iPhone 7でSuicaなどが使えるApple Payが10月25日にスタートへ!

Appleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 2」で今年10月下旬より日本で提供開始予定の電子決済サービス「Apple Pay」。SuicaやiDなどが使えるようになるということで日本では防水・防塵とともに最注目な機能だとも言えるでしょう。

そんなApple Payの日本でのサービス開始がどうやら10月25日(火)になりそうです。マイナビニュースが「10月25日で確定」として日本時間の10月25日に日本でApple Payが利用できるようになる予定の最新バージョン「iOS 10.1」がリリースされると見られると伝えています。

従来通りならiOSのアップデートは日本時間の10月25日2時頃以降となると思われ、これに対し、電子チケット&マネーサービス「Suica」を提供する東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)ではモバイルSuicaのメンテナンスを10月25日1時〜4時まで実施することをお知らせしています。

また、同じくApple Payに対応するNTTドコモが提供する電子マネーサービス「iD」でもメンテンナンスを10月25日2時〜5時まで行うとしており、恐らくこれらのメンテナンスが終了後に各サービスが利用できるようになるのではないかと予想されています。

02

iPhone 7やiPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2の日本向けモデルでは非接触IC規格「FeliCa」に対応しており、日本でこれまで提供されている非接触ICサービス「おサイフケータイ」のような機能が利用できるようになります。

対応サービスは、SuicaやiDのほか、QUICPayがあり、例えば、Suicaを使えるように設定すれば、おサイフケータイのモバイルSuicaのように改札でiPhone 7などをタッチするだけで通れるようになります。

すでに来日していたApple CEOのTim Cook(ティム・クック)氏が自身のTwitterアカウントにてJR東日本の山手線でApple Payを使って改札を通ったトライアルデモンストレーションを10月13日に実施していました。

一方で、すでに紹介していますが、Apple PayのSuicaでは新幹線のエクスプレス予約「EX-IC」や銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなどの一部サービスが利用できないことが案内されています。


なお、Apple Payは対応するアプリやWebサービスならで使うという方法もあり、これはiPhone 7以外にもiPhone6以降、iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3以降、Apple Watch Series 1、Mac(2012年以降)で利用可能。ただし、MacのSafariで使う場合にはiPhoneなどと組み合わせて使う必要があります。

現時点で対応するのは、じゃらんや出前館、TOHO SINEMAS、giftee、minne、日本交通、BASEとなっています。詳しくは公式Webページ「Apple Pay - Apple(日本)」をご確認ください。


動画リンク:https://youtu.be/2eUIr-sn570

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
JR東日本:モバイルSuica>システムメンテナンス情報
システムメンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ(2016年10月25日)|お知らせ|ドコモのiD
Apple Payの日本国内サービス開始は10月25日で確定 | マイナビニュース