次期iPhoneシリーズと見られる製品がEEC認証通過!

ロシアやカザフスタン、ベラルーシなどのユーラシア経済連合の管理組織であるユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission;EEC)は23日(現地時間)、未発表のApple製スマートフォン(スマホ)「A2111」および「A2160」、「A2161」、「A2215」、「A2216」、「A2217」、「A2218」、「A2219」、「A2220」、「A2221」、「A2223」の合計11モデルが認証を取得したことを公開しています。

それぞれ昨秋に発売された「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」の後継機種と見られ、Apple関連メディアの9to5MacではA2111およびA2161、A2215の3モデルがiPhone XRの後継、残りがそれぞれ4モデルずつiPhone XSとiPhone XS Maxの後継ではないかと予想しています。

Appleの「iPhone」シリーズは今秋もディスプレイサイズなどの違いから3モデルが用意されると噂されており、iPhone XSおよびiPhone XS Maxの後継はそれぞれ「iPhone XI(iPhone 11)」および「iPhone XI Max(iPhone 11 Max)」(ともに仮称)として登場すると見られています。

02

iPhoneでは携帯電話ネットワークの対応周波数帯などの違いから1機種に対していくつかのモデル(SKU)が用意されており、iPhone XSはA1920やA2097、A2098、A2099、A2100、iPhone XS MaxはA1921やA2101、A2102、A2103、A2104、iPhone XRはA1984やA2105、A2106、A2107、A2108が販売されています。

日本ではこのうちiPhone XSがA2098、iPhone XS MaxがA2102、iPhone XRがA2106をAppleの直販のほか、NTTドコモやau、SoftBankにて販売されており、その他にも中国向けや北米向けなどと地域ごとなどでモデルが別れています。

今回、EECにて認証された11モデルは現時点でAppleが発表していないモデルのスマホであるため、恐らく次のiPhone XIやiPhone XI Maxなどになると推察されています。次期スマホは画面サイズは同様に5.8インチ、6.1インチ、6.4インチになると言われており、新たに上位機種にはトリプルカメラが搭載されるなどすると噂されています。

なお、EECにおける認証情報では現行の「iOS 12」を搭載しているとされていますが、恐らく発表・発売時には次期バージョン「iOS 13」を搭載するものと想定され、iOS 13は2019年6月3日(月)から6月7日(金)に実施される開発者向けイベント「WWDC 2019」にて発表されると見込まれています。

同イベントはアメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」にて開催され、iOS 13以外にもパソコン向け「macOS 10.15」、「watchOS 6」、「tvOS 13」(ともにバージョン番号は仮)などを含めた次期プラットフォームが発表されると見られています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
RU0000042716 - Карточка документа
2019 iPhone 11 models show up in Eurasian database - 9to5Mac
iPhone - LTEネットワークに対応している国を見る - Apple(日本)