LINEの携帯電話サービス「LINEモバイル」の詳細が発表!本格開始は10月から

LINE Corp.は5日、NTTドコモ回線を用いた仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「LINEモバイル」を2016年9月5日(月)に提供開始したと発表しています。まずはソフトローンチとして限定2万契約限定で先行販売を開始し、すでに申込受付を開始しています。本ローンチは10月1日を予定。

特長は同社が提供するコミュニケーションサービス「LINE」のトークなどの高速パケット通信量がカウントされない「カウントフリー」が導入されている点で、料金プランではLINEが対象の「LINEフリー」プランの月額500円(月間1GBまで)から、LINEだけでなくTwitterやFacebookも対象の「コミュニケーションフリー」プランの月額1,110円(月間3GBまで)から用意されています(金額はすべて税別)。

さらに年齢認証およびID検索が可能なほか、LINE PayやLINEポイントとの連携、データプレゼント、無償のフィルタリングサービス(i-フィルター)、LINEを使ったLINEモバイル公式アカウントによるサポート、スマートフォン(スマホ)やタブレットの販売なども行います。

なお、LINEモバイルのサービスを提供するに当たってLINE Corp.では100%子会社のLINEモバイル株式会社を設立し、サービス提供・運営を行っています。さらに仮想移動体サービス提供者(MVNE)はNTTコミュニケーションズが担当しています。

02

03

・LINEフリーの料金プラン
月間データ通信量データ通信のみデータ通信+SMSデータ通信+音声通話
1GB月500円月620円月1,200円

・コミュニケーションフリーの料金プラン
月間データ量データ通信+SMSデータ通信+音声通話
3GB月1,110円月1,690円
5GB月1,640円月2,220円
7GB月2,300円月2,880円
10GB月2,640円月3,220円

LINEモバイルは同社が今年3月に今夏にスタートすると発表していたNTTドコモ回線を用いたMVNOによる携帯電話サービスです。特長は特定のサービスのデータ通信量を高速通信(いわゆる「パケット」や「GB」)としてカウントしないカウントフリーが導入されている点。

カウントフリーの対象サービスによって2つの大きなプランが用意され、LINEのみが対象のLINEフリー、そしてもう1つがLINEに加えて、TwitterやFacebookも対象のコミュニケーションフリーです。

LINEフリーはデータ通信のみとデータ通信+SMS、データ通信+音声通話があり、それぞれ月間データ通信量は1GBのみ、コミュニケーションフリーはデータ通信のみがなく、データ通信+SMSとデータ通信+音声通話があり、月間データ通信量は3GBおよび5GB、7GB、10GBが用意されています。

各プランの月額利用料金は上記の通り。カウントフリーの対象は、LINEがトークのやりとりやタイムライン投稿・閲覧(画像・動画の投稿・閲覧含む)に加え、無料通話、TwitterやFacebookでは閲覧・投稿(画像・動画の閲覧・投稿含む)。

カウントフリーの対象外となるものはLINE経由で友だちから共有された外部リンクへの接続、LINE内でもLINEトーク画面などに配信されるライブストリーミング動画(LINE LIVE機能)の利用、LINE Corp.が提供するLINEアプリ以外のアプリサービスの利用、Twitterのライブストリーミング動画(Periscope)の利用、Twitterからの外部リンクへの接続、Facebook Live(Facebook上でのライブストリーミング動画)、Facebookが提供するMessengerとなっています。

いずれのプランでも残りデータ通信量が足りなくなった際には、0.5GB/500円で追加購入も可能。また、最低利用期間はデータ通信のみやデータ通信+SMSでは用意されておらず、データ通信+音声通話のプランのみ利用開始日の翌月から12ヶ月目の末日までが設定され、満たない場合の解約には解約料9,800円が発生します。さらに、即日開通にも対応した他社から乗り換えによる携帯電話番号ポータビリティー制度(MNP)にも対応。

04

05

06

さらに大手携帯電話会社と同様に年齢認証およびID検索が可能なほか、LINE PayやLINEポイントとの連携で月額利用料金の支払いにLINE Payが選択でき、月額基本料の1%がLINEポイントとして貯まります。なお、年齢認証に対応するため、データ通信のみであっても契約時に本人確認書類が必要、LINEポイントが付与されるには公式アカウントを通じて契約者とLINE IDを連携する手続きが必要。

スマホなどの端末販売では「AQUOS SH-M03」(49,800円)および「arrows M03」(32,800円)、「arrows M02」(29,800円)、「HUAWEI P9 lite」(28,800円)、「BLADE V7 Lite」(22,800円)、「ZenFone Go」(19,800円)、「BLADE E01」(13,800円)、「ZenPad 7.0」(23,800円)などの比較的低価格な機種がラインナップされています。

07







記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
【LINEモバイル】MVNO事業「LINEモバイル」販売開始 | LINE Corporation | ニュース
LINEモバイル サービス詳細発表会 - LINE LIVE
LINE MOBILE 公式ブログ
LINE MOBILE(@LINEMOBILE_JP)さん | Twitter