SoftBank向け10インチタブレット「MediaPad T2 Pro」が発表!

ソフトバンクは12日、同社の携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」向け「2016-2017年冬春モデル」を発表し、SoftBank向け約10インチWUXGA(1920×1200ドット)IPS液晶搭載のAndroidタブレット「MediaPad T2 Pro(型番:605HW)」(Huawei Technologies製)を発表しています。

発売時期は2017年3月上旬以降を予定。日本でもWi-Fiモデルの「MediaPad T2 10.0 Pro」が販売されていますが、OSをAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)に変更したりして新たに4G LTE対応モデルがSoftBankから発売されます。

02

03

MediaPad T2 Proは10インチサイズのAndroidタブレットです。視野角が160度のため、高解像度の映像を複数人で楽しむことができ、利用シーンに応じて画面のコントラストや明るさを自動で調節するため、どんな場面でも快適に利用可能です。

さらに、ブルーライトを50%カットする機能を搭載することで、読書時など長時間利用しても目が疲れにくいようになっています。また、サラウンドシステム「SWS 2.0」に加え、スピーカーを本体に2つ搭載することで、立体的な音を作り出せ、まるでホームシアターにいるかのような感覚で、高い音質で動画や音楽を楽しむことができます。

04

05

サイズは約259.1×156.4×8.5mm、質量は約486g、カラーバリエーションはホワイトおよびブラックの2色展開。携帯電話ネットワークは下り最大112.5Mbpsおよび上り最大37.5Mbpsに対応。対応周波数帯は4G LTEのFDD-LTEの900MHz(Band 8)および1700MHz(Band 3)、2100MHz(Band 1)、4GのAXGP方式(TD-LTE方式互換)で2500MHz(Band 41)、3GのW-CDMA方式で900MHz(Band 8)および2100MHz(Band 1)。

64bit対応Qualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 616(MSM8939)」(1.5GHz×4コア+1.2GHz×4コア)および2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大128GBまで)、6500mAhバッテリー(取外不可)、約800万画素CMOSリアカメラ、約200万画素CMOSフロントカメラ、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1など。

06

07

08

09

◯主な仕様
通信方式こちらをご覧ください。
最大通信速度(下り/上り)※1112.5Mbps※2/37.5Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ約259.1×156.4×8.5mm/約486g
連続待受時間W-CDMA網測定中
GSM網測定中
FDD-LTE網測定中
AXGP網測定中
ディスプレー約10インチ WUXGA
(1920×1200ドット、最大1638万色)
モバイルカメラ
(画素数/タイプ)
メイン有効画素数約800万画素/CMOS
サブ有効画素数約200万画素/CMOS
防水/防塵未定
BluetoothVer.4.1
外部ストレージ/推奨容量microSDXCカード(別売)/最大128GB
内蔵ストレージ16GB
内蔵メモリー2GB
CPU(クロック数/チップ)オクタコア(1.5GHz×4 + 1.2GHz×4)/MSM8939
電池容量6500mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数)IEEE 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
OSAndroid 6.0 Marshmallow
カラーバリエーションホワイト、ブラック
※1 ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。
※2 一部エリアで提供中です。ご利用のエリアによって下り最大速度(110Mbps~75Mbps、またはそれ以下)は異なります。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
2016-17年冬春商戦向け新商品について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
Huawei - MediaPad T2 10.0 Pro - タブレット - 機能