ソフトバンクとワイモバイルの携帯電話と固定電話との通話発着信に通信障害!

ソフトバンクは19日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」において通信設備の故障による影響で固定電話との発着信において2018年2月19日(月) 午前9時30分頃より利用しづらい状況になっているとお知らせしています。

障害は18時時点でも継続しており、復旧に向けて原因を調査中ですが、18時時点で復旧のめどは立っていないとのこと。同社では復旧次第、別途、案内するとしています。

05

今回、通信障害によって利用しづらくなっているのはソフトバンクの携帯電話と市外局番「03」の固定電話との間の発着信、さらにソフトバンクの固定電話「おとくライン」と他社を含む携帯電話との発着信となっています。

おとくライン同士の発着信は問題ないほか、ソフトバンクの携帯電話におけるデータ通信や他社の携帯電話、110番などの緊急通報の発着信は通常通り利用できているということです。障害の規模や詳細な原因は調査中ですが、同社では「過去に例がない規模」と見ているとしています。

なお、ソフトバンクでは以前に総務省への報告義務のある「重大事故」に相当する障害がないことをアピールし、2014年5月には1078日ネットワーク重大事故なしとしていましたが、今回の障害は重大事故(3万人以上の影響範囲の障害が2時間以上継続した場合)に該当する可能性が出てきました。

追記(2018/02/19 22:25:35)
ソフトバンクでは障害情報を更新し、2018年2月19日(月)18時44分に障害が復旧したことを案内しています。なお、事象は「東京都内の一部の固定電話との発着信において利用しづらい状況になっておりました。携帯電話間の通話には影響ありませんでした。」、原因は「固定電話網の通信設備の不具合による影響」としています。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
固定電話サービスとの通話がご利用しづらい状況について(2月19日 午後2時現在) | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク