緊急速報メールが洪水情報に対応!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクは1日、各社が提供する緊急速報メール(NTTドコモでは「エリアメール」、それ以外のauおよびSoftBank、Y!mobileでは「緊急速報メール」)において指定河川洪水予報の発表を契機として国土交通省が提供する「洪水情報」の配信を2016年9月5日(月)から開始すると発表しています。

まずは鬼怒川および肱川の2河川の流域自治体(茨城県常総市・愛媛県大洲市)においてエリアメールおよび緊急速報メールを活用した洪水情報の配信開始し、配信対象となるエリアは国土交通省によって今後順次拡大する予定。申込不要かつ利用料無料。

エリアメールおよび緊急速報メールは、災害などの発生エリアにおいてスマートフォン(スマホ)を含む携帯電話などに対して、気象庁が発表する「緊急地震速報」および「津波警報」、各自治体が住民に避難勧告等を発令する「災害・避難情報」を一斉配信するサービスです。

河川の増水や氾濫などに関する洪水の情報については、災害発生時に発表される指定河川洪水予報をもとに各自治体が発令する「災害・避難情報」として以前からエリアメールおよび緊急速報メールで配信してきましたが、2015年9月の関東・東北豪雨災害の発生を受けて、流域住民の主体的な避難を促進することを目的に国土交通省から提供される「洪水情報」が各自治体を経由せず配信されるようになります。

これにより、従来と比較して情報伝達手段が増え、より迅速に情報が配信されるため、早期の避難が可能となります。指定河川洪水予報の氾濫危険情報や氾濫発生情報が発表された場合、流域住民の避難を促進するために以下のように洪水情報の配信を行います。

番号配信情報配信条件
1河川氾濫のおそれがある情報対象河川の基準観測所の水位が氾濫危険水位に到達し、氾濫危険情報が発表された場合
2-Ⅰ氾濫が発生した情報
(河川の水が堤防を越えて流れ出ている情報)
対象河川の基準観測所の受持区間で河川の水が堤防を越えて流れ出る事象が発生し、氾濫危険情報が発表された場合
2-Ⅱ氾濫が発生した情報
(堤防が壊れ河川の水が大量に溢れ出している情報)
対象河川の基準観測所の受持区間で堤防が壊れ、河川の水が大量に溢れ出る事象が発生し、氾濫発生情報が発表された場合


02
1 河川氾濫のおそれ


03
2-I 河川氾濫発生


04
2-II 河川氾濫発生

なお、エリアメールおよび緊急速報メールの対応機種は以下の各社公式Webサイトを確認してください。

NTTドコモ:https://www.nttdocomo.co.jp/service/safety/areamail/compatible_model/index.html
au:http://www.au.kddi.com/mobile/anti-disaster/kinkyu-sokuho/enabled-device/
SoftBank:http://www.softbank.jp/mobile/service/urgent_news/models/
Y!mobile:http://www.ymobile.jp/service/urgent_mail/

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : 緊急速報「エリアメール」で各自治体発令の「災害・避難情報」に翻訳機能を追加 | お知らせ | NTTドコモ
緊急速報「エリアメール」及び「緊急速報メール」が国土交通省が提供する「洪水情報」に対応 | 2016年 | KDDI株式会社
緊急速報「エリアメール」及び「緊急速報メール」が国土交通省が提供する「洪水情報」に対応 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ