900MHz(Band 8)、1900MHz(Band 2)、2100MHz(Band 1)、GSM方式が850および900、1800、1900MHz。microSIMカード(3FF)が2つのデュアルSIM対応で、両方とも3G・4Gに対応していますが、片方を3G・4Gにするともう片方は2Gのみとなります。

オプション品として専用フリップカバー「View Folio Cover」やブルーライトカット液晶保護フィルムが用意され、公式Webストアではそれぞれ2,680円(税抜)および980円(税抜)で販売されます。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ZenFone Go (ZB551KL) | スマートフォン | ASUS 日本
ニュースリリース - ASUS 日本