shimajiro@mobiler

NTTドコモが発売されたばかりのAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」を「下取りプログラム」などのキャンペーン適用によって下位の32GBモデルをいわゆる「実質0円」で販売している。

iPhone 7の32GBモデルは本体価格が82,296円、月々サポートが55,728円となっているため、通常は実質価格が26,568円となる(すべて税込)。これに加えて、下取りプログラムや家族まとめて割など、追加のキャンペーンなどの割引を適用することで「実質0円」が実現されてされているわけだ。

つまり、iPhone 7へ機種変更や他社から乗り換え(MNP)をしただけではいわゆる「実質0円」での購入はできないが、上記の写真のようにNTTドコモの携帯電話取扱店ではiPhone 7の32GBモデルが実質0円より購入できることをアピールされていた。

昨年に総務省が取りまとめたガイドラインでは特に新機種について「実質0円」を廃止するように求めているため、これが下取りも含めてなのかなどなど、どこまで適用されるのか難しいところとなっている。なお、新色となるジェットブラックおよびブラックは基本的に各店ともに在庫が少ない状況だ。

筆者が訪れた写真の店舗で紹介されていたiPhone 7の32GBモデルにおけるキャンペーンの組み合わせは以下の通りだ。

本体価格:82,296円 (iPhone 7 32GB)
月々サポート(総額):-55,728円 (2,322円/月×24カ月)
下取プログラム:-22,000円 (iPhone 5sなど下取り時)
家族まとめて割:-5,184円
———————————————————–
実質価格:-616円

NTTドコモでは自社および他社で販売された機種を買い取る「下取りプログラム」をiPhone 7シリーズが発売された2016年9月16日(金)に改定しており、iPhone 5sの下取り価格を従来の11,000円から再度高額な22,000円へと値上げしている。

また、新たに対象機種に追加されたiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusを下取りした際も下取り価格が上限価格になれば、iPhone 7の32GBモデルは「実質0円」以下のいわゆる"もぐる"価格で購入することができる(月々サポートの差引後の実質価格が26,568円になるため)。

160918_docomo
NTTドコモの公式Webページ「キャンペーン : 下取りプログラム | NTTドコモ」に掲載されている他社端末の下取り価格(9月16〜30日)

冒頭で紹介している「実質0円」の例は、同一シェアグループ内にて合計2台以上の端末を購入する「家族まとめて割」を適用した例なので、iPhone 7以外にも端末購入が必要となるという点ではややハードルが高い。もちろん、iPhone 7を家族で2台以上購入するというパターンもあるかなとは思うけれど……。

いわゆる「実質0円」での端末販売は総務省によって取りやめるように要請されているので、下取りキャンペーンや複数台購入による割引を適用した上で「実質0円」となるキャンペーンが問題ありと判断されるのかどうかは、今後の動向を見守りたいところだ。





記事執筆:shimajiro@mobiler


shimajiro@mobiler
ドコモのiPhone 7、下取りや複数台購入で「実質0円」 – ただし新色は在庫なしが続く | shimajiro@mobiler

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ