SIMフリースマホ「moto g8」と「moto g8 power」が5月4日に発売延期!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは24日、SIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g8(モデル名:XT2045-6)」および「moto g8 power(モデル名:XT2041-3)」(ともにMotorola Mobility製)の発売日を2020年5月4日(月)より順次に延期するとお知らせしています。当初は4月28日(火)を予定していると案内していました。

すでにモトローラ公式オンラインストアや量販店、Amazo.co.jpなどで予約販売が開始されており、価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格でmoto g8が25,800円、moto g8 powerが32,800円。なお、モトローラ公式オンラインストアではmicroSDXCカード128GBが付いてくるとのこと。

04
moto g8のカラーバリエーション


05
moto g8 powerのカラーバリエーション

moto g8とmoto g8 powerは同社のミッドレンジクラスとなるmoto gシリーズの最新機種である「moto g(第8世代)」におけるベースモデルと大容量電池モデルで、すでに発売されている上位モデルのmoto g8 plusとともに“moto g8ファミリー”として手頃な価格で販売されます。

画面はmoto g8 plusでは上部中央に面積の狭いU型ノッチが配置されていますが、moto g8とmoto g8 powerは画面左上にパンチホールが配置されており、アスペクト比9:19の縦長な約6.4インチIPS液晶「Max Vision display」(約269ppi)を搭載し、画面占有率は約88%となっています。

一方、解像度はmoto g8はHD+(720×1560ドット)、moto g8 powerはFHD+(1080×2300ドット)と違っています。パンチホール部分にフロントカメラが搭載され、moto g8は約800万画素CMOS(1画素1.12μm)/広角レンズ(F2.0)、moto g8 powerは約1600万画素CMOS(1画素1.0μm)/広角レンズ(F2.0)。

【moto g8シリーズの主な仕様の比較】
製品moto g8moto g8 plusmoto g8 power
画面6.4型HD+
(パンチホール)
6.3型FHD+
(U型ノッチ)
6.4型FHD+
(パンチホール)
大きさ161.3×75.8×9.0mm158.4×75.8×9.1mm156.0×75.9×9.6mm
重さ188.3g188g197g
SoCSnapdragon 665Snapdragon 665Snapdragon 665
RAM4GB4GB4GB
ストレージ64GB64GB64GB
microSDXC
電池容量4000mAh4000mAh5000mAh
背面カメラ16MP/F1.7(広角)
8MP/F2.2(超広角)
2MP/F2.2(マクロ)
ToFカメラ
48MP/F1.7(広角)
16MP/F2.2(超広角)
5MP/F2.2(深度)
ToFカメラ
16MP/F1.7(広角)
8MP/F2.2(超広角)
8MP/F2.2(望遠)
2MP/F2.2(マクロ)
前面カメラ8MP/F2.0(広角)25MP/F2.0(広角)16MP/F2.0(広角)

カラーバリエーションはmoto g8がノイエブルーとホログラムホワイト、moto g8 powerがスモークブラックとカプリブルーの各2色展開。背面に指紋センサーを搭載。その他の詳細な製品情報は『モトローラ、SIMフリースマホ「moto g8」と「moto g8 power」を4月28日に発売!価格は2万5800円と3万2800円 - S-MAX』をご参照ください。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
moto g8 関連記事一覧 - S-MAX
moto g8 power 関連記事一覧 - S-MAX
「moto g8」「moto g8 power」の発売日の延期について | モトローラ公式オンラインストア