エイスースの初ゲーミングスマホ「ROG Phone」を試せるイベントが開催!

ASUS JAPANは10日、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の製品を使っていたり、ASUSの製品が気になる人を対象に展開するコミュニティーサービス「エイスース部(略称:A部、エイブ)」において日本未発売製品のプロモーション動画参加およびレビューアー募集( https://form.ambassador.jp/get/asus/asus-bu/Project_ROG )を告知しています。

対象製品は海外で発表されている噂の最強ゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone」で、同社ではこの製品にいち早くを触れるチャンスだとしており、イベント形式で実施されます。申込は2018年10月14日(日)24時までで、イベント日時は2018年10月19日(金)20:00~22:00(予定)。

イベントの模様が動画で収録されて後日プロモーション動画としてASUS公式Webサイトや公式YouTubeチャンネルなどに掲載されるとのこと。さらにイベント参加者は後日レビューアーとしてSNSでの質疑応答を手伝うことになっています。なお、募集はA部で3人の他に直営店「ASUS Store Akasaka」にて1人を募集するとのこと。

02

ROG PhoneはASUSのゲーミングパソコン(PC)として展開する「ROG」ブランドを冠した初のスマホで、海外では少しずつ認知度が上がっている“ゲーミングスマホ”となります。

基本的にはハイスペックなスマホとなりますが、ゲーミングというだけに光ったりする特長もあり、独特の分野となってきています。主な仕様はアスペクト比9:18の縦長な約6.0インチFHD+(1080×2160ドット)有機EL(AMOLED)ディスプレイおよびSnapdragon 845、8GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)、 128GBまたは512GB内蔵ストレージ(UFS 2.1)、4000mAhバッテリー、USB Type-C端子、DSDVなど。

ディスプレイはゲーム用途に合わせてフレッシュレートが90Hz、応答速度が1ms、明るさが560nits、色域(DCIP3)が108.6%、コントラスト比が1万:1となっており、強化ガラス「Corning Gorilla Glass」に覆われているとのこと。またSoCによるゲーミングHDRやモバイルHDRをサポート。

カメラは背面が6枚レンズ(35mm換算で24mm・画角83°・F1.8)+1/2.55型の約1200万画素デュアルピクセルセンサー「Sony IMX363」(1画素1.4μm)、前面はF2.0レンズ(35mm換算で24mm・画角84°)+約800万画素センサーを搭載。サイズは約158.83×76.16×8.65mm、質量は約200g、本体カラーはBlackの1色のみ。

OSはAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)で、独自ユーザーインターフェース「ROG Gaming X mode UI」を採用。Googleドライブ(100GB・1年間無料)の特典付き。通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac/ad(60GHz)準拠の無線LAN(Wi-Fi)およびBluetooth 5.0、NFC、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・BDS)で、携帯電話ネットワークは販売国・地域によって異なります。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ROG Phone | Phones | ASUS USA