UQ WIMAX向けモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」が発表!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は14日、高速データ通信サービス「UQ WiMAX 2+」向けの新製品として下り最大440Mbpsに対応したモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06(型番:NAD36)」(NECプラットフォームズ製)を発表しています。発売時期は2020年1月下旬以降を予定し、発売に先立って「UQお客さまセンター」では予約受付を実施ています。

なお、販売拠点はその他に公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」および公式Webサイト内にある「機種変更受付ページ」、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社にて順次販売開始されるとのことで、価格(税込)はUQ WiMAXオンラインショップでは16,500円とのこと。

06

Speed Wi-Fi NEXT WX06はWiMAX 2+および4G LTEに対応したモバイルルーターで、モバイルルーターでは初のWi-Fi同時通信(2.4GHzおよび5GHz)をサポートし、さらにWiMAXハイパワーにも対応することで屋内でも快適に使えるようになっています。

また定期的に周囲の電波環境を判断して接続機器ごとに自動で最適な接続先を選択するバンドステアリング機能を搭載することによって高速で安定した通信を可能にするということです。なお、出荷時のバンドステアリング機能の設定はOFFになっており、設定でONにすると2.4GHzおよび5.xGHzに対応かつIEEE802.11vの対応した接続機器で利用できます。

02

03

さらにQRコードを表示する「Wi-Fi QRコード」機能によって接続するスマートフォン(スマホ)のカメラで読み取るだけで自動でWi-Fi接続ができるとのこと。iOS 11.0以降およびiPadOS 13.0以降、Android 10以降は標準カメラで利用可能です。最大同時接続数はWi-Fiで16台、USBで1台の合計17台。

ホーム画面で3日間の「日次データ通信量」とハイスピードプラスエリアモードでの「月次データ通信量」を数字とグラフで同時に表示でき、。これによって使用したデータ通信量を簡単に把握可能。サイズは約111×62×13.3mm、約127g、本体カラーはライムグリーンおよびクラウドホワイトの2色展開。

04

07

08

バッテリーは3200mAhの取り外せる電池パックを搭載。外部接続・充電端子はUSB Type-Cを採用。充電時間は約160分(別売のTypeC共通ACアダプタ01U使用時)。最大通信速度はハイスピードモードで下り最大440Mbpsおよび上り最大30Mbps、ハイスピードプラスエリアモードで下り最大440Mbpsおよび上り最大75Mbps。

SIMカードはnanoSIM(4FF)サイズの「au Nano IC Card 04 LE U」が1つ。連続通信時間はハイスピードモードのおまかせ一括設定(スタンダード設定)・NORMAL(バランス)で約690分、おまかせ一括設定(通信速度を優先)・HI-P(速度優先)で約500分、おまかせ一括設定(電池持ちを優先)・ECO(電池優先)で約840分。

09

05

ハイスピードプラスエリアモードのおまかせ一括設定(スタンダード設定)・NORMAL(バランス)で約630分、おまかせ一括設定(通信速度を優先)・HI-P(速度優先)で約490分、おまかせ一括設定(電池持ちを優先)・ECO(電池優先)で約800分。連続待受時間(静止時)は休止状態で約700時間、ウェイティング時で約45時間。

IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠のWi-FiおよびBluetooth 5.1に対応。その他、別売のWウイングアンテナ搭載クレードルはWiMAX 2+アンテナを4本に拡張。電波が弱い場所での通信速度がクレードル非利用時に比較すると約60%向上します。WiMAXハイパワーとクレードルで宅内の利用がより快適になります。同梱物はUSB2.0 TypeC-A変換ケーブル(試供品)など。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
440Mbpsモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」を発売 | 【公式】UQコミュニケーションズ
Speed Wi-Fi NEXT WX06│UQ WiMAX(ルーター)|【公式】UQコミュニケーションズ