NTTドコモ向けモバイルWi-FiルーターWi-Fi STATION HW-01H」が6月29日に発売!

NTTドコモは27日、今夏に発売する「2016年夏モデル」のうちの国内初の3.5GHz帯(Band 42)によるTD-LTE方式や次世代通信規格「LTE-Advanced」の技術要素である「キャリアアグリゲーション(CA)」の3波を束ねる3CCに対応し、下り最大370Mbpsによる高速通信が利用できるモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」(Huawei Technologies製)を2016年6月29日(水)に発売すると発表しています。

ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、発売日発表に合わせて価格も案内されていましたので紹介します。

Wi-Fi STATION HW-01Hは今春モデルの「Wi-Fi STATION N-01H」に続いて3CC CAに対応した「PREMIUM 4G」に対応したモバイルWi-Fiルーターです。

新たに3.5GHz帯に対応し、NTTドコモでは初のTD-LTEを運用します。下り最大370Mbpsは3.5GHz帯のTD-LTE方式で20MHz幅の下り最大110Mbpsが2波(20MHz×2)と1.7GHz帯(Band 3)のFDD-LTE方式で20MHz幅の下り最大150Mbpsを合わせます。なお、1.7GHz帯を利用するため、エリアは東名阪のみ。

東名阪エリア以外では、1.5GHz帯の15MHzと3.5GHz帯の20MHz×2で下り最大337.5Mbpsとなり、上り最大50Mbpsのまま。対応周波数帯は4GではFDD-LTE方式の800MHz(Band 19)および1.5GHz(Band 21)、1.7GHz(Band 3)、2GHz(Band 1)、TD-LTE方式の3.5GHz(Band 42)で、700MHz(Band 28)には非対応。2波CA(2CC CA)は、CA_1-21およびCA_1-19、CA_3-19。

NTTドコモ向けのファーウェイ製モバイルWi-Fiルーターとしては昨年2月に発売された「Wi-Fi STATION HW-02G」以来で、その他、モバイルバッテリーとして他のスマートフォン(スマホ)などの機器を充電できるモバイルチャージャー機能に対応し、4750mAhの大容量バッテリーを搭載。その他の詳細な製品情報はすでに公開している以下の記事を参照してください。

NTTドコモ、3波CAの「PREMIUM 4G」で下り最大370Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を発表!初の3.5MHz帯TD-LTEに対応 - S-MAX
NTTドコモ、3波CAの「PREMIUM 4G」で下り最大370Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を発表!初の3.5MHz帯TD-LTEに対応 - S-MAX

今回、ドコモオンラインショップ「Wi-Fi STATION HW-01H」にて案内されている価格は以下の通り。店舗によっては実質負担額0円というところもありそうですね。

・新規契約/機種変更
 本体価格:20,736円(分割864円/月×24回)
 月々サポート:-432円/月×24回(総額-10,368円)
 実質負担額:10,368円(分割432円/月×24回)

◯主な仕様
寸法(高さ×幅×厚さ:mm)約64×約100×約22
質量(g)約173
通信方式
(ネットワーク側)
PREMIUM 4G
LTE
(受信時最大速度/送信時最大速度)※1
370Mbps/50Mbps
FOMA
(受信時最大速度/送信時最大速度)
14Mbps/5.7Mbps
【無線LAN】IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)※2
【有線LAN】-
通信方式
(端末側)
【無線LAN】IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)※2
【有線LAN】-
インターフェイスUSB3.0
同時接続台数11台
(Wi-Fi:10台※3 /USB:1台)
連続待受時間(LTE/3G:時間)※4約1810/約1810
連続通信時間(LTE/3G:時間)※4約20※5 /約15
バッテリー容量4750mAh
WORLD WING※6 ○(クラス5)
その他機能モバイルチャージャー、遠隔ウェイクアップ※7 、高速起動※8
Black
製造メーカーHuawei Technologies Co.,Ltd.
※1 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォ-ト方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワ-クの混雑状況に応じて変化します。
※2 2.4GHz帯と5GHz帯の同時利用はできません。マルチSSID機能利用時は、5GHz帯の利用はできません。
※3 公衆無線LAN利用時は9台まで、マルチSSID利用時はSSID1に5台、SSID2に4台の合計9台までとなります。
※4 連続待受時間、連続通信時間は使用環境や電波状況により変動します。なお連続待受時間は、工場出荷時の設定で、HW-01Hに対しWi-Fi接続している端末が無い状態で測定したものです。
※5 キャリアアグリゲーション非適用時。
※6 地域により対応サービスは異なります。
※7 Huawei HiLinkのインストールが必要。
※8 電源オンから待受画面が表示されるまでの時間です。初回起動時、または電池入れ替え時などを除きます。ご使用の環境によっては起動時間が長くなる場合があります。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を発売 | お知らせ | NTTドコモ