楽天モバイルのオリジナルスマホ「Rakuten Mini」が対応周波数帯を変更!案内せず謝罪

楽天モバイルは10日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応したオリジナルスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini(型番:C330)」における対応周波数帯についてお知らせしています。

Rakuten Miniの対応周波数帯については当初、4G(FDD-LTE方式)のBand 1(2GHz帯)に対応していることが案内されていましたが、購入した利用者からBand 1に対応していないことが報告され、楽天モバイルにて内容を確認していましたが、公式な見解が示されました。

お知らせではRakuten Miniの製造番号(IMEI)によって対応周波数帯が変更となっていたものの、公式Webサイトではその変更が記載されておらず、情報が正しく更新されていなかったとし、購入者には心配と迷惑をかけたということで深く謝罪しています。

その上で正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」を契約してRakuten Miniを楽天回線およびパートナー(au)回線にて利用する場合みは今回の対応周波数帯の変更によるサービスへの影響はないとした上で、情報に不備があったので同社に問合せれば要望に対応し、交換なども検討するとしています。

なお、楽天モバイルによると、ハードウェアが同一であるということなので新たに追加された周波数帯は日本では利用できず、Band 1が利用できなくなっているだけのため、日本で利用するために必要な認証(いわゆる「技適マーク」)については追加申請・取得することで、回収や交換などの必要はなくそのまま利用できるということです。

42

Rakuten Miniは楽天モバイル初のオリジナルスマホで、持ち運びしやすいコンパクトデザインで約3.6インチHD(720×1280ドット)TFT液晶を搭載した小型モデルとなっており、防滴(IPX2準拠)や防塵(IP5X)、顔認証、緊急速報メール、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応しています。

主な仕様はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 439」(オクタコアCPU「2GHz×4+1.45GHz×4」)および3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、1250mAhバッテリー、USB Type-C(USB 2.0)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、位置情報取得(A-GPS)など。

またFeliCaのほか、NFC Type A/Bにも対応し、生体認証として顔認証にもサポート。カメラは背面がオートフォーカスに対応した約1600万画素CMOSリアカメラ(F2.0)、前面が約500万画素CMOSフロントカメラ(F2.2)を搭載。連続通話時間はVoLTEで約324分(約5.4時間)、3Gで約420分(約7時間)、連続待受時間はLTEで約160時間、3Gで約220時間。GSMは非対応。

データ通信はLTEで下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsに対応。サイズは約106.2×53.4×8.6mm、質量は約79g、本体カラーはナイトブラックおよびクールホワイト、クリムゾンレッドの3色展開。その他、ワンセグやフルセグ、赤外線通信、ワイヤレス充電、急速充電、指紋認証、ハイレゾ音源、外部ストレージ、イヤホンマイク端子には非対応。

本体にはプラスチック型のSIMカードを装着するスロットはなく、eSIMを採用しており、楽天モバイルおよびローミング先のauのネットワークで利用し、VoLTE(楽天モバイル回線)もサポートしています。OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)をプリインストール。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

楽天モバイル、FeliCa対応で最小最薄の独自スマホ「Rakuten Mini」を発表!3.6インチHD液晶やS439、3GB RAM、防滴のほか、eSIMを採用 - S-MAX
楽天モバイル、初のオリジナルスマホ「Rakuten Mini」を先行販売開始!価格は2万1800円。無料サポータープログラムの1万8千ポイントプレゼント対象機種に - S-MAX
FeliCa&eSIM対応でクレジットカードサイズ!楽天モバイルの小型なオリジナルスマホ「Rakuten mini」を写真とともに解説【レビュー】 - S-MAX

そんなRakuten Miniですが、現在5月27日よりRakuten UN-LIMITとのセットで申し込むことで1円で販売されており、人気となっていました。そうした中で今回、対応周波数帯が5月上旬以降に変更があり、その情報が更新されていなかったということです。具体的には以下の通り。

製造番号対応周波数帯
351676110680488以降FDD-LTE: Band 4、5
TD-LTE: Band 38
W-CDMA: Band IV、V
351676110356716〜35167611068048FDD-LTE: Band 1、5
TD-LTE: Band 38
W-CDMA: Band I、V
351676110356708以前FDD-LTE:Band 1
W-CDMA: Band I
共通FDD-LTE: Band 3、18、19、26、28
TD-LTE: Band 41
W-CDMA: Band VI、XIX

新たにBand 4に対応したことでアメリカなどでつながりやすくなるという。一方で、Band 1は世界的に広く用いられている周波数帯で、日本でもNTTドコモやau、ソフトバンクの移動体通信事業者(MNO)の3者は共通して採用しており、日本でRakuten UN-LIMIT以外のeSIMを利用した場合には使えるエリアは狭くなると思われます。

なお、楽天モバイルではRakuten UN-LIMITの利用者を最優先に考え、Rakuten UN-LIMITを契約している人が海外ローミングで利用しやすくしたとしています。ただし、すでに出荷しているBand 1に対応製品などは今後、Band 4に対応してBand 1が使えなくなるということはないということです。


※追記(2020/06/11 12:40:05)
楽天モバイルが6月11日12時にRakuten Miniの対応周波数帯についての情報を更新し、3G(W-CDMA方式)についても変更があったことが案内されたので修正しています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Rakuten Mini 関連記事一覧 - S-MAX
オリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」の対応周波数帯について | お客様へのお知らせ | 楽天モバイル株式会社
スペック詳細 | Rakuten Mini | スマートフォン | 楽天モバイル