25mmと59mmのデュアルカメラ搭載のSIMフリースマホ「ZenFone Zoom S」が発売!

既報通り、ASUS JAPANは23日、光学2.3倍ズームを可能にするデュアルレンズカメラ搭載のAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)採用SMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Zoom S(型番:ZE553KL)」(ASUSTeK Computer製)を発売した。

昨年発売の光学3倍ズームに対応した「ZenFone Zoom(型番:ZX551ML)」の後継機種だが、屈曲光学ユニットやズームユニットなどを廃し、アップルの「iPhone 7 Plus」のような2つの焦点距離が異なるレンズ+カメラを背面に搭載した構成としている。

主なスペックとしてCPUに約5.5インチFHD(1080×1920ドット)有機ELディスプレイやQualcomm製2.0GHzオクタコアCPU「Snapdragon 625」、4GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカード(最大2TB対応)、5000mAhバッテリー、USB Type-C端子(USB 2.0)、2.4GHzのみに対応したIEEE80211b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2など。

カメラは背面が約1200万画素(ソニー製「IMX362
」)が2つ、前面が約1300万画素(ソニー製「IMX214」)のセンサーを1つ搭載する。販売価格は公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」で59,184円(税込)。

今回はそんな海外では「ZenFone 3 Zoom」として販売されているiPhone 7 Plus対抗のZenFone Zoom Sの外観と、気になるカメラ機能を写真と動画で紹介していく。

02

ZenFone Zoom Sの画面サイズは5.5インチということで、サイズ的にも同画面サイズのiPhone 7 Plusに近い。表示の傾向は有機EL(Super AMOLED)らしい、ややコッテリ目の派手めの発色。

03

下部にはタッチセンサー式のナビゲーションキーがある。キーはバックライト式ではなく、シルバーのプリントのみだ。

04

メタル製の背面はサンドブラスト加工が施されている。上下には樹脂製のパーツ。カラーは「ネイビーブラック」、この他にフロントベゼルが白い「シルバー」がラインナップされている。

05

カメラ部分は本体よりほんの少し飛び出しており、向かって左側が35mm換算で25mm相当およびF1.7の広角カメラ、右側が59mm・F2.6の望遠カメラ。指紋センサーはセンターに位置しているので、右手持ち左手持ちでもタッチしやすく、速度が速いので気持ち良く使える。


【ZenFone Zoom Sのカメラ機能を動画で紹介】

動画リンク:https://youtu.be/7sCJtifiblQ


06

カメラUI(ユーザーインターフェイス)は、左側に撮影機能、右側にシャッターボタンや録画ボタン、モード切替アイコンが並ぶ。

07

画面内の倍率表示をタップするとステップズーム式のズーム切替となる。

08

ボタン操作では最大5倍まで。ピンチ操作およびボタン部分を上下スワイプでデジタルズームの倍率を変更可能だ。デジタルズームを加えた最大倍率は12倍(35mm判換算300mm相当)となる。

ほとんどのズーム倍率いおいて光学式手ブレ補正を搭載する広角レンズを使用しているようだが、シャッター速度が速くなる明るいシチュエーションでは望遠レンズ側が使用されるようだ。

10

マニュアル撮影モードは、フォーカスやシャッタースピード、ホワイトバランス手動で設定できる。マニュアル撮影モード限定だがJPEG形式の他にDNG形式のRAW撮影も可能となった。

11
12

ズーム切替ボタンはオートモードとは異なり、広角・望遠のカメラ切替ボタン、デジタルズーム対応のオートに割り当てられている。こちらはオートモードと異なり、明るさに関係なく任意にレンズを切り替えて撮影可能だ。

13

本体外観は、右側面(写真=上)には、電源キー、ボリュームキー、左側面(写真=下)にはSIMカード・microSDXCカードトレーがある。

14

上面(写真=上)には、サブマイク孔、下面(写真=下)には、イヤホンマイク端子、サブマイク孔、USB Type-C端子、スピーカーがある。

15

前面にはCorning製「Gorilla Glass 5」、側面および背面にはメタル素材で剛性感がある。なお、前面のガラスは2.5D加工されているが、ガラスとメタル部分の間にパーツが入っているためフチがあって、滑らかにつながっていない。ただし、試供品のシリコン製のクリアカバーを使用するとこのフチ部分が気にならなくなる。

次回は実際にZenFone Zoom Sを使って注目の光学ズーム性能を含めたカメラ機能をテストしていこうと思う。



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ZenFone Zoom S ZE553KL 関連記事一覧 - S-MAX