au向けハイスペックなAndroidスマホ「HTC 10 HTV32」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約5.2インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5ディスプレイ(約564ppi)やクアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)を発表しています。

発売時期は2016年6月中旬以降を予定しており、auショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて順次予約受付が開始される予定。また、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて2016年6月1日(水)より先行展示されます。

今年4月に海外で発表されたHTCの最新フラッグシップスマホ「HTC 10」のau版で、これまでは日本向けのおサイフケータイ(Felica)やワンセグなどに対応することも多かったHTCですが、ほぼグローバルモデルと同じ仕様でこれらの機能に対応せずに日本で発売されます。

特長は世界初のリアとフロントのカメラが両方ともに光学式手ブレ補正に対応して写真が綺麗に撮影できるほか、国内初のハイレゾ対応イヤホン同梱で高音質を楽しめるほか、au初の急速充電「Quick Charge 3.0」に対応かつ専用充電器が同梱されます。

また今夏モデルでは「Xperia X Performance SOV33」や「Galaxy S7 edge SCV33」、「AQUOS SERIE SHV34」とともに3つの周波数帯をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねて下り最大370Mbpsに対応。エリアは東京都渋谷駅周辺エリアから提供開始し、順次、大阪府梅田駅周辺、愛知県名古屋駅周辺、山手線主要駅周辺などへ拡大予定です。

02 05 08

03 06 09

HTC 10 HTV32はハイエンドなHTCのフラッグシップスマホとしては従来の「HTC One」シリーズからリニューアルし、名称も"One"を除き、外観も新たに光をイメージした削り出しによるメタルボディーで、これまでの「HTC One M9」などの角のない丸みのあるデザインから光を反射させる角を作ったクリスタルエッジデザインになりました。

カラーバリエーションはカメリア レッドおよびカーボン グレイ、トパーズ ゴールドの3色が用意。サイズは約146×72×9.2mm、質量は約161g。HTC 10 HTV32では防塵(IP5X準拠)には対応しているものの、防水には非対応。

また、カメラも強化されたほか、世界初のステレオ24bitハイレゾオーディオ録音で4K動画もより臨場感が増すとしています。さらにディスプレイの下にあるホームキーに指紋センサーが搭載されており、その左右には静電タッチ式のバックキーとタスクキーが配置。指紋センサーも認証速度が速くなり、0.2秒でロックを解除可能とのこと。

本体上側面に3.5mmイヤホンマイク端子、下側面にUSB Type-C端子、右側面に電源キーと音量上下キー、左側面にSIMカードおよびmicroSDカード(最大200GBまで)のスロットが配置。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズの「au Nano IC Card 04(VoLTE)」。サウンドは「HTC BoomSound Hi-Fi Edition」やDolby Audio」の技術に対応。また、電池パックは容量が3000mAh(取外不可)。

リアカメラは画素サイズが約1.55μmの新しい裏面照射型CMOSセンサー「UltraPixel 2」を採用し、F1.8と明るく、広角26mmのレンズや光学手ブレ補正、位相差とコントラストによるレーザーオートフォーカスなどに対応。また、4K動画撮影は音をハイレゾ音源で撮影できるようになっています。一方、フロントカメラは約1.34μmの裏面照射型センサーを搭載し、F1.8と明るく、広角23mmのレンズで、光学手ブレ補正やオートフォーカスに対応。

04 07 10

スペックとして最新のQaulcomm製64bit対応クアッドコアCPU(2.2GHzデュアルコアCPU+1.6GHzデュアルコアCPU)「Snapdragon 820 MSM8996」や32GB内蔵ストレージ、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、NFC Type A/B、位置情報取得(GPS・GLONASS)、テザリング、Miracast、緊急速報メール、環境光センサー、近接センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパス、磁気センサー、センサーハブなど。



◯主な仕様
商品名HTC 10 HTV32
OSAndroid 6.0
メーカーHTC Corporation
ディスプレイ約5.2インチWQHD液晶
サイズ約72(W) x146(H) x9.2(D) mm(最厚部約10.1mm)
質量約161g
カラーカメリア レッド、カーボン グレイ、トパーズ ゴールド
内蔵メモリー(RAM)約4GB
内蔵ストレージ約32GB
外部ストレージmicroSDXC(最大200GB)
リアカメラ約1200万画素
フロントカメラ約500万画素
電池容量3000mAh
連続通話時間(VoLTE)約1590分<
連続待受時間(LTE・WiMAX 2+)約390時間
電池持ち時間※ 1測定中
4G LTE
キャリアアグリゲーション
4G LTE&WiMAX 2+ CA
受信時最大速度370Mbps
WiMAX 2+
VoLTE
シンクコール
ボイスパーティ
Eメール(@ezweb.ne.jp)
SMS
フルセグ-
ワンセグ-
Wi-Fi テザリング
(最大接続数 8台)
au世界サービス
(LTE・GSM・UMTS)
Bluetooth◯(ver. 4.2)
Wi-Fi◯(IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠)
緊急速報メール
おサイフケータイ-
NFC(情報取得・リンク)
赤外線-
防水-
防塵
耐衝撃-
※1 電池持ち時間とは平均的なスマートフォン利用(インテージの2015年6月調査データを基に算出)した場合の各機種における電池の持ち時間です。2016年夏の新商品以降、より公平でよりわかりやすい電池の持ち時間訴求をめざし、インテージが提供するデータを活用し、NTTドコモと共同で設定した基準で測定しています。なお、各機種の実使用時間については順次、auのホームページで公表される予定です。
※2 仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
『選べて、イイコト』「auならでは」の機能や「最新技術」で細部まで進化させたスマートフォンなど、お客さまの想いを叶えるauのラインアップ | 2016年 | KDDI株式会社
HTC 10 | 2016年 | KDDI株式会社
HTC 10(エイチティーシー テン) HTV32 | スマートフォン(Android スマホ) | au
HTC 10 HTV32 スペックとレビュー | HTC 日本