Motorolaが海外向けに新スマホ「Moto G4」と「Moto G4 Plus」、「Moto G4 Play」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは17日(現地時間)、同社のミドルレンジからミドルハイレンジのスマートフォン(スマホ)「Moto G」シリーズの最新モデル「Moto G(第4世代)」(以下、Moto G4)として「Moto G」(以下、Moto G4)および「Moto G Plus」(以下、Moto G4 Plus)、「Moto G Play」(以下、Moto G4 Play)の3機種を発表しています。

Moto G4はブラジルで、Moto G4 Plusはブラジルとインドで発表日から発売され、順次、北米や中南米、欧州、アジア・パシフィックにて販売される予定。また、Moto G4 Playはグローバル市場にて今年の晩夏に投入するとしています。

現時点では各機種ともに日本での販売については明らかにされていません。Moto Gシリーズの第3世代では「Moto G」が販売されているほか、「Moto X Play」も販売されたのでどの機種かは投入されるかもしれません。

02



動画リンク:https://youtu.be/kZCu0LiL4Nc

【Moto G4】

01

Moto G4はMoto Gシリーズ(第4世代)のベースモデルで、3機種の中では中間に位置し、約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶を搭載したミドルハイレンジスマホです。ボディーにはナノコーティングが施されており、防滴対応となっています。

サイズは約153×76.6×7.9~9.8mm、質量は約155g、カラーバリエーションはBlackおよびWhiteの2色が用意され、カスタマイズできる「Moto Maker」に対応しています。

主な仕様は64bit対応Qualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 617 MSM8952」および2GB内蔵メモリー(RAM)、16または32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大128GBまで)、約1300万画素CMOSリアカメラ、約500万画素CMOSフロントカメラ、2.4および5.xGHzデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、A-GPS、3000mAhバッテリーなど。

02

03

04

05

携帯電話ネットワークでは2G(GSM/GPRS/EDGE方式)および3G(W-CDMA・UMTS/HSPA+方式およびCDMA 1X EVDO Rev.A方式)、4G(FDD-LTE方式およびTD-LTE方式)に対応し、LTE UE Category 4による下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsに対応。

4Gの対応周波数帯は投入される国・地域などによって異なりますが、ブラジルなどで発売されるモデル「型番:XT1625」ではBand 1および2、3、4、5、7、8、12、13、25、26、41。OSは3機種ともにAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)を採用。

06

07
Moto Maker


【Moto G4 Plus】

01

Moto G4 PlusはMoto G4をベースにカメラの画素数を向上させ、指紋センサーを搭載した上位モデルで、ミドルレンジからミドルハイレンジスマホです。外観はMoto G4と同じで、同様に防滴性ナノコーティング仕様。

主な仕様は64bit対応Qualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 617 MSM8952」および2GBまたは4GB RAM、16または32GB、64GB、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大128GBまで)、約1600万画素CMOSリアカメラ、約500万画素CMOSフロントカメラ、2.4および5.xGHzデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、A-GPS、3000mAhバッテリーなど。

サイズは約153×76.6×7.9~9.8mm、質量は約155g、カラーバリエーションはBlackおよびWhiteの2色が用意され、カスタマイズできる「Moto Maker」に対応。携帯電話ネットワークではGSM/GPRS/EDGE方式およびW-CDMA・UMTS/HSPA+方式、CDMA 1X EVDO Rev.A方式、FDD-LTE方式、TD-LTE方式に対応し、LTE UE Category 4による下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsに対応。

4Gの対応周波数帯は投入される国・地域などによって異なりますが、ブラジルなどで発売されるモデル「型番:XT1644」ではBand 1および2、3、4、5、7、8、12、13、25、26、41。

02

03


【Moto G4 Play】

01

Moto G4 Playは3機種の中では下位になり、約
5.0インチHD(720×1280ドット)液晶を搭載したミドルハイレンジスマホです。サイズや質量は異なるものの、デザインはMoto G4やMoto G4 Plusとほぼ同じで、同様に防滴性ナノコーティング仕様。

主な仕様は64bit対応Qualcomm製クアッドコアCPU「Snapdragon 410 MSM8916」および2GB RAM、16GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大128GBまで)、約800万画素CMOSリアカメラ、約500万画素CMOSフロントカメラ、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、A-GPS、2800mAhバッテリーなど。

サイズは約144×72×8.95~9.9mm、質量は約137g、カラーバリエーションはBlackおよびWhiteの2色。携帯電話ネットワークではGSM/GPRS/EDGE方式およびW-CDMA・UMTS/HSPA+方式、CDMA 1X EVDO Rev.A方式、FDD-LTE方式、TD-LTE方式に対応し、LTE UE Category 4による下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsに対応。

4Gの対応周波数帯は投入される国・地域などによって異なりますが、ブラジルなどで発売されるモデル「型番:XT1607」ではBand 1および2、3、4、5、7、8、12、13、17、25、26、41。

02

03


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Meet the new Moto G Family: Whichever you choose, you get more of what matters most. - The Official Motorola Blog
kouji koderaさんのツイート: "#MotoG4 & #MotoG4Plus https://t.co/9gx9HI71uK"