iPhone 8シリーズ以降はau網でVoLTE対応SIMカードしか使えないようになるのでご注意を!

KDDIおよび沖縄セルラー電話が本日9月22日に発売する新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」以降ではau網でCDMA 2000方式を利用しないことを明らかにしています。このため、au回線でiPhone 8やiPhone 8 Plus、そして11月3日に発売される「iPhone X」ではau VoLTE対応SIMカードが必要となります。

auでは既存のiPhoneから機種変更する場合、LTE対応SIMカード(いわゆる「黒色SIM」)からの契約変更となるため、手数料が3,000円(税別)となり、VoLTE対応のAndroidスマートフォン(スマホ)やケータイからの機種変更では手数料が2,000円(税別)となります。

またSIMフリー版においても日本で販売されるiPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone Xについては従来のauのiPhoneで利用していたLTE対応SIMカードでは利用できず、au VoLTE対応SIMカード(いわゆる「黄色SIM」または「灰色SIM」)が必要とのこと。

そのため、au回線を借り入れて提供している「mineo(Aプラン)」や「UQ mobile」などの仮想移動体通信事業者(MVNO)ではSIMフリー版を購入して利用する場合にも注意が必要で、au VoLTE対応ではないSIMカードを契約している場合には利用できなくなります(参考「本日発売の新スマホ「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」ではau回線MVNOのLTE対応SIMカードがSIMフリー版でも使えず!VoLTE対応SIMカードに変更すれば利用可能――mineoが検証結果公開 - S-MAX」)。

一方で総務省が昨年10月に「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」として定めた「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」に沿ってMVNO向けのSIMロックが廃止されていると見られ、例えば、auで購入したSIMロック解除をしていないiPhone 8・8 Plus・Xにmineo(Aプラン)などのau VoLTE対応SIMカードを装着して使えるようになっているかもしれません。

これは2017年8月1日以降に発売される製品に適用されることになっており、これまでNTTドコモでは実施されていましたが、新たにauとSoftBankについても実施されていると見られます。mineoを提供するケイ・オプティコムでは動作確認をリアルタイムで行うそうなので、このあたりも含めて注目したいところです。


auでは同社の3GにCDMA 2000方式を利用しており、これまでに3Gの音声とデータ通信および4G(FDD-LTE方式およびWiMAX 2+方式、TD-LTE方式)のデータ通信に対応するLTE対応SIMカード「au Nano IC Card(4G LTE)」、そして3Gを利用せずに4Gの音声とデータ通信に対応するVoLTE対応SIMカード「au Nano IC Card 04(VoLTE)」、iPadやVoLTE対応4Gケータイなど向け「au Nano IC Card 04 LE」などを提供しています。Androidについてはすでに2014年12月から3Gを利用しないVoLTE対応SIMカードのau Nano IC Card 04(VoLTE)に切り替わっています。

一方でiPhoneについてはこれまではnanoSIMカード(4FF)サイズに変更された「iPhone 5」以降、VoLTEに対応した「iPhone 6」シリーズ以降もずっとLTE対応SIMカードのau Nano IC Card(4G LTE)を使ってきました。ただし、「iPhone 6s」シリーズや「iPhone 7」シリーズ、「iPhone SE」についてはSIMロック解除を行えば、VoLTE対応SIMカードでも利用可能で、LTE対応SIMカードを装着してもiPhoneで「VoLTE」を有効にした場合には4Gのみを利用するようになっていました。

今回、iPhone 8シリーズやiPhone Xではこれが契約時についにAndroidと同様にVoLTE対応SIMカードのau Nano IC Card 04 LEになるとのこと。またこれらのiPhone 8シリーズやiPhone Xでは既存のLTE対応SIMカードが使えなくなります。

そのため、auでVoLTE対応SIMカードを契約しておけば、auのVoLTE対応Android搭載機種とiPhone 8シリーズまたはiPhone XにSIMカードを差し替えて利用可能。ただし、iPhone 8およびiPhone 8 Plus、iPhone XのSIMカードはau Nano IC Card 04 LEのため、VoLTE対応Androidスマホに挿した場合にはNFC機能が利用できないほか、auでは差し替えての利用は保証外としています。

iPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone XはともにCDMA 2000に対応しているものの、このような仕様となったということはいよいよauでは3Gの終了へカウントダウンに入ったのかなと思わざるを得ません。なお、auでは携帯電話ネットワークにAppleのスマートウォッチではじめて対応し、同じく9月22日に発売される「Apple Watch Series 3」についても4G(LTE)のみを利用するとのこと。


追記(2017/09/22 12:17:13)
au回線のMVNOについて情報を更新して、au VoLTEに対応しないLTE対応SIMカードでは利用できないことを追記しました。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
iPhone 8・iPhone 8 Plus | au
契約 | サポート情報(重要事項説明) | au