進化したダブルレンズスマホ「HUAWEI P10」を写真と動画でチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は9日、SIMフリーの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P10」(以下、P10)を発売した。ライカのダブルレンズを搭載してカメラの画質が良いと昨年好評だった人気モデル「HUAWEI P9」(以下、P9)の後継モデルだ。

価格はオープンながら市場想定価格が65,800円(税抜)と、P9発売当初の価格よりも15,000円高の設定となる。なお、すでに紹介しているようにP10と仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードのセットで購入すると税抜5万円台中半で購入することも可能なので、キャンペーンなどを合わせてお得に購入したいところだ。

今回は6月6日に開催した新製品発表会のタッチ&トライコーナーでP10の実機を触ることができたので、外観や気になる特長を写真や動画を交えて紹介していく。

02

P10の主なスペックとして、CPUはHiSilicon製オクタコア「Kirin 960」(2.4GHz Cortex-A73コア×4+1.8GHz Cortex A53コア×4)、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカード(最大256GBまで)スロット、3200mAhバッテリーなど。

また通信機能は2.4および5.xGHzデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)およびBluetooth 4.2、NFC Type A/Bに加え、携帯電話ネットワークとしてLTE通信速度が受信時最大262.5Mbpsおよび送信時最大50Mbpsとなっている。またデュアルSIM待受(Nano SIM×2)対応で、対応する周波数帯は以下の通りだ。

FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応
WCDMA : B1/2/4/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
SIM 2は、WCDMA, GSMの音声通話に対応となる。

最大の特長はP9に引き続いて搭載されるLeicaレンズによる背面のダブルレンズカメラで、P9よりも進化し、昨年12月に発売された最上級モデル「HUAWEI Mate 9」(以下、Mate 9)と同じく1200万画素カラーセンサーと2000万画素モノクロセンサーによるF2.2の第2世代Leicaダブルレンズカメラとなった。またさらにP10では前面のフロントカメラもLeicaレンズとなり、3つのLeicaレンズを搭載。

【HUAWEI P10、P10 Plus、P10 lite、HUAWEI WATCH 2を動画で紹介】

動画リンク:https://youtu.be/CbT1VpvtgiY

03

一方、Mate 9は約5.9インチとかなり大型だったが、P10のディスプレイは約5.1インチFHD(1080×1920ドット)とP9の約5.2インチよりもさらにひと回り小さく持ちやすくなっている。

ここには同時発売となる5.5インチWQHD(1440×2560ドット)ディスプレイを搭載する「HUAWEI P10 Plus」との差別化があるのか定かではないが、横幅が約69.3mmと1mmほど小さくなったので持ちやすさという部分においては良い方向に働いているように思う。

04

また背面にあった指紋センサーは前面に。指紋認証によるロック解除のほか、戻るや履歴といったナビゲーションキーの役割を割り当てることができる。こうすることで、画面内にホームボタンなどのナビゲーションバーを表示しないようにもでき、表示領域が拡大できる。ただし、残念なのが通知領域のコントロールが指紋センサーで行えなくなったことだ。

20

背面はP9同様にメタルボディーとカメラユニット部分のパーツデザインを踏襲。ダブルレンズはMate 9のような縦並びではなく、P9と同じ横並びであるため、それぞれのダブルレンズの立体認識に対する効果の違いが気になった。

カラーバリエーションは「グラファイトブラック」および「プレステージゴールド」、「ミスティックシルバー」、「ダズリングブルー」の4色。ダズリングブルーのみ背面加工がサンドブラストではなくハイパーダイヤモンドカットだ。

21

ダズリングブルーのハイパーダイヤモンドカットは指紋が付きにくく、細かい凹凸で構成されているため傷が付きにくいという。標準でクリアケースが付いてくるので、プレステージゴールドをはじめとするサンドブラスト加工モデルも傷に対する対策は可能だ。

ケースを使わずにコンパクトに使いたいという用途なら、ダズリングブルーの持ち心地と独特の手触りは悪くない。

22

また新たにダブルレンズによるピント位置や被写界深度を自由にコントロールできる「ワイドアパーチャ」機能は、モノクロモードでも利用可能となった。アーティスティックなモノクロ写真を浅い被写界深度で演出するのは面白いと思われる。

写真の画面左に並ぶ4つの撮影設定アイコンの中の上から2番目のアイコンが新たに追加された「ポートレートモード」だ。ダブルレンズによって目や鼻、口を立体的に認識し、照明効果や美肌効果が得られる。会場内で試してみたところ、人物が綺麗に浮かび上がるような程よいボケ味、そして肌が綺麗に見える明るさを再現していた。

さらに前面のカメラにもLeicaレンズを搭載したことで、自撮りも色彩豊かに撮れることを特徴としている。

50

右側面(写真=上上段)には電源キー、ボリュームキー、左側面(写真=上下段)にはSIMスロットがある。

上面(写真=下上段)にはサブマイク孔、下面(写真=下下段)にはイヤホンマイク端子、サブマイク孔、USB Type-C(High Speed・OTG対応)、スピーカーがある。

100

日本でのSIMフリースマホ市場でのライバルとなるASUSTeK Computerは、P10シリーズに対抗する形で「ZenFone 3」シリーズの価格改定を行っており、P10の65,800円(税抜)という価格設定は高値な印象を受けてしまう。

一方で、ZenFone 3は昨年モデルであるし、P10のダブルレンズや薄さをはじめとするシンプルなデザインは、十分魅力的であり長く使えるハイスペックスマホとしてその強みを発揮しそうだ。

最後に今回発表された新製品のプレゼンテーションおよび藤本美貴さん、片瀬那奈さんのゲストトークセッションも動画で紹介しておく。


動画リンク:https://youtu.be/rHfBAa74dCU



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
HUAWE P10 関連記事一覧 - S-MAX