5000mAh大容量バッテリー搭載のSIMフリースマホ「FREETEL RAIJIN」が発表!

プラスワン・マーケティングは6日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」における新製品・新サービス発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter」を都内で開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「RAIJIN 雷神」を発表しています。2016年12月に発売予定で、価格は29,800円。

同社ではこれまでにも大容量バッテリーを搭載して電池持ちを重視した「Priori 3S LTE」を販売してきましたが、Priori 3S LTEがあまり高い性能ではなかったのに対し、RAIJINは約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶や8コアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などとかなりハイスペック化しています。

また、最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」をプリインストールし、USB Type-C端子や指紋センサーなどと最新仕様になっており、価格も手頃なのでこれからSIMフリースマホにしようというような人にオススメできそうです、

02

RAIJINは、FREETELの新しいSIMフリースマホで、5000mAhの大容量バッテリーを搭載して電池持ちが良い点が特長です。サイズは約153.0×76.0×8.7mm、質量は約183g、本体色はメタリックシルバーおよびメタリックブラック、シャンパンゴールドの3色展開。

ディスプレイを覆うのはCorning製「Gorilla Glass 3」を採用し、チップセットはMediaTek製オクタコアCPU「MT6750T」(最大1.5GHz×4コア+最大1.0GHz×4コア)、RAMは4GB、内蔵ストレージは64GB、外部ストレージは最大128GBまでのmicroSDXCカードスロットとなっています。

03

その他の仕様は、約1600万画素リアカメラおよび約800万画素フロントカメラ、2.4および5.xGHzデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.0、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・QZSS)、加速度センサー、近接センサー、光センサー、重力センサー、ャイロセンサー、電子コンパスなど。

携帯電話ネットワークは2G(GSM方式)および3G(W-CDMA方式)、4G(FDD-LTE方式)に対応し、テザリングはWi-Fiだけでなく、BluetoothやUSBでも利用可能。またSIMカードスロットは2つあるデュアルSIMで、片方はmicroSIMカード(3FF)で、もう片方はnanoSIMカード(4FF)となっており、nanoSIMカードスロットはmicroSDXCカードスロットと共用。対応周波数帯は以下の通り。

2G(GSM): B2/3/5/8​
3G(WCDMA): B1/5/6/8/19​
4G(FDD): B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B​
4G(CA): B3/19,B1/19


05


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
「FREETEL World 2016 Fall/Winter」~新製品・新サービス発表会~ | FREETEL(フリーテル)
RAIJINの特長|FREETEL(フリーテル)のSIMフリースマホ