Appleが新4インチスマホ「iPhone SE」を発表!

Appleは21日(現地時間)、米国(アメリカ)のカルフォルニア州クパチーノにある本社キャンパスにてプレス向け発表会「Special Event」を開催し、約4.0インチ640×1136ドットRetina液晶(326ppi、コントラスト比800:1)を搭載した新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone SE」を発表しています。

価格は米国では、16GBが399ドル(約45,000円)、64GBが499ドル(約56,000円)となっています。なお、日本国内でもNTTドコモおよびau by KDDI、SoftBankの3社から販売されることがAppleの公式Webページにて案内されているほか、SIMフリーモデルが公式Webストア「Apple Online Store」や「Apple Store」の店頭で販売され、価格も案内されています。

02
iPhone SEの予約受付開始は3月24日


03
iPhone SEの発売は3月31日


04
発売国・地域には日本(Japan)も記載

iPhone SEは、2013年に発売された「iPhone 5s」および「iPhone 5c」以来の4インチサイズの小型モデルです。サイズは約123.8×58.6×7.6mm、質量は約113g。OSは最新の「iOS 9.3」がプリインストール。

外観デザインはほぼiPhone 5sを踏襲しており、若干角に丸みがあることで持ちやすくなったほか、カラーバリエーションはiPhone 5sと同じシルバーおよびスペースグレイ、ゴールドの3色に加えて「iPhone 6s」シリーズで好評なローズゴールドの合計4色が用意されています。

画面サイズが小さいため、拡大表示や簡易アクセスには非対応で、感圧操作「3D Touch」には対応しませんが、その他の仕様はほぼiPhone 6sシリーズと同等で、チップセットはiPhone 6sシリーズと同じ14nmプロセスで製造された第3世代64bit対応「Apple A9」とより省電力なコプロセッサー「Apple M9」を搭載。iPhone 5sと比べると、CPUで2倍、GPUで3倍の高速化をしています。

無線LAN(Wi-Fi)はMIMOに対応せず、2.4および5GHzデュアルバンド対応のIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠で最大433Mbps、Bluetooth 4.2、Assisted GPS+GLONASS、電子コンパス、3軸ジャイロセンサー、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、iBeaconマイクロロケーションなどに対応していますが、iPhone 6やiPhone 6sシリーズで搭載している気圧計には非搭載となっています。

10

05

06

07

08

画面の下にあるホームキーには指紋センサーを搭載し、指紋認証「Touch ID」に対応(ただし、iPhone 6シリーズまでと同じ第1世代)。これにより、米国などでは決済サービス「Apple Pay」にも対応。また、NFCも搭載しています。

キーの配置もiPhone 5sと同じで、iPhone 6やiPhone 6sでは右側面に移動した電源キーは本体上側面に配置され、右側面にはnanoSIMカード(4FF)スロットのみがあり、左側面にはサイレントモード切替スイッチや丸い音量上下キー、下側面には3.5mmイヤホンマイク端子やLightning端子が搭載されています。

09


機種iPhone SEiPhone 5siPhone 6s
大きさ123.8×58.6×7.6mm123.8×58.6×7.6mm138.3×67.1×7.1mm
質量113g112g143g
画面4型4型4.7型
チップセットA9A7A9
背面カメラ1200万画素800万画素1200万画素
前面カメラ120万画素120万画素500万画素
VoLTE
NFC
気圧計
本体色シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ローズゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ローズゴールド

リアカメラの画素数がiPhone 5sよりも向上しており、F2.2の明るいレンズおよび1画素が1.22μピクセルの約1200万画素画素裏面照射型CMOSの「iSight Camera」(True Toneフラッシュやバーストモードなどに対応)し、4K動画も撮影可能。一方、フロントカメラはiPhone 5sと同じでにF2.4レンズおよび約120万画素CMOSを搭載しています。

その他、カメラ機能にはiPhone 6sシリーズから導入された「Live Photo」機能に対応し、カメラロールの写真を眺めながら押し込むと動き出し、音も流れてまさに撮影したその瞬間を再生できます。

14

12

電池持ちは連続通話時間が3Gで最大14時間、連続待受時間は最大10日間、インターネット利用が3Gで最大12時間、4G LTEで最大13時間、Wi-Fiで最大13時間、ビデオ再生が最大13時間、オーディオ再生が最大50時間となっており、iPhone 5sやiPhone 6、iPhone 6sよりも若干持つようになっています。なお、バッテリー容量は明らかにされていません。

11

通信方式にはGSMおよびW-CDMA、LTE(FDD-LTEおよびTD-LTE)に対応。LTEはLTE-AdvancedのUE Category 4で下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsに対応。高音質通話サービス「VoLTE」にも対応。

通信方式などの違いによって「A1662」および「A1723」、「A1724」の3種類がラインナップ。なお、日本ではA1723が販売され、対応周波数帯は以下の通り。

LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、17、18、19、20、25、26、28)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD‑SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)


13


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
いよいよ新しい4インチスマホ「iPhone SE」や9.7インチ「iPad Pro」などが発表へ!Appleが日本時間3月22日2時から新製品発表会を開催で、ライブ中継も実施 - S-MAX
Apple - Press Info - Apple Introduces iPhone SE — The Most Powerful Phone with a Four-inch Display
iPhone SE - Apple(日本)