Google I/O 2019が2019年5月7〜9日に開催!

Googleが毎年開催している開発者向けイベント「Google I/O」( https://events.google.com/io/ )ですが、今年は「Google I/O 2019」が2019年5月7日(火)から5月9日(木)までの3日間に渡って開催されます。

場所は2016〜2018年と同様にアメリカ・カルフォルニア州マウンテンビューのGoogle本社近くにある「Shoreline Amphitheatre」という会場で行われ、今年も参加するにはチケットが抽選となっており、当選して参加する場合にはチケットの価格が一般で1150ドル(約127,000円)、アカデミックで375ドル(約42,000円)となっています。

チケットの申込は公式Webページ( https://events.google.com/io/registration/ )から行え、申込期間が現地時間(PST)の2019年2月22日(金)10時から2月27日(水)17時までとなっています。日本時間(JST)では2月23日(土)3時から2月28日(木)10時まで。抽選は無作為に行われ、当選者にはPSTの2月28日にメールが届くとのこと。


Google I/Oは毎年5月頃に開催されているGoogleの開発者向けイベントで、AndroidやChromeなどのGoogleが開発する製品などの最新情報が発表される場となっています。とはいえ、ここ数年はAndroidについては次期バージョンがGoogle I/Oの前に開発者向けプレビュー版をリリースし、詳細をGoogle I/Oで説明するという流れになっています。

昨年もAndroidの現在の最新バージョン「Android 9(開発コード名:Pie)」のプレビュー版についての主なアップデート内容が紹介されたほか、AI(人工知能)を活用して自動で音声通話でお店の予約などが行える「Google Duplex」などが発表されました。今年も恐らくAndroidの次期バージョン「Android Q(Android 10)」(仮称)のプレビュー版について主な新機能の説明があるものと見られます。

また以前より噂されている「Chrome OS」との統合などの話も出てくるかもしれません。なお、イベントの基調講演や多くのセッションはライブストリーミングも行われるので内容自体は日本にいても確認できますが、一種のお祭りイベントなので現地で参加して楽しみたいという人はチケットの申込をしてみても良さそうです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Google I/O 関連記事一覧 - S-MAX
開発者向けイベント「Google I/O 2018」が5月8〜10日に開催!チケットの申込は2月22〜27日で、今年も抽選で参加可能に - S-MAX
Google I/O 2019