スタイリッシュにまとめられた高級感溢れるデザインのSIMフリースマホ「honor 8」を紹介!

楽天が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )にて「格安スマホアンバサダー」の一環として「honor8 タッチ&トライ」イベントが9月27日に開催されました。

翌日の9月28日にSIMフリースマートフォン(スマホ)の新製品「honor 8」が発売。イベントではすでに紹介したように楽天モバイル担当者のほか、honor 8を開発・製造するHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の担当者によるプレゼンテーション(プレゼン)の様子をお届けしました。

今回は、イベントのメインでもあるhonor 8の実機を実際に試してきた様子をじっくりと写真を交えて紹介していきたいと思います。

20160927_204800
honor 8の表面


20160927_205049
honor 8の背面

honor 8のカラーラインナップは左から「パールホワイト」および「サンライズゴールド」、「サファイアブルー」の3色展開となります。ファーウェイの担当者のプレゼンでも紹介されていたようにhonor 8の外装は側面がメタルフレームになっており、前面と背面はガラス素材を採用しています。

20160927_201604

honor 8は、Android搭載スマホとしては一般的な5.2インチディスプレイを採用していますが、画面を覆うガラスの縁が2.5Dにラウンドしていることもあってか非常に持ちやすい印象を受けます。

また、ガラスボディー特有の性質として指紋が付きやすいという問題がありますが、サファイアブルーでは指紋は気になるほどは目立ちませんでした。

一方で、サンライズゴールドとパールホワイトの2色については指紋が目立ってしまっていたので、気になる人はケースを付けた方が良いのではないかと感じました。

20160927_201416

ファーウェイが「こだわった」とアピールする背面は、既報にて「15層の素材によって綺麗に反射する」ということを紹介しましたが、実にその通りだと言わせるほど綺麗な反射をします。

プレゼンの後で個別にファーウェイの担当者に伺って知ったのですが、中でもサファイアブルーが光沢の15層を一番目視で識別しやすいそうです。そういった理由もあってか、イベント参加者の人気もサファイアブルーに集中していました。

また、背面の中央には指紋認証や特殊ボタンとして使える「指紋認証スマートキー」が配置されています。指紋認証として画面ロック解除に使えるだけでなく、特定のアプリを起動できるように設定できたりします。

20160927_201427

右側面には電源キーと音量上下キーが配置されています。

20160927_201433

また、左側面にはSIMカードスロットおよびmicroSDカードスロットのトレイがあります。

20160927_201537

本体上側面にはノイズキャンセリングなど用のサブマイク(右)とリモコン用の赤外線センサー(左)があります。

20160927_201545

下側面は3.5mmイヤホンジャックおよび外部スピーカー、そして、充電やデータ転送などを行なうUSB Type-C端子が搭載されています。なお、honor 8は9V・2Aでの急速充電が可能。バッテリーは一体型で容量が3000mAhとなっています。

20160927_210332

表面の下部には「honor」ロゴが印字。honor 8ではホームボタンなどのナビゲーションボタンはソフトウェアボタンを採用しているため、本体下部にハードウェアキーは存在しません。

20160927_210430

背面に戻ると、honor 8の大きなポイントであるデュアルレンズが搭載。フラッシュもデュアルフラッシュとなっており、レーザーフォーカスにも対応しているためカメラには非常に力を入れている印象を受けます。

20160927_210300

全体的なデザインとしてhonor 8では、ファーウェイとしては珍しく「ベゼルレス設計」となっているが嬉しい点です。

これにより、画面の縁を細くすることで本体サイズの小型化に成功し、加えて、2.5Dの湾曲ガラスを採用しているので持ちやすく、手にフィットするので極めて使い勝手が良いデザインであると思います。

20160927_205959

少しだけソフトウェアを触る時間があったので、1つだけ目に留まった機能をご紹介。画面上部から通知バーを下ろすと出てくる「視力保護」の文字。honor 8にはブルーライトをカットする機能が標準で搭載されています。夜間に使う時に青白い光を浴びるのも辛いという人には嬉しい機能ではないかと思います。

20160927_210041
視力保護モード中は通知にも出る

honor 8は、価格的には高いという製品でもありませんが、性能は高いという他ないほどあらゆるアプリで快適に動作していました。その上、デザインもしっかりユーザーに寄り添って設計されており、1台目のSIMフリースマホを探している人に大腕を振ってオススメしたくなる……そんな1台でした。

本体価格(すべて税抜)は42,800円ですが、2016年12月1日9時59分まではキャンペーン価格として35,800円で購入することが可能です。その上、キャンペーン中には限定特典も付きますのでかなりコストパフォーマンス的に優れていると思います。

20160927_205231
キャンペーン期間中に購入すると貰える限定特典

年末商戦に向けて各社が新製品を競うように出しているスマホ業界ですが、今回、honor 8が打ち出した価格設定は今後の各社の価格設定にも影響を及ぼすのではないでしょうか。

最後に一言言わせてください。ファーウェイ、やりおる。あっぱれ。

【楽天モバイル「honor 8 タッチ&トライ」イベントレポート】
第1回:楽天モバイル担当者によるサービス紹介
第2回:ファーウェイ担当者によるhonor 8紹介
第3回:honor 8のタッチ&トライによるレビュー



記事執筆:雪華


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
honor 8 関連記事一覧 - S-MAX
楽天モバイル 関連記事一覧 - S-MAX