Y!mobileがXperia 8やLibero S10、Android One S6、Android One S7のスマホ4機種を発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は7日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2019年秋冬モデル」としてAndroidスマートフォン(スマホ)「Xperia 8」および「Libero S10」、「Android One S6」、「Android One S7」の4機種を発表しました。

発売時期はXperia 8が2019年10月下旬以降、Libero S10が2019年11月上旬以降、Android One S6およびAndroid One S7が2019年12月中旬以降を予定し、発売に先立って10月9日(水)より順次事前予約受付を実施し、販売はワイモバイルショップなどのワイモバイル取扱店の店頭や公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」などにて行われます。

なお、本体価格(税抜)はワイモバイルオンラインストアではXperia 8が54,000円、Libero S10が28,800円を予定し、Android One S6およびAndroid One S7は後日案内する予定となっています。また2020年2月29日(土)までに各製品を購入し、2020年3月8日(日)までに専用Webページから応募した人全員に1,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )を各メーカーが実施します。

さらにワイモバイルで購入したXperia 8を使ってキャンペーンWEbページ( https://www.sonymobile.co.jp/campaign/ym_xperia8/ )にて応募した人の中から抽選で8888人にソニー製のヘッドホンやイヤホンが当たる「ワイモバイル初!Xperia発売記念キャンペーン」を発売日から2020年1月31日(金)までソニーモバイルコミュニケーションズが実施します。

その他、すでに案内されているように2020年7月末に個人向けサービスを終了する「PHS」について漫画・アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(略称「こち亀」)とコラボレーションした企画「ありがとうPHS×こちら葛飾区亀有公園前派出所」( https://www.ymobile.jp/sp/goodbyephs/ )が実施されることも紹介されました。なお、PHSはその後もテレメタリング向けにサービスが継続され、2023年3月末に停波をする予定となっています。

09
Xperia 8はワイモバイル初のXperiaシリーズに。Xperiaは直近4年間におけるキャリア販売のAndroidではシェア29%のトップに

製品メーカー発売時期価格
Xperia 8ソニーモバイルコミュニケーションズ2019年10月25日(金)54,000円
Libero S10ZTE2019年11月上旬以降(予定)28,800円
Android One S6京セラ2019年12中旬以降(予定)未定
Android One S7シャープ2019年12中旬以降(予定)未定
※ ワイモバイルオンラインストアにおける本体価格(税抜)

◯スマートフォン
☆Xperia 8
ワイモバイル向け最新スマホ「Xperia 8」が発表!超縦長6型FHD+液晶やS630、4GB RAM、デュアルカメラ、FeliCa、防水・防塵などで10月下旬発売 - S-MAX
ワイモバイル初のエクスペリアスマホ「Xperia 8」が10月25日発売!予約受付中で価格は本体代5万4千円のところキャンペーンで3万5784円からに - S-MAX
・「Xperia 8」を写真と動画で紹介(後日掲載予定)

☆Libero S10
ワイモバイル向け低価格なエントリースマホ「Libero S10」が発表!縦長5.7型FHD+液晶やS450、3GB RAM、防水・防塵などで11月上旬発売 - S-MAX
・「Libero S10」を写真と動画で紹介(後日掲載予定)

☆Android One S6
ワイモバイル向け最新Android Oneスマホ「S6」が発表!縦長5.8型FHD+液晶やMT6765、3GB RAM、デュアルカメラ、FeliCa、防水・防塵・耐衝撃などで12月中旬発売 - S-MAX
・「Android One S6」を写真と動画で紹介(後日掲載予定)

☆Android One S7
ワイモバイル向け最新Android Oneスマホ「S7」が発表!縦長5.5型FHD+液晶やS630、3GB RAM、4000mAh、FeliCa、防水・防塵・耐衝撃などで12月中旬発売 - S-MAX
・「Android One S7」を写真と動画で紹介(後日掲載予定)

02

発表会ではワイモバイルがサブブランドや仮想移動体通信事業者(MVNO)によるいわゆる“格安スマホ”市場にて3年連続シェア1位となったことが紹介され、さらにサービス生産性協議会の調査による「スマートフォン顧客満足度」では4年連続No.1となっているとのこと。その上で、ワイモバイルでは新たに10月1日より料金プランを改定し、契約期間や契約解除料がない「スマホベーシックプラン」が提供されています。

03

これらのスマホベーシックプランは契約期間や解除料といった“縛り”がないだけでなく、スマホなどの製品と利用料金を分ける「分離プラン」となっており、10月1日から提供されている料金プランではそれまでの2年契約によって割引があった「スマホプラン」から据え置きとなった上で、月当たりの高速データ通信容量がスマホベーシックプランSが3GB、スマホベーシックプランMが9GB、スマホベーシックプランRが14GBに増量されています。

04

05

また2019年11月28日(木)まではデータ増量無料キャンペーンも新規適用でき、キャンペーンによって2年間はSなら4GB、Mなら12GB、Rなら17GBまで追加料金なく使えます。月額利用料はSが2,680円、Mが3,680円、Rが4,680円ですが、加入翌月から半年間は新規割によって月額700円が割り引かれ、Sが1,980円、Mが2,980円、Rが3,980円となります。さらに家族割引サービスまたはおうち割 光セット(A)を適用できればさらに月額500円が割り引かれ、Sなら月額1,480円から使えるようになっています。

その他にもすでに紹介しているようにワイモバイルオンラインストアでは10月1日より契約事務手数料を無料にするキャンペーンを実施しており、手軽に契約できるようになっています。そういった中で製品への割引がしにくくなっているため、ワイモバイルが得意とする低価格製品のニーズがより増えるとして新製品を発表しました。

06

07

08

最後にDDIポケットからはじまり、ウィルコムから続くPHSについての「One more thing」が紹介され、“ガジェット好き”なこち亀の主人公である両さんこと両津勘吉がPHSを振り返る特別漫画「ありがとうPHS!の巻」のほか、1995年のPHSサービス開始当時からサービス終了までの「こちらワイモバイル PHS歴史年表」が公開されています。

10




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ワイモバイル 関連記事一覧 - S-MAX