ソフトバンクから富士通のあんしんスマホ「arrows U」が登場!

ソフトバンクは10日、今夏以降に発売する携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年夏モデル」としてFujitsuブランドの日本メーカーによるあんしんスマートフォン(スマホ)「arrows U」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は6月中旬以降を予定し、発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて6月下旬以降に事前予約受付が開始される予定で、価格も現時点で未定となっていて後日案内される予定です。

なお、ソフトバンクでは傘下のコード決済サービス「PayPay」と連動した「PayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )を実施し、arrows Uを購入した場合には必ずもらえる3,000円相当の還元がプレゼントされます。期間は購入が7月31日(水)まで、応募が8月10日(土)までで、付与時期は8月中旬以降を予定。

arrows-u-002

arrows UはSoftBank向け「arrows」シリーズでは2013年12月に発売された「ARROWS A SoftBank 301F」(当時のメーカーは富士通モバイルコミュニケーションズ)以来の5年半ぶりとなり、新たに最近流行の画面上部中央に切り欠き(ノッチ)のある縦長ディスプレイやデュアルリアカメラなどを搭載したエントリー向けスマホです。

ディスプレイはアスペクト比9:19の約5.8インチFHD+(1080×2280ドット)TFT液晶で、ホームボタンなどは画面内に表示するソフトウェア式のため、画面回りの縁(ベゼル)はそれほど狭くなく画面占有率は高くありませんが、全体としては現在主流の“ほぼ全画面デザイン”となっています。

外観も角を取った多角形のフォルムを採用し、背面はマット加工の樹脂製ながら防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)に加えて耐衝撃性能も有しており、日本メーカーならではの安心して長く使える製品に仕上がっています。大きさも横幅72mmに抑えられており、片手でも比較的持ちやすいサイズとなっており、重さも165gと持った感触も重くない印象。

また最大の特徴は本体右側面に備えられたGoogleアシスタント専用キーで、多くのAndroid搭載製品ではホームボタンの長押しや「OK, Google」と呼びかけることで「Googleアシスタント」を起動しますが、あえて専用キーを搭載することによってはじめてスマホを利用する方などでも迷うことなく利用できるようにしているとのこと。

さらにこのキーは長押しでライトやカメラ、画面ズーム表示、おサイフケータイといった機能から選択して起動でき、頻繁に使う機能を割り当ててより便利に使えるようになっています。なお、本体右側面には他にも電源キーや音量上下キー、ストラップ穴、下側面にUSB Type-C端子、上側面に3.5mmイヤホンマイク端子が配置されています。

基本スペックもQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 450」(1.8GHzオクタコアCPU)や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、2880mAhバッテリー、2.4および5GHzデュアルバンドでIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、位置情報取得(A-GPSなど)、nanoSIMカード(4FF)スロットなどとなっています。

カメラは背面が約1310万画素CMOS+測距用の約500万画素CMOSという構成のデュアルリアカメラで、ボケ味を活かした写真が簡単に撮れる「ポートレートモード」にも対応しています。また前面が約800万画素CMOSのシングルフロントカメラに。なお、指紋センサーやフルセグは非対応。


arrows-u-001

arrows-u-004

arrows-u-005

arrows-u-006

arrows-u-007

arrows-u-008

arrows-u-009

arrows-u-010

arrows-u-011

arrows-u-012

arrows-u-013

【SoftBank arrows Uの主な仕様】
通信方式こちらをご覧ください。
最大通信速度(下り/上り)112.6Mbps/37.5Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ約149×72×8.7mm/約165g(暫定値)
連続通話時間/
連続待受時間
FDD-LTE網約1560分/約580時間
AXGP網-/約610時間
W-CDMA網約1690分/約650時間
GSM網約910分/約600時間
フルセグ/ワンセグー/ー
ディスプレイ約5.8インチFHD+(2280×1080ドット)
TFT液晶
カメラ
(有効画素数)
リアデュアルカメラ(約1310万画素+約500万画素)
フロント約800万画素
防水/防塵IPX5、IPX8/IP6X
BluetoothVer.4.2
内蔵メモリー(RAM)3GB
内蔵ストレージ32GB
外部ストレージ/推奨容量microSDXCカード(別売り)/最大512GB
CPU(クロック数/チップ)オクタコア(1.8GHz×8)/SDM450
電池容量2880mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数)IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
OSAndroid 9 Pie
カラーバリエーションブルー、ホワイト、ブラック
メーカー富士通コネクテッドテクノロジーズ



記事執筆:memn0ck
写真撮影:秋吉 健


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
arrows U 関連記事一覧 - S-MAX
“ソフトバンク”の2019年夏商戦向け新商品について(PDF) | ソフトバンク
プレスリリース 記事本文 : 富士通コネクテッドテクノロジーズ
arrows U | モバイル | ソフトバンク
arrows U - スマートフォン - FMWORLD.NET(個人) : 富士通