JR東日本が埼京線車内で痴漢を通報できるシステムを実験!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は4日、列車内で利用者が「痴漢」行為を受けた際にスマートフォン(スマホ)など向け専用アプリによって車掌へ通報するシステムの検討を進めており、その効果などを検証するために列車内で実証実験を行うと発表しています。

実験では列車内で痴漢行為を受けた利用者から車掌への通報を可能にして車内放送で注意喚起を図り、周囲の利用者に痴漢行為に気づいてもらうことで痴漢行為の抑制を図ることを目的として実施されるとのこと。

実際に効果を確かめるために2つのステップで実験が行われ、第1ステップは社員およびモニターが専用アプリのボタンを押し(通報タイミングはあらかじめ設定)、車掌が車内放送(試験)にて注意喚起して利用者によるまアンケートによる調査を行います。

また第2ステップでは第1ステップの結果を踏まえてモニターが専用アプリのボタンを押し(痴漢行為を受けたと認識した時)、車掌が車内放送にて注意喚起および最寄り駅の駅員と連携して対処し、その過程をモニターアンケートによって調査します。

実施時期および路線は第1ステップを2020年2月下旬から3月上旬(土休日は除く)の7:00頃から10:00頃にて痴漢行為が多く発生しているという埼京線車内(大宮駅〜新宿駅)、第2ステップは第1ステップの結果を踏まえて6月以降に同じく埼京線車内で実施予定となっています。

02

JR東日本ではこれまでも社会的な課題のひとつである痴漢問題の解決に向けて啓蒙活動などを実施してきたほか、国立情報学研究所の新井紀子教授をはじめ、有識者から有益な意見を集めながら列車内で利用者が痴漢行為を受けた際にスマホなど向けアプリによって車掌へ通報するシステムの検討を進めてきました。

今回、このシステムの効果を確認するために実証実験を行い、第1ステップではシステムの機能検証および受容性確認、第2ステップでは専用アプリの通報による車内放送の痴漢防止効果の確認を調査します。詳細な期間・場所などは関係する駅にポスター掲出する予定。

システムはスマホなどに専用アプリをインストールした人が列車内で痴漢行為を受けた際、アプリのボタンを押すことで車掌に通報することができ、通報を受けた車掌がタブレット内の専用アプリの通知内容に基づいて注意喚起の車内放送を行います。

車内放送は第1ステップでは一般的なマナー放送として痴漢を見かけた方はお知らせください」や迷惑行為があったことを伝える放送として「車内のお客さまより迷惑行為の連絡がありました」、より具体的な痴漢通報があったことを伝える放送として「〇号車のお客さまより、痴漢の通報がありました」などを予定。

これにより、専用アプリの使い勝手や技術的な検証、放送内容の選定などが行われます。なお、同社では実証実験に伴って防犯カメラで撮影した車内の映像を確認することがあるとしています。JR東日本はより安全で安心な鉄道をめざすため、利用者の理解と協力をお願すると案内しています。


[Image] QRコードアプリ名:JR東日本アプリ 列車運行情報・電車の乗換案内・新幹線の時刻表 他
価格:無料
カテゴリー:地図&ナビ
開発者:East Japan Railway Company ICT
バージョン:3.1.11
Android 要件:5.0以上
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=jp.co.jreast&hl=ja

btn_android


[Image] QRコードアプリ名:JR東日本アプリ 電車の運行情報・走行位置
価格:無料
カテゴリー:ナビゲーション
開発者:East Japan Railway Company
バージョン:3.1.12
互換性:iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id820004378?mt=8

btn_itunes




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
痴漢防止対策に関する実証実験の実施について[PDF/1043KB] :JR東日本
JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社