auスマホ「AQUOS sense3 plus サウンド」が登場!12月中旬以降に発売

KDDIおよび沖縄セルラー電話は10日、今秋冬に発売する携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」としてスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3 plus サウンド(型番:SHV46)」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2019年12月上旬以降を予定し、発売に先立って10月11日(金)10時より事前予約受付を実施し、販売はauショップや量販店などのau取扱店の店頭や公式Webショップ「au Online Shop」などにて行われます。なお、価格は後日案内予定ですが、本体価格は4万円台になる見込み。

またauのAQUOS sense3 plus サウンド SHV46からクラウドストレージサービス「Google One」を新規契約した人は100GBのストレージプラン(月額250円)が6ヶ月無料になるキャンペーンをGoogle Asia Pacificが発売日から2020年12月31日(木)まで実施します。

02

AQUOS sense3 plus サウンドはシャープのスタンダードスマホ「AQUOS sense」シリーズの第3世代となる「AQUOS sense3」シリーズにおいて画面の大型化に加え、より高性能なチップセット(SoC)や大容量な内蔵メモリー(RAM)などを搭載した上位モデル「AQUOS sense3 plus サウンド」のau版となります。すでにシャープから発表され、楽天モバイルから発売されることが案内されていましたが、auからも発売されることになりました。

AQUOS sense3 plus サウンドの画面はAQUOS sense3などと同様にノッチやパンチホールといった切り欠きのないアスペクト比9:18.5の縦長となっており、約6.0インチFHD+(1080×2220ドット)IGZO液晶ディスプレイを搭載し、ディスプレイの下中央に指紋センサーを兼ねたホームキーが配置されています。生体認証は指紋認証のほか、顔認証にも対応。また防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)、耐衝撃(MIL-STD-810H準拠)、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応しています。

外観はこれまでのAQUOS senseシリーズと同様にアルミ素材でシンプルなデザインとなっており、サイズは約160×75×8.7mm(暫定値)、質量は約175g(暫定値)、本体カラーはクラッシィブルーおよびホワイトの2色展開。電池はAQUOS sense3と同じ4000mAhバッテリー(暫定値)で、IGZO液晶などと合わせた省エネ性能によって電池持ちが良くなっています。

またSoCはAQUOS sense3のSnapdragon 630と違い、Qualcomm製「Snapdragon 636」(オクタコアCPU「1.8GHz×4+1.6GHz×4」)となり、6GB LPDDR4X RAMや64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、USB Type-C端子、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、NFC Type A/Bなどとなっています。

カメラはリアカメラが約1220万画素裏面照射積層型デュアルピクセルCMOS/広角レンズ(画角76°・焦点距離27mm・F1.8)および約1330万画素裏面照射積層型CMOS/超広角レンズ(画角123°・焦点距離16mm・F2.4)のデュアルカメラで、電子式手ブレ補正(静止画のみ)やポートレート撮影、約15秒のダイジェストムービーを作成する「AIライブストーリー」に対応します。

新画質エンジンProPix2によって静止画撮影時にAI(人工知能)がシャッタースピードや露光を自動調整して被写体ブレを抑制する補正に対応し、走り回る子どもやペットの姿も鮮明に捉えます。フロントカメラは約800万画素裏面照射積層型CMOS/広角レンズ(画角80°・焦点距離25mm・F2.2)。携帯電話ネットワークはキャリアアグリゲーション(CA)をサポートし、下り最大400Mbpsおよび上り最大75Mbpsに対応。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズのスロットが1つ。

さらに立体音響技術「Dolby Atmos」に対応したステレオスピーカーを搭載したことによって迫力あるサウンドで動画や音楽を楽めるとのこと。なお、OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)を採用AI(人工知能)によるアシスト機能「エモパー」(Ver. 10.1)をプリインストール。なお、ハイレゾ非対応ながらPioneerブランドの高音質ワイヤレスイヤホンが同梱されるということです。

12
同梱される高音質ワイヤレスイヤホン


10

11


【au向け「AQUOS sense3 plus サウンド」の主な仕様】
機種名AQUOS sense3 plus サウンド SHV46
サイズ[高さ×幅×厚さ/㎜]約160×75×8.7mm
質量[電池含む/g]約175g
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ[サイズ、解像度(横×縦)、方式]約6.0インチIGZO液晶
Full HD+(1080×2220ドット)
HDR表示
SoCSnapdragon 636
CPUオクタコアCPU
(1.8GHz×4+1.6GHz×4)
内蔵メモリー(RAM)6GB
内蔵ストレージ128GB
外部ストレージ(最大対応容量)microSDXC(512GB)
リアカメラ[有効画素数/F値]デュアルカメラ[約1220万画素デュアルピクセルCMOS(F1.8、広角レンズ)+約1330万画素CMOS(F2.4、超広角レンズ)]
フロントカメラ[有効画素数/F値]シングルカメラ[約800万画素CMOS(F2.2、広角レンズ)]
バッテリー容量4000mAh(内蔵電池)
連続待受時間
[4G LTE/WiMAX 2+エリア(日本国内使用時)]
測定中
連続通話時間
[VoLTE利用時(日本国内使用時)]
測定中
電池持ち時間測定中
充電時間測定中
接続端子USB Type-C
ワイヤレス充電(Qi)
受信時最大速度/送信時最大速度400Mbps/75Mbps
Wi-Fi(周波数帯)IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
テザリング同時接続数(Wi-Fi/Bluetooth/USB)10台/1台/4台
Bluetooth○(5.0)
防水・防塵○/○
ワンセグ/フルセグ−/−
おサイフケータイ[FeliCa/NFC(FeliCa搭載)]−/○
生体認証○(指紋、顔)
ハイレゾ
SIMカードau IC Card 04
本体カラークラッシィブルー
ホワイト
メーカーシャープ




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
AQUOS sense3 plus 関連記事一覧 - S-MAX
au 2019秋冬-2020春モデル9機種を取り扱い | 2019年 | KDDI株式会社
Galaxy、Xperia、AQUOS… au 2019秋冬ー2020春モデルの注目ポイントは?|TIME&SPACE by KDDI
スマートフォン「AQUOS sense3 plus サウンド」<SHV46>をKDDIより発売|ニュースリリース:シャープ
AQUOS sense3 plus サウンド(アクオス センススリー プラス サウンド)SHV46 | スマートフォン(Android スマホ) | au
AQUOS sense3 plus サウンド SHV46 auの特長|AQUOS:シャープ