AppleがiPhone 8 Plus向けiOS 12.3.2をリリース!

Appleは10日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 12.3.2(16F250)」を提供開始したとお知らせしています。対象機種はiPhone 8 Plusのみで、無料でアップデート可能。

変更点はiPhone 8 Plusの一部製品にてカメラでポートレートモードによって写真撮影をするときに被写界深度エフェクトが適用されない場合がある問題が解決されているということです。なお、今回の更新にはCVEの脆弱性修正は含まれていないとのこと。

iPhoneやiPadなど向けの最新プラットフォームであるiOS 12は、昨年9月に正式版がリリースされ、eSIMによるデュアルSIM対応などが追加されたiOS 12.1、AirPods(第2世代)や新しいアニ文字などが追加されたiOS 12.2、新Apple TVアプリやAirPlay 2が追加されり、日本の新元号である令和に対応したiOS 12.3がリリースされています。

その後、iOS 12.3の不具合を修正したiOS 12.3.1が5月24日より配信されていますが、今回はさらにそのiOS 12.3.1におけるiPhone 8 Plusのみの不具合を改善したiOS 12.3.2が提供開始されました。Appleが特定の製品向けにiOSのバージョンを提供するのは珍しいように思われます。

なお、更新は通常と同様にiPhone 8 Plusの本体のみでOTA(On-The-Air)によりダウンロードで行え、方法としては、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えます。また、iTunesをインストールしたWindowsおよびMacとUSB-Lightningケーブルで接続しても実施できます。Appleが案内しているアップデートの内容は以下の通り。

iOS 12.3.2では、一部のiPhone 8 Plusデバイスの“カメラ“でポートレートモードの写真を撮るときに被写界深度エフェクトが適用されない場合がある問題が解決されます。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:

https://support.apple.com/kb/HT201222


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
iOS 関連記事一覧 - S-MAX
iOS 12 のアップデートについて - Apple サポート
Apple セキュリティアップデート - Apple サポート