一体型だから軽くて没入感バッチリ!ハイエンドなVRヘッドセットデバイスが登場

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間に渡って国内最大のゲームやその関連製品が出展される展示会「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されています。なお、9月21・22日はビジネスデイ、9月23・24日が一般公開日で、前売り券は販売終了しており、当日券は大人が1,200円、小学生以下は無料です。

ゲームの祭典であるTGSですが、ここ数年はスマートフォン(スマホ)向けゲームやモバイル関連の周辺機器も多く展示されており、モバイル業界界隈的にも見逃すことのできないイベントとなっています。そこで、今年も当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも取材へ行っていますので、会場の様子やブースレポートなどをお届けしていきます。

今回、TGS 2017にてトップバッターで紹介するのは注目が集まっているVRおよびARに関する内容がまとめられているVR/ARコーナーエリアに出展していたPico Technology JapanブースのAndroid一体型ヘッドセットデバイス「pico goblin」を紹介します。

【ハイエンドチップセット搭載ながら比較的安価な「pico goblin」】

pico goblinはOSにAndroid(バージョンについては非公開)を搭載したヘッドセット型デバイスです。このヘッドセットそのものがAndroid搭載製品であることが最大の特長で、付属のトラッキングコントローラの他には何も接続することなく、VRアプリなどのコンテンツを楽しむことができます。なお、価格は4万円前後を予定しているとのこと。

この価格帯のAndroid搭載製品としては非常に高いスペックとなっており、CPU(チップセット)にQualcomm製クアッドコアCPU「Snapdragon 820」を採用。内蔵メモリー(RAM)は3GBで、内蔵ストレージは16GBとなっています。

01
Pico technology製Android搭載VRヘッドセットデバイスのpico goblin

また外形は103mm(縦幅)×186mm(横幅)×102mm(奥行)で、本体重量は450g。画面解像度はWQHD(2560×1440ドット)で、視野角は92°となっています。さらにモノラルのスピーカーを内蔵しているほか、より没入感を高められるように3.5mmイヤホンマイク端子も搭載されています。

外部インターフェースは最大128GBまで対応したmicroSDカードスロットと、充電およびパソコン(PC)とのファイルのやり取りに利用するmicroUSB端子が搭載さており、無線機能としてはIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)とBluetooth 4.2に対応しています。バッテリー容量は3500mAhで、約2.5~3時間程度のバッテリーによる連続駆動が可能となっています。

020304
pico goblinの背面(写真=左側)、天面(写真=中央)、底面(写真=右側)

本体天面には近視調整用ダイヤルと電源キーがあり、底面には3.5mmイヤホンマイク端子とmicroUSB端子、microSDカードスロットが配置されています。右側面には決定キー、音量キー、とホームキーが配置されています。左側面には特に何もありません。

0506
左側面(写真=左側)と右側面(写真=右側)



【トラッキングコントローラーも付属】

前述通り、pico goblinにはトラッキングセンサーを搭載した専用のコントーラーが付属しています。pico goblin本体とはBluetoothで接続され、カーソルの移動や決定といった基本操作の他、音量変更やホームキー、バックキーなどのAndroidの基本的なシステムキーの動作を行うことができます。

07
pico goblin付属のトラッキングコントローラー


【VRアプリも多数用意されている】

Pico Technorogy JapanのブースではVRアプリを利用した本機のタッチ&トライが行われていました。

0809
ブース内ではホラーやアクションRPGなどを試すことができた


【さらにハイエンドな「pico neo dks」】

ブース内にはさらに高性能化&軽量化した上位モデル「pico neo dks」も展示されていました。こちらはRAMが4GBになり、バッテリーも5000mAhと強化され、本体重量も330gと軽量化されたスペシャルなモデルです。なお、トラッキングコントローラは付属せず、専用のゲームパッドがセットされます。

1011
「pico neo fks」本体(写真=左側)と付属のゲームパッド(写真=右側)

また、こちらは別途オプションを用意することで、PC用VRプラットフォーム「Steam VR」に対応しているため、PCゲーマーにもリーチするアイテムとなっています。

こちらのお値段は約6万円前後とpico goblinと比べるとやや高いものになりますが、高いスペックと高い汎用性を活かせる逸品です。


pico goblinおよびpico neo dksの国内での本格的な展開はこれからということで、説明員によるとAmazon.co.jpなどのECサイトや一部店舗などにも展開していきたいそうです。手軽に利用できるハイエンドなモバイル可能なVR端末として期待大のアイテムになりそうです!

記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
東京ゲームショウ2017 | TOKYO GAME SHOW 2017
Pico VR、A New Reality | VR新世界を探索する