OPPO JapanがSIMフリースマホ「R15 Pro」と「R15 Neo」の発表会を開催!

オッポジャパンは22日、都内にて「OPPO Japan 新製品記者発表会」を開催し、事前に日本市場向けに発売すると発表していたSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R15 Pro」および「OPPO R15 Neo」(ともにOPPO Mobile Telecommunications製)について価格や発売時期などの詳細を説明を案内しました。

おサイフケータイ(FeliCa)や防水(IPX7準拠)に対応するOPPO R15 Proは発売時期が2018年9月中旬、価格(すべて税抜)が69,800円となっており、ヨドバシカメラなどの一部量販店では販売開始日が2018年9月21日(金)と案内されています。

一方、OPPO R15 Neoは内蔵メモリー(RAM)の違いで2種類が用意され、価格および発売日は3GB RAMモデルが25,880円および2018年9月7日(金)、4GB RAMモデルが29,880円および2018年8月31日(金)となっています。

販売拠点はいずれもAmazon.co.jpやビックカメラグループ、ノジマ、ヨドバシカメラで取り扱うとのこと。また今後、仮想移動体通信事業者(MVNO)からも順次取り扱われる見込みだということです。

さらに発表会では日本市場にて「年内に少なくとも2機種以上投入」する計画が明らかにされました。同社はすでに海外にてプレミアムスマホ「OPPO Find X」やOPPO R15シリーズの後継となるフラッグシップスマホ「OPPO R17」シリーズが発表されており、発表会でもこのうちのOPPO Find Xについては「ご期待ください」と発売への含みを持たせた回答をしていました。

【OPPO R15 Pro】

02

OPPO R15 Proは約6.28インチFHD+(1080×2280ドット)有機ELディスプレイおよびSnapdragon 660、6GB RAM、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、3430mAhバッテリー、microUSB端子(OTG対応)、3.5mmイヤホンマイク端子、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)など。急速充電方式の「VOOC」に対応したケーブルが付属。

カメラは背面が約1600万画素CMOS+F1.75レンズおよび約2000万画素CMOS+F1.75レンズのデュアルリアカメラとなており、背景をボカして撮影できる「ポートレートモード」などに対応しています。また前面が約2000万画素CMOS+F2.0レンズのフロントカメラを搭載。イメージセンサーはソニー製を採用し、メインは「IMX519」に。

02

またカメラ機能はAI(人工知能)を活用した「AIビューティーセンサー」機能をさらに進化させ、顔の特徴を296点認識して前機種より16.5%多くの情報を得ることでより自然で美しくなる「ビューティー効果」に対応したということです。OSはAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)ベースの「ColorOS 5.1」。

おサイフケータイは発売時にモバイルSuicaや楽天Edy、iD、QUICPay、WAON、マクドナルド、nanacoに対応。またおサイフケータイかつデュアルSIMに対応した初の製品になると思われ、デュアルSIMの片方とmicroSDカードのスロットは併用となっています。さらにVoLTEは当初はau網およびソフトバンク網に対応し、後日、NTTドコモ網にも対応予定だという。

背面パネルはガラス製で本体カラーはレットとパープルの2色展開。サイズは約156.5×75.2×8.0mm、質量は約180g。その他、2.4および5.xGHzデュアルバンドでIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 5.0、指紋センサー、照度センサー、近接センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパスなど。

携帯電話ネットワークにおける対応周波数帯は4GのFDD-LTE方式でBand 1および2、3、4、5、7、8、18、19、20、26、28、TD-LTE方式でBand 38および39、40、41、3GのW-CDMA方式でBand 1および2、4、5、6、8、19、2GのGSM方式で850および900、1800、1900MHzとなっています。



【OPPO R15 Neo】

03

OPPO R15 Neoは外観デザインはほぼOPPO R15 Proと同様で、約6.2インチHD+(720×1520ドット)TFT液晶によるノッチのある縦長画面で廉価モデルながら画面占有率88.8%を実現しているとのこと。本体カラーはダイヤモンドブルーおよびダイヤモンドピンクの2色展開で、サイズは約156.2×75.6×8.2mm、質量は約168g。

主な仕様はSnapdragon 450および3GBまたは4GB RAM、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、4230mAhバッテリー、約1300万画素CMOS(F2.2)+約200万画素CMOS(F2.4)デュアルリアカメラ、約800万画素CMOS(F2.2)フロントカメラ、Android 8.1 OreoベースのColorOS 5.1など。背面のサブカメラは深度測定用で背景を自然にぼかす機能に対応。

03

その他の仕様では2.4および5.xGHzデュアルバンドでIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 4.2、microUSB端子(OTG対応)、3.5mmイヤホンマイク端子、照度センサー、近接センサー、加速度センサー、電子コンパスなど。

VoLTEに対応するほか、DSDVにも対応し、さらにDSDVとmicroSDカードが併用可能。携帯電話ネットワークにおける対応周波数帯は4GのFDD-LTE方式でBand 1および2、3、4、5、7、8、18、19、20、26、28、TD-LTE方式でBand 38および39、40、41、3GのW-CDMA方式でBand 1および2、4、5、6、8、19、2GのGSM方式で850および900、1800、1900MHzとなっています。


追記(2018/09/01 23:55:37)
当初一部資料によってOPPO R15 ProがデュアルSIMとmicroSDカードが併用できると記載していましたが、誤りだったので修正しています。またOPPO R15 ProおよびOPPO R15 Neoの対応周波数帯についても公式情報に変更があったので変更しています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
OPPO R15 Pro 関連記事一覧 - S-MAX
OPPO R15 Neo 関連記事一覧 - S-MAX
OPPO R15 Pro スマートフォン - OPPO Japan
OPPO R15 Neo スマートフォン - OPPO Japan