UQ WIMAX向けホームルーター「WiMAX HOME 02」が発表!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は14日、高速データ通信サービス「UQ WiMAX 2+」向けの新製品として下り最大440Mbpsに対応したホームルーター「WiMAX HOME 02」(NECプラットフォームズ製)を発表しています。発売時期は2020年1月下旬以降を予定し、発売に先立って「UQお客さまセンター」では予約受付を実施ています。

なお、販売拠点はその他に公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」および公式Webサイト内にある「機種変更受付ページ」、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社にて順次販売開始されるとのことで、価格(税込)はUQ WiMAXオンラインショップでは16,500円とのこと。

02

WiMAX HOME 02はWiMAX 2+および4G LTEに対応したコンパクトサイズのホームルーターで、屋内開通工事が不要でコンセントにつなげばすぐに高速インターネットが使えます。最大通信速度はハイスピードモードで下り最大440Mbpsおよび上り最大30Mbps、ハイスピードプラスエリアモードで下り最大440Mbpsおよび上り最大75Mbps。

前機種「WiMAX HOME 01」と比べて約40%もサイズダウンしたコンパクトな本体ながらも内部のアンテナの性能を強化することによって水平方向の無線LAN(Wi-Fi)の利用可能エリアが最大約25%拡大しています。サイズは約50×118×100mm、質量は約218g、本体カラーはホワイトの1色のみ。

06

さらに2.4GHzと5.xGHzのWi-Fi周波数を同時に利用し、接続機器ごとに自動で最適な接続先を選択するバンドステアリング機能を搭載することによって安定した通信を実現します。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠。

また専用のアプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」を使うことでデータ通信量や電波状態をスマホで確認することが可能で、データ通信量が設定値を超えるとポップアップで通知したり、最適な置き場所を探すための電波レベルの確認も可能です。

07

08

09

家庭内のWi-Fiを「見える化」するサービス「見えて安心ネット」にも対応し、接続された機器の情報を表示したり、不審な接続をブロックするほか、子どもの使い過ぎを防止できる「こども安心ネットタイマー」機能によってゲームなどの接続時間制限の設定もできるとのこと。

さらにAmazonのサポート機能「Alexa」に対応したスマートスピーカーなどと連携し、データ通信量などを音声で確認することも可能。Wi-Fiでの最大同時接続数は20台まで対応しており、家族全員が快適にインターネットを使えるということです。その他、Etherポート(1000BASE-T、100BASE-TX)を1つ搭載。

03
本体左右側面


04
本体上部および下部


05
ACアダプター

通知LEDはアンテナ用が4つ、Updateが1つ、Modeが1つ、Statusが1つ搭載され、各種キーはUpdateボタンが1つ、RESETボタンが1つ、WPSボタンが1つ、Modeボタンが1つ搭載されています。電源はACアダプターからのみでバッテリー動作非対応。

同梱物はACアダプターおよびつなぎかたガイド(保証書)、Alexa音声操作利用ガイド、Wi-Fi設定シート(シール)。なお、旧WiMAXサービスが2020年3月31日に終了するため、WiMAX 2+サービスへの移行キャンペーン「おトクに機種変更」を実施しています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
WiMAXハイパワー対応「WiMAX HOME 02」を発売 | 【公式】UQコミュニケーションズ
WiMAX HOME 02│UQ WiMAX(ルーター)|【公式】UQコミュニケーションズ
テレビCM : 広告 | NECプラットフォームズ