Android Goスマホ「ASUS ZenFone Live (L1)」などが技適通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、2018年5月以降の電波法に基づく技術適合証明および工事設計認証(いわゆる「技適」)を取得した機器を追加しています。

これにより、ASUSTeK Computer(以下、エイスース)の「Android Go」搭載スマートフォン(スマホ)「ZenFone Live (L1)」(型番:ZA550KL)に相当する「ASUS_X00RD」やMotorola Mobility(以下、モトローラ)の拡張機能「Moto Mods」に対応したミッドハイレンジスマホ「Moto Z3 Play」に相当する「XT1929-8」などが新たに技適を取得していることが明らかになりました。

技適を取得したからといって必ずしも日本で発売されるわけではありませんが、認証されるにはそれなりにコストがかかるため、少なくとも日本投入に向けて準備しているものと見られます。その他にもすでに発売が発表されているOPPO Mobile Telecommunications(以下、オッポ)なども通過しているのでそれらもまとめて紹介します。

なお、エイスースについては他にも以前に一部ECサイトにて製品ページが公開されていた「ZenFone Max (M1)」(型番:ZB555KL)も技適を通過しているものの、現時点では日本での正式な販売に関しては案内されていないのは気になりますが、ZenFone Live (L1)が発売されれば日本では初のAndroid Goスマホとなりそうです。

メーカー認証機器工事設計認証番号認証日備考
エイスースASUS_X00RD003-1801272018年6月27日ZenFone Live (L1) ZA550KL
エイスースASUS_Z01RD003-1801082018年5月14日ZenFone 5Z ZS620KL
モトローラXT1929-8018-1801402018年5月2日Moto Z3 Play
オッポCPH1833018-1801592018年5月30日OPPO R15 Pro
オッポCPH1851018-1802362018年7月11日OPPO R15 Neo
サムスン電子SGH-N058005-1018082018年5月14日NTTドコモ向けGalaxy Note9
サムスン電子SGH-N767005-1018142018年5月21日未発表のNTTドコモ向けGalaxy
HTC2Q55500022-1800752018年5月29日
2018年6月26日
HTC U12+
レノボLenovo Miix 630018-1801582018年5月10日Snapdragon 835搭載Windows 10 PC
レノボLenovo YB-J912L003-1800882018年7月17日 
Planet ComputerGemini 4G018-1801282018年5月15日 
富士通コネクテッドテクノロジーズFMP166-GODZI001-A137002018年6月27日未発表機種
富士通コネクテッドテクノロジーズFMP167-NANOHANA005-1018432018年6月13日未発表機種

上記のように今回追加された認証機器には他にも発表済みの「OPPO R15 Pro」や「OPPO R15 Neo」、「HTC U12+」に加え、未発表なものではNTTドコモ向けと見られる「Galaxy Note9」に相当する「SGH-N058」やGalaxyスマホ「SGH-N767」、富士通ブランドの「FMP166-GODZI」や「FMP167-NANOHANA」などが工事設計認証を取得しています。

富士通の2機種は「FMP165-LIP」が「arrows Be F-04K」なのでさらに次の「2018-2019冬春モデル」として「F-01L」や「F-02L」あたりとして登場する可能性があります。その他にも若干時期を逸してしまった感もありますが、Snapdragon 835を搭載した“Windows on Arm”こと「Microsoft Always Connected Windows 10 PC」の「Lenovo Miix 630」あたりも発売されるのかどうか気になるところです。

そういった中でもZenFone Live (L1)は発売される可能性は高く、1万円台といったかなり低価格のSIMフリースマホとして登場しそうです。ZenFone Live (L1)はアスペクト比9:18の縦長な約5.5インチHD+(720×1440ドット)IPS液晶やSnapdragon 425、2または3GB内蔵メモリー(RAM)、16または32GB内蔵ストレージ、microSDカード、3000mAhバッテリー、約1300万画素+約800万画素デュアルリアカメラなど。

OSは1GB RAMモデルが「Android Oreo Go Edition」、2GB RAMモデルが「Android Oreo with ZenUI 5」を採用しており、日本で発売されるならAndroid Goの1GB RAMモデルではなさそうではありますが、エイスースの久しぶりの低価格な新製品となると見られます。ここ最近ではモトローラも税込で1万円台の「Moto E5」を発売しており、一定の需要があるようなのでエイスースとしても取りこぼしのないようにといったところでしょうか。

02
ZenFone Live (L1)


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ZenFone Live (L1) | Phone | ASUS Global