S-MAX

iPhone

MM総研、日本における2017年の携帯電話出荷台数を発表!スマホ出荷台数は5年ぶりに増加で、1位は6年連続でiPhoneながらメーカー別シェアではマイナスに


2017年の日本国内における携帯電話端末出荷台数が発表!iPhoneが6年連続No.1位に

MM総研は13日、2017年における日本国内の携帯電話出荷台数の調査結果を発表しています。フィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)およびスマートフォン(スマホ)を合わせた総出荷台数は3735.4万台(前年比3.6%増)となり、フィーチャーフォンとスマホの出荷台数はそれぞれ536万台と3199.4万台となっています。

フィーチャーフォンは前年比19.3%減で2000年以降の出荷統計において2016年に続いて過去最低を更新し、3年連続での約2割減となっており、2014年からは半減となり、一方のスマホは2012年の4375万台から減少が続いていたものの、5年ぶりに増加となったということです。

またスマホのみの出荷台数は3199.4万台で2012年を抜いて過去最高となり、メーカー別ではシェアは1位がApple(iPhone)、2位がソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニー)、3位がシャープ、4位が富士通、5位がサムスン電子となり、総出荷台数でもAppleが2012年以降6年連続で1位となったものの、シェア別では前年比マイナスとりました。

続きを読む

復活した“一括0円”……最新スマホ「iPhone 8」でNTTドコモやソフトバンクが春商戦の火花を散らす!ガイドラインはどこへやら、総務省の検討会では問題視


各社でiPhone 8の一括0円合戦再び!?

スマートフォン(スマホ)などの最大の販売商戦期である“春商戦”を迎え、各社では学割やキャンペーンなどの割引合戦を開始しており、中でも2016年4月に総務省が定めた「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」(以下、ガイドライン)に沿ってほぼなくなっていた最新機種の“一括0円”がここに来て復活しています。

特に昨年末くらいから量販店やソフトバンクショップなどで店舗独自割引を適用し、話題のスマホこと「iPhone」シリーズの最新機種である「iPhone 8」の64GBモデルが他社から乗り換え(MNP)で一括0円販売されているケースが多く見られ、総務省が開催している「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」でも問題視されています。

しかしながら、現時点ではiPhone 8の一括0円販売は収まるどころか広がっている印象も受け、2月1日からはNTTドコモでもiPhone 8・8 Plusの新規契約およびMNPで値下げしたことに伴ってiPhone 8の64GBモデルについて「下取りプログラム」を利用したケースが多いながらも一括0円を謳っている店舗が多く出ています。

続きを読む

NTTレゾナント、gooSimsellerにて人気スマホ「iPhone 6s」を販売開始!SIMフリーのメーカー認定整備済製品で、OCN モバイル ONEとセットで16GBが3万2184円から


gooSimsellerでもiPhone 6sのメーカー認定整備済製品が発売!

NTTレゾナントは8日、同社が運営するSIMフリー製品の公式Webストア「gooSimseller」( https://simseller.goo.ne.jp )においてスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」(Apple製)を2018年2月8日(木)10:00から販売すると発表しています。

販売されるiPhone 6sはメーカー認定整備済製品で、NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」の契約が必須な「らくらくセット」となっており、モデル番号は「A1688」とのこと。

価格は16GB(ゴールド)が36,800円(分割1,800円/月×24回)、64GB(ゴールド)が49,800円(分割2,100円/月×24回)で、販売開始を記念して16GB(ゴールド)は台数限定特価で29,800円(分割1,400円/月×24回)で販売されています。なお、別途、初回請求時に契約事務手数料3,000円がかかります(金額はともに税抜)。

続きを読む

Apple、iPhone 7の一部で通信エリア内でも「圏外」表示になる不具合によって無償修理プログラムを開始!メインロジックボードの故障が原因


アップルが「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラムを実施!

Appleは2日(現地時間)、同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」のごく一部の個体においてメインロジックボードのコンポーネントの故障によってステータスバーに「圏外」(モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)と表示される場合があることが判明したとして『「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム』を実施するとお知らせしています。

問題が確認されているのは、iPhone 7が発売された2016年9月から2018年2月までの間に製造され、日本を含む中国・香港・マカオ・米国で販売されたiPhone 7で、対象製品でこの問題が起きた場合には無償修理に対応するということです。

またこの問題が起きていたものの、すでに有償で修理をしている場合には、同社からメールで連絡を送った上で返金するとのこと。ただし、この問題に関係があると思われる修理を有償で行ったにもかかわらず、2018年3月末までにメール連絡がない場合は、同社に問い合わせるよう案内しています。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け次期プラットフォーム「iOS 11.3」を今春リリースと発表!バッテリー劣化時におけるパフォーマンス低下機能のオフ、ARやアニ文字の強化など


アップルがiPhoneやiPadなど向け「iOS 11.3」を今春配信へ!

Appleは24日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の次期マイナーバージョン「iOS 11.3」を今春に提供すると発表しています。合わせてiOS 11.3の開発者向けベータ版をリリースし、一般向けベータ版も間もなくリリースするとしています。

またiOS 11.3の“プレビュー”として新たに追加される新機能を案内しており、新しいAR機能やアニ文字の追加、ヘルスケアアプリ内での健康の記録などが挙げられています。さらに問題となっているiPhoneの旧機種でのバッテリー劣化時の性能低下に対して電池状態確認機能や性能低下を利用者の判断でオフにできる機能が追加されるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。