格安SIM市場にLINEが参入!LINEモバイルが今夏に提供予定

LINE Corp.は24日、千葉県・舞浜アンフィシアターにて事業戦略発表カンファレンス「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催し、最後の発表として新たにNTTドコモの回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービス「LINE MOBILE(LINEモバイル)」を今夏より提供することを発表しています。

利用料は月額500円(税抜)からを予定しているほか、最大の特長は「LINE」のトーク(テキストメッセージ)や無料通話だけでなく、「Twitter」や「Facebook」の主要機能におけるデータ通信量をカウントしないアンリミテッドなコミュニケーションを実現するとしています。

04

LINE MOBILEはNTTドコモの回線を借り入れたMVNOサービスで、最も安い料金プランが月額500円であり、LINEなどのデータ通信量がカウントされないなどの特長があります。

詳細は今後明らかにされるとのことですが、LINEのトークや無料通話、FacebookやTwitterなどの主要機能がカウントされないプラン以外にも音楽配信サービス「LINE MUSIC」がカウントされないプランも提供を視野に入れていくとしています。

また、今後はカウントされないサービスの拡大も検討しており、中でもFacebook傘下の「Instagram」は検討中だとしています。一方、LINE関連サービスの中でもライブ配信サービス「LINE LIVE」は非カウント対象外となっています。

その他、LINEビジネスコネクトを活用したユーザーサポート、新たに提供される「LINEポイント」との連携による料金支払い時のポイントチャージなどを検討しているということです。

LINE取締役CSMOの舛田淳氏は「LINEモバイル単独でしっかりと収益を上げていきたい」としつつも多くを検討中と回答。また、MVNOを行なうに当たって仮想移動体サービス提供者(MVNE)を利用するのかとの問いには「利用する。」としつつも、現時点ではどのMVNEかは明らかにされませんでした。

02

03
LINE CONFERENCE TOKYO 2016にはTwitter Japan 執行役員の味澤将宏氏も登壇


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
【LINE】今夏を目処にMVNO事業「LINEモバイル」を開始することを発表 | LINE Corporation | ニュース
LINE CONFERENCE TOKYO 2016 - LIVE