最新スタンダードスマホ「HUAWEI P40 lite E」が日本でも登場!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンラインにて新製品発表会を開催して日本にてSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P40 Pro 5G」および「HUAWEI P40 lite 5G」、「HUAWEI P40 lite E」(ともにHuawei Technologies製)などを発売すると発表しています。

発売日はHUAWEI P40 Pro 5Gが2020年6月12日(金)、HUAWEI P40 lite 5GおよびHUAWEI P40 lite Eが2020年6月19日(金)を予定し、価格はHUAWEI P40 Pro 5Gが税抜108,800円(税込119,680円)、HUAWEI P40 lite 5Gが税抜39,800円(税込43,780円)、HUAWEI P40 lite Eが税抜24,800円(税込27,280円)。

販売拠点はファーウェイ 楽天市場店やファーウェイ PayPayモール店のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)となっており、量販店ではエディオンやケーズホールディングス、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ECサイトではAmazon.co.jpやe-TREND、ムラウチドットコム、MVNOでは「IIJmio」や「イオンモバイル」、「エキサイトモバイル」などとなっています。

本記事ではHUAWEI P40 lite Eを紹介します。なお、HUAWEI P40 lite EはOSにAndroid 10をベースにした「EMUI 10.1」をプリインストールしており、Google PlayストアやGmailなどの「GMS(Google Mobile Service)」には対応しておらずアプリ配信マーケット「AppGallery」などの「HMS(Huawei Mobile Service)」に対応しています。

またキャンペーン期間中にHUAWEI P40 Pro 5GまたはHUAWEI P40 lite 5G、HUAWEI P40 lite Eなどを購入し、AppGalleryおよびNAVITIMEアプリから応募した場合に「NAVITIME のプレミアムコース 1 年間無料」サービスを提供します。キャンペーン応募期間は2020年6月12日(金)から9月12日(日)まで。

その他、HUAWEI P40 lite Eの購入特典として1年間の15GBの無料ストレージサービスが提供されます。特典を適用できるサービス利用開始期限は2021年3月10日(水)まで。なお、特典を得るためにはクレジットカード情報の入力が必要となります。12ヶ月後自動更新します。

無料期間内にいつでも解約が可能ですが、無料期間終了後は自動的に有料プランに更新されるとのこと。ただし、有料プランを解約しても無料プランにて保存したデータは削除されないということです。各キャンペーンの詳細はファーウェイ・ジャパンの公式Webサイトをご確認ください。

01

08

HUAWEI P40 lite Eは日本でも昨年に発売された「HUAWEI P30 lite」に続くPシリーズの廉価版における最新スタンダードスマホで、海外では「HUAWEI P40 lite」も販売されていますが、HUAWEI P40 liteではなくよりスペックを落として低価格なHUAWEI P40 lite Eが日本では投入されます。

画面左上にパンチホールを配置したアスペクト比9:19.5の約6.39インチHD+(720×1560ドット)液晶ディスプレイ(約269ppi)を搭載し、画面占有率は約90%に達したフルビューディスプレイデザインを採用しています。TÜVラインランド認証のブルーライトカットモードやナイトモードも搭載。

02

03

09

基本スペックはHiSilicon Technology製チップセット(SoC)「HUAWEI Kirin 710F」(オクタコアCPU「2.2GHz Cortex-A73コア×4+1.7GHz Cortex-A53コア×4」、ARM Mali-G51 MP4 GPU)や4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大512GB)、約4000mAhバッテリー(取外不可)など。

外部接続・充電端子はmicroUSB(USB 2.0)で、3.5mmイヤホンマイク端子も搭載。サイズは約159.81×76.13×8.13mm、質量は約176g、本体カラーはミッドナイトブラックおよびオーロラブルーの2色展開。外装はガラス製で、本体背面に生体認証として指紋センサーを搭載。センサーは他に加速度センサーおよび近接センサー、環境光センサー、電子コンパスを搭載。

04

背面には像面位相差オートフォーカス(PDAF)やコントラストAFに対応した約4800万画素CMOS/広角レンズ(F1.8)および約800万画素CMOS/超広角レンズ(画角120°・F2.4)、約200万画素CMOS/被写界深度カメラ(F2.4)のトリプルリアカメラを搭載。フロントカメラは約800万画素CMOS/広角レンズ(F2.0)がパンチホール部分に搭載。

ナイトモード搭載で、手持ちによる夜景撮影もでき、被写界深度カメラによってワイルドアパーチャ機能やAIセルフィー、HDR ポートレートなどの多彩な写真撮影機能に対応。また9.1chの3Dサラウンドモードによって映画サウンドのボーカルエフェクトを向上し、ラインスペクトルとノイズが抑制され、全体的な音響体験が向上しています。

06

07

その他の仕様ではIEEE802.11b/g/n準拠(2.4GHz)の無線LAN(Wi-Fi)およびBluetooth 5.0、位置情報取得(A-GNSS・GPS・GLONASS・Galileo)、nanoSIMカード(4FF)サイズのスロットが2つなど。付属品はACアダプタ ーおよびmicroUSBケーブル、保護ケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイド。対応周波数帯は以下の通り。

FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20
TDD LTE: B38 / 40 / 41 (2540 ~ 2655)
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応
WCDMA: B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz


10






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
HUAWEI P40 lite E 関連記事一覧 - S-MAX
高いコストパフォーマンスを実現したAIトリプルカメラ搭載のスマートフォン 『HUAWEI P40 lite E』 6月19日(金)より発売
HUAWEI P40 lite E, 約6.39インチのパンチホールディスプレイ | ファーウェイジャパン