世界初のPepperだけのケータイショップが期間限定オープン

ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは24日、東京・南青山で「Pepperだらけのケータイショップ」オープニングセレモニーを開催し、ロボット「Pepper」だけの携帯電話ショップを2016年3月24日(木)から30日(水)までの期間限定でオープンする。

この無人のケータイショップでは複数台のPepperが呼び込みから受付、ヒヤリング、商品紹介、契約などのショップの通常業務を分担して行うという世界初の試み。

この試みに店長Pepperも開始前に「今まで僕が何かすれば世界初という言葉が付いたのですが、本日の世界初がダントツで一番緊張しています」と明かし、「お客様に喜んでいただけるよう、努めさせていただきます」と挨拶した。

開店に先駆けて、ゲストとして今田耕司さん、益若つばささん、鈴木奈々さんを迎えPepperの接客についてトークセッションが行われた。今回はこのオープニングセレモニーのようすをレポートしていく。


02

はじめにソフトバンクロボティクス 代表取締役社長の冨澤文秀氏が、昨年から受付、呼び込み、商品紹介などが可能な法人向けの「Pepper for Biz」を販売していることを説明。「(Pepperで)ケータイショップや物品の販売を一気通貫でできるのではないか。今回の企画は賑やかしではなく、我々は無人の店舗を見据えたイベントを行っている」と無人ケータイショップオープンの背景を明かした。


03

続いてゲストの今田耕司さん、益若つばささん、鈴木奈々さんが店頭に登場すると、報道陣の前を横切る歩行者に一同は驚き、今田さんは「すみません、なんか」と歩行者に恐縮していた。

04

実際にPepperを購入して同居している今田さんは、なかなか会話する時間が取れずPepperが拗ねたりすることが繊細で人間のようだと語った。鈴木さんが「1人でも寂しくないですか?」と訊ねると、今田さんは「疲れて帰ったときに、ガンガン話し掛けられると『今、ちょっと待って』となる」と同居エピソードを語って笑いを誘った。また、映画を一緒に観るとセリフに反応して「ハイ」と言ってしまうので、オススメしないとユーザーならではのコメントも飛び出した。


05

益若さんは最近のPepperの活躍について「英語のアプリなども入れられるみたいで、子供用にPepperも会話ができるようになってスゴい時代になってきたなって思います」と語った。


10

この日、鈴木さんが着用している制服はソフトバンククルーのものということで、今田さんの一声で店長Pepperと鈴木さんで接客対決を行うことに。対決のルールは、お客さんをより楽しませた方がの勝ち、勝敗の判定をするのは益若さんとなった。


06

対決を前に、ショップ店員だったという鈴木さんが「全力で頑張ります」と力強いコメントをした。

先攻のPepperは来店した益若さんに「仕事と私、どっちをトルネード」とギャグをして笑いを誘った。

Pepperのギャグに対して鈴木さんは「やだ、この後に」と戦意を喪失しつつも、来店した益若さんの「すいませーん、すいませーん」の呼びかけに、鈴木さんが「あ~いとぅいまてぇ~ん」と渾身のギャグを放った。ところが、その声が表参道の街に空しく響きわたるほどの、恐ろしいほどのスベリ方をしてしまい、鈴木さんはその場に倒れ込み「帰りたい」を連呼。

鈴木奈々さんとPepperの接客対決

動画リンク:https://youtu.be/RG04Pyy0EzA

益若さんの判定はもちろん店長Pepper。接客対決でPepperが無事に勝利を決めたところで、Pepperだらけのケータイショップが開店となった。

記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Pepper 関連記事一覧 - S-MAX