au向けハイスペックスマホ「HTC 10 HTV32」を写真と動画で紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約5.2インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5ディスプレイ(約564ppi)やクアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)を発表しました。

発売時期は2016年6月中旬以降を予定しており、すでにauショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されているほか、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて先行展示されています。

新たにグローバル向けのフラッグシップスマホほぼそのままで、日本市場向けのおサイフケータイなどへのカスタマイズをせず、早くからメタルボディーを採用するHTCの完成形とも言うべき新たな挑戦となる製品でしょう。

今回も発表会のタッチ&トライコーナーでHTC 10 HTV32の試作機に触れることができましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「KDDI、au向けハイスペックスマホ「HTC 10 HTV32」を発表!グローバル仕様ほぼそのままで、おサイフケータイやワンセグなどには対応せず――Snapdragon 820や4GB RAMなど - S-MAX」も参照してください。

DSC00899

HTCの2016年のフラッグシップモデルとして今年4月に発表された「HTC 10」ですが、カラーバリエーションはカメリアレッドおよびカーボングレイ、トパーズゴールドの3色が用意されており、このうちのカメリアレッドはau向けに初めてラインナップされたカラーです。

日本国内向けのHTCスマホでは「HTC J ISW13HT」以降、イメージカラーとして"赤"が定着しており、今回ももれなく用意されたことで購入を決めるユーザーも多そうです。

また、ボディーはHTCのフラグシップモデルとしてはお馴染みの金属製。一方、日本国内向けの同社スマホとしては「HTC J One HTL22」以来の3年ぶりの金属素材を使ったスマホになっており、グローバル向けと同じメタルボディーを待ち望んでいた人には嬉しいところでしょう。

さらに2014〜2015年の「HTC J Batterfly」シリーズから大きく変わった部分は「ナビゲーションキー」で、これまでは液晶画面の最下部に「戻る」や「最近使ったアプリ」(アプリ履歴)を表示するナビゲーションボタンが表示されるようになっていましたが、HTC 10では画面の外に指紋認証に対応したセンサーを兼ねたホームキー、その左右に戻るキーとアプリ履歴キーが搭載されています。

これにより、画面の表示領域が広がるのはもちろん、最近のスマホとしては標準的な機能になった指紋認証にも対応したことで使い勝手の面でも安心かつ便利に使うことができるようになっています。

DSC00903

正面から見て右側面には操作ボタンは集約されています。ちょうど右手で持って親指の位置に電源キーが配置。さらにボリュームキーも近くに配置されていますが、押し間違いがないようにギザギザのモールドが掘られていて、デザイン上のアクセントにもなっています。

DSC00901

逆に反対の左側面はかなりスッキリとしています。唯一あるのはmicroSDカードの挿入口。反対側のSIMカードの挿入口とともにどちらもトレーにSIMカードやmicroSDカードを取り付けて挿入するようになっています。

DSC00904

本体上部は3.5mmイヤホンマイク端子と高音域を担当するスピーカー(ツイーター)が配置。イヤホンマイク端子を取り囲むように本体上部にプラスチック素材が使われており、アンテナ用に電波が通りやすくなるようになっています。

DSC00906

本体下部は中央にUSB Type-C端子と低音域を担当するスピーカー&ウーファーが配置されています。
徐々に対応機器やケーブルが増えてきたUSB Type-C端子ですが、AppleのLightning端子のように表裏なくケーブルを差し込めるため、充電時の使い勝手はかなり高くなっています。

また、上下のスピーカーで再生可能な音域を変えたことで省スペースながらHTC 10として鳴らせる音域を広げ、迫力あるサウンド再生を可能にしたのも特徴となっています。

DSC00908

また、au向けのHTC 10 HTV32には国内では初の対応スマホになる急速充電「QuickCharge 3.0」に対応したACアダプターが同梱されています。これにより、約30分で約50%、約90分で満タンまでバッテリーを充電できるとしています。

DSC00896

また、HTCのスマホといえば「高音質」なイヤホンが過去にも同梱されていましたが、au向けHTC 10 HTV32でも話題の「ハイレゾ」に対応したイヤホンが同梱されています。同梱イヤホンもカメリアレッドとカーボングレイにはブラックが、トパーズゴールドにはホワイトとなっており、色もきちんと合わせられているのは実用性が高いと思います。なお、こちらのイヤホンは現状単体販売の予定はないとのこと。

DSC00910


DSC00911

最後にHTC純正ケース「Ice View Case」も展示されていました。今までのDot View Caseと違い、フリップ部分が半透明になっているため、閉じた状態で各種通知を確認することが可能です。

さらに閉じた状態でもフリップ部分を2回なぞるとカメラが起動でき、もちろんそのまま撮影することも可能で、公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から発売予定です。

最新のSnapdragon 820や4GB内蔵メモリー(RAM)、5.2インチWQHD液晶などというハイスペックだけでなく、光学式手ぶれ補正に対応したカメラや同梱されるハイレゾイヤホンなど、機能面でも魅力がぎっしり詰まったHTC 10 HTV32は今夏ラインナップでも大注目の1台でしょう。最後にプロモーション動画も紹介しておきます。



◯主な仕様
商品名HTC 10 HTV32
OSAndroid 6.0
メーカーHTC Corporation
ディスプレイ約5.2インチWQHD液晶
サイズ約72(W) x146(H) x9.2(D) mm(最厚部約10.1mm)
質量約161g
カラーカメリア レッド、カーボン グレイ、トパーズ ゴールド
内蔵メモリー(RAM)約4GB
内蔵ストレージ約32GB
外部ストレージmicroSDXC(最大200GB)
リアカメラ約1200万画素
フロントカメラ約500万画素
電池容量3000mAh
連続通話時間(VoLTE)約1590分<
連続待受時間(LTE・WiMAX 2+)約390時間
電池持ち時間※ 1測定中
4G LTE
キャリアアグリゲーション
4G LTE&WiMAX 2+ CA
受信時最大速度370Mbps
WiMAX 2+
VoLTE
シンクコール
ボイスパーティ
Eメール(@ezweb.ne.jp)
SMS
フルセグ-
ワンセグ-
Wi-Fi テザリング
(最大接続数 8台)
au世界サービス
(LTE・GSM・UMTS)
Bluetooth◯(ver. 4.2)
Wi-Fi◯(IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠)
緊急速報メール
おサイフケータイ-
NFC(情報取得・リンク)
赤外線-
防水-
防塵
耐衝撃-
※1 電池持ち時間とは平均的なスマートフォン利用(インテージの2015年6月調査データを基に算出)した場合の各機種における電池の持ち時間です。2016年夏の新商品以降、より公平でよりわかりやすい電池の持ち時間訴求をめざし、インテージが提供するデータを活用し、NTTドコモと共同で設定した基準で測定しています。なお、各機種の実使用時間については順次、auのホームページで公表される予定です。
※2 仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。



記事執筆:黒ぽん(迎 悟)


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
HTC 10 関連記事一覧 - S-MAX