高速データ通信容量に無駄の発生しにくいユニーク仕組みのパケットシェア対応の通信サービスを紹介!

千葉県・幕張メッセにて2017年6月7日(水)から6月9日(金)の3日間に渡ってネットワークテクノロジーとそれに関連するビジネスソリューションなどを扱う企業が集結した展示会「Interop Tokyo 2017」が開催されました。

また併催イベントとして「Connected media Tokyo 2017」および「デジタルサイネージジャパン2017」、「Location Business Japan 2017」、「アプリジャパン2017」も同時に行われていました。

そんな本イベントのブースレポート2回目となる本記事では、法人向けにMVNO(仮想移動体通信事業者)としてデータ通信などの携帯電話サービスを提供しているソニービズネットワークス(個人向けの「ソニーネットワークコミュニケーションズ」は同一グループの別会社)のブースにて2017年5月から提供開始された新しい法人向け料金プランが展示されていたので紹介します。

【まとめて契約した料金プランの高速パケット容量を足した分がシェアできる容量になる】

01
ブース内に展示されていたパネル

今回展示されていたのは、ソニービズネットワークスがMVNOとして2017年5月から提供している法人向け携帯電話・モバイルデータ通信サービスのプラン「NUROモバイルLTE/3G」で、標準でデータシェアと同社が提供するプレフィックス通話アプリが利用可能であることが特長です。

料金としては音声通話対応なら高速データ通信容量1GBの1,500円(税抜)から、通話・SMS非対応のデータプランであれば800円(税抜)からと目立って安価というわけではないものの、標準でパケットシェアに対応しているため、複数回線契約をした場合に大きなメリットが生まれます。

例:高速データ通信5GBの音声対応プランを8回線契約した場合

この場合、「5GB×8人=40GB」がシェアされる容量となり、実際に契約しているプランが5GBでも、まとめて契約している全員でわけることになるので、これを超えた分の高速データ通信を利用することもできます。(もちろん40GBのシェアなので8人の合計で利用量が40GBに到達した時点で高速データ通信が翌月までは利用できなくなります。)

また、異なる容量のプランでも合算可能で、5GBプラン4人と2GBプラン4人をまとめて契約した場合であれば、(5GB×4人)+(2GB×4人)=で28GBがデータシェア容量となります。

0203
料金の詳細(写真=左)とシェアプランのない大手キャリアで契約した場合の比較(写真=右)

複数回線契約さえしてしまえば、標準で高速データ通信容量をシェアされるので、誰かが余らせて、誰かが足りないといったこともなくなる(なくなるときは全部使い切った時)ので、企業などでまとめて複数もの回線を契約して利用すれば無駄を減らしたうえで、通信費を抑えられるかもしれません。

通信費の見直しやパケットのロスなどで悩んでいる法人の方は、一度問い合わせてみても良いかもしれませんよ。

また、個人向けの「NUROモバイル」と違い、これまで法人向けへはSIMカード(回線)のみの提供となっていましたが、新たに法人向けでもスマートフォン(スマホ)やモバイルWi-Fiルーターなどといった製品の販売も併せて行うようになったということです。

0504
左から「FREETEL Priori 4」および「FREETEL RAIJIN」、「arrows M03」、「Aterm MR05LN」とコンシューマ向けとはラインアップがかなり異なる


記事執筆者:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Interop Tokyo
法人向け次世代ICTソリューション NURO Biz
ソニービズネットワークス株式会社