shimajiro@mobiler

日本で7月22日(金)に発売されるSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus」(Motorola Mobility製)や、台湾で発売された「ZenFone 3」シリーズ(ASUSTeK Computer製)などの機種がサポートするデュアルSIM・デュアルスタンバイ「DSDS(Dual SIM Dual Standby)」の仕様について解説する。

恐らく日本では今年のSIMフリースマホのトレンドとなり、Moto G4 Plus以降も3G(W-CDMA方式)と4G(LTE方式)のDSDS対応機種が発売になると見られる。一方、近い仕様としてデュアルSIM・デュアルアクティブ「DSDA(Dual SIM Dual Active)」というのもあるため、これとの違いも含めてまとめていく。

【デュアルSIMとは】

まずそもそもデュアルSIMとは、スマートフォン(スマホ)などで電話番号などが記録されている小さな「SIMカード」が2枚利用できる機能だ。対応していれば、契約する携帯電話サービスのSIMカードを2つ利用可能となる。

一方、これまでのデュアルSIM対応製品では、SIMカードスロットの片方は3Gや4Gに対応しているものの、もう片方が2Gのみにしか対応していなかったり、両方とも2G・3G・4Gに対応しているものの、同時にした場合には片方は2Gのみになってしまうというものだった。

そのため、2GのGSM方式によるサービスが提供されていない日本では片方ずつしか使えず、デュアルSIM製品のメリットが薄かった。

これは主に新興国などで通話料金の安い2GのSIMカードと、データ通信の速い3G・4GのSIMカードを使いたいというニーズから生まれた点と技術的な点の双方による制限とも言えた。

【DSDSとは】

デュアルスタンバイ(DSDS)はこのデュアルSIMの2つのSIMカードが同時にサービスを待受できる機能を指す。そのため、2Gが提供されている国・地域ではこれまでのデュアルSIM製品でもDSDS自体は珍しくない。あくまで、従来は日本でDSDSできないだけであって、日本国内で販売されている機種を含めてDSDS対応機種自体はあった。

今回、注目されているMoto G4 PlusやZenFone 3などの機種はデュアルSIMに対応し、なおかつ、片方のSIMカードで4Gおよび3Gのデータ通信中にもう片方のSIMカードで3Gの待受に対応しているためだ(トップ画像はMoto G4 PlusのDSDS状態)。

これにより、片方のSIMカードで4Gデータ通信を行っている最中にもう片方のSIMカードで3Gの音声通話を着信することができる。つまり、日本国内でもDSDSできるわけだ。

03
ZenFone 3のデュアルSIMスロット。両方のSIMカードで同時に待受が可能な「DSDS」に対応


02
台湾にてZenFone 3のDSDSを確認してみたところ


【DSDAとは】

一方、これらのMoto G4 PlusなどのDSDS対応機種では片方のSIMカードで4Gデータ通信中にもう片方のSIMカードでの音声通話を着信することができるものの、音声通話を開始した時点でそれまで行っていた4Gデータ通信についてはデータ通信が中断される。

これに対し、片方のSIMカードで3G音声通話をしながら、もう片方のSIMカードで4Gデータ通信を同時に行うことができる機能をデュアルアクティブ(DSDA)と呼ぶ。

話題となっているMoto 4G Plusなどの機種はDSDSには対応しているものの、DSDAには非対応なのでもう一歩というところだが、ひとまず、3G音声通話と4Gデータ通信のDSDSが可能になったことは日本では大きいと思われ、今年の格安スマホなどのSIMフリースマホ市場では注目の機能になるのは間違いないだろう。



記事執筆:shimajiro@mobiler


shimajiro@mobiler
ZenFone 3・Moto 4G Plusが対応するデュアルSIM「DSDS」と「DSDA」の違い・できること&できないこと | shimajiro@mobiler

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ