おサイフケータイや防水に対応したSIMフリースマホ「OPPO Reno A」が登場!

オッポジャパンは8日、都内にて記者発表会を開催し、日本市場向けに防水・防塵(IP67準拠)やおサイフケータイ(FeliCa)に対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO Reno A(型番:CPH1983)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表しています。

すでに楽天モバイルから先行して販売されている「OPPO Reno A 128GB」との違いはプリインストールアプリと内蔵ストレージが64GBとなっている程度で、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所にて販売されます。

価格は希望小売価格で税抜35,800円(税別39,380円)となっており、2019年10月18日(金)より順次販売開始され、すでに10月8日(火)15時より予約受付が開始されており、例えば、ヨドバシ.comでは税込39,380円の1%(394ポイント)還元となっています。

NTTレゾナントではgoo Simsellerにて「OCN モバイル ONE」とのセットで通常税抜27,000円(税込29,700円)がキャンペーンで2019年10月16日(水)11時 ~ 2019年11月5日(火)11時まで税抜20,000円(22,000円)となるほか、他社から乗り換え(MNP)ならさらに5,000円割引などの割引や先着3千人に指原莉乃さんの音声入りバッチをプレゼントするとのこと。

またOPPO Reno Aの発売に合わせて指原莉乃さんをイメージキャラクターに起用したオッポジャパン初のテレビCM「きょう、スマホを変えようと思って。」(鏡篇・ペットショップ篇・バッティング篇)を10月11日より東京・名古屋・大阪・福岡で放映を開始します。

さらに2019年10月21日(月)23時59分までキャンペーン「Reno A 発表記念 フォロー&リツイートで商品を当てよう」が実施され、オッポジャパンの公式Twitterアカウント( @OPPOJapan )をフォローしてキャンペーン告知ツイートを #いろいろと余裕のスマホ。と #OPPOリノ のハッシュタグを入れて、コメント付きでリツイートするとOPPO Reno Aが3人に当たります。

02

OPPO Reno Aはオッポジャパンとしては「OPPO R15 Pro」に続く防水・防塵やFeliCaに対応した製品で、画面上部中央に水滴型ノッチ(切り欠き)を採用したアスペクト比9:19.5の縦長な約6.4インチFHD+(1080×2340ドット)有機ELディスプレイ(約403ppi・約1600万色表示)やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdargon 710(SDM710)」などを搭載したミッドハイレンジスマホです。

画面占有率は約91%で強化ガラス「Corning Gorilla Glass 5」で覆わており、同社の最先端技術を結集し開発した画面内指紋センサーによる「ディスプレイ指紋認証」に対応。なお、既存製品の「OPPO R17 Pro」などに搭載されていたものより認証速度が28.5%高速化しているとのこと。

06

背面もガラス素材で、本体カラーはブルーとブラックの2色で展開となっており、ブルーは光り輝く海面を「青」と「緑」のグラデーションカラーで表現し、見る角度によってさまざまな変化を楽しめる配色、ブラックは落ち着いたカラーリングでありながら表面のツヤと角度によって変化する反射が高級感のある仕上がりとなっています。

サイズは約158.4×75.4×7.8mm、質量は約169.5g。本体の右側面に電源キー、左側面に音量上下キーと外部スロット、下側面にUSB Type-C端子(OTG対応)や外部スピーカーが配置。また外部スロットはnanoSIMカード(4FF)が2つのデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応していますが、1つはmicroSDXCカードと排他となっています。フロントカメラは約2500万画素イメージセンサー+F2.0レンズを搭載。

04

リアカメラは約1600万画素イメージセンサー+F1.7レンズと約200万画素イメージセンサー+F2.4レンズのAIデュアルレンズカメラで、背景のボケやポートレート写真、エキスパートモード、夜モード、タイムラプスなどに対応し、AIを活用して自動で22のシーンを判別して416のシーンを組み合わせて常に完璧な1枚に仕上げてくれます。動画撮影は4K(30fps)に対応。

その他の仕様は6GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージ、3600mAhバッテリー、磁気センサー、光センサー、近接センサー、加速度センサー、ジャイロセンサーなど。OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)をベースにした独自ユーザーインターフェース「ColorOS 6」を搭載。

05

画面をタップしてから実際に反応するまでのわずかな時間を高速化する「タッチブースト」や画面のカクツキを抑えて滑らかな描写を可能にする「フレームブースト」などといったモバイルゲーマーの期待に応えるさまざまな機能を備えた「ゲームブースト2.0」にも対応。

通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 5.0、NFC Type A/Bに対応し、携帯電話ネットワークの対応周波数帯は4GのFDD-LTE方式でBand 1および2、3、4、5、7、8、18、19、26、28、TDD-LTE方式でBand 38および39、40、41、3GのW-CDMA方式でBand IおよびII、IV、V、VI、VIII、XIX、2GのGSM方式で850および900、1800、1900MHzをサポート。

05

高音質通話サービス「VoLTE」に対応し、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)もサポート。付属品はACアダプターおよびType-C USBデータケーブル、イヤホン、SIMカードスロット用ピン、保護ケース、保護フィルム(貼付済み)、安全ガイド、クイックガイドとなっています。

現時点で案内されている販売拠点はMVNOではIIJmioおよびエキサイトモバイル、X- mobile、goo Simseller、NifMo、FiiMo、LINEモバイル、LinksMate、量販店ではエディオンおよび上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、WonderGOO、ECサイトではAmazon.co.jpおよびひかりTVショッピング、OPPO公式楽天市場店となっています。





03

04







追記(2019/10/10 23:55:50)
記事初出でトリプルスロットと記載していましたが、デュアルスロットでしたので該当部分を修正するとともにお詫びいたします。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
OPPO Reno A 関連記事一覧 - S-MAX
オッポジャパン 防水・防塵/おサイフケータイ対応のSIMフリースマートフォン 「OPPO Reno A」を10月18日から発売 | OPPO 日本
オッポジャパン 新スマートフォン「Reno A」のイメージキャラクターに 指原莉乃さんを起用した、初のTVCMを放映開始! | OPPO 日本
いろいろと余裕のスマホ 6 GB RAM | 64 GB ストレージ | Snapdragon 710 | OPPO 日本
OPPO Reno A 販売受付開始について | goo Simseller