S-MAX

iPhone

Appleが「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 用 Smart Battery Case 交換プログラム」を実施!充電されない問題で対象製品なら無償交換に


iPhone XS・XS Max・XR 用のバッテリー拡張ケース「Smart Battery Case」に充電されない不具合!

Appleは10日、同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」の専用バッテリー搭載ケース「Smart Battery Case」の一部で充電に問題が起きる可能性があることが判明したとして「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 用 Smart Battery Case 交換プログラム」を実施しています。

対象となるSmart Battery Caseでは「電源に接続してもSmart Battery Caseが充電されないまたは断続的にしか充電されない」や「iPhoneがSmart Battery Caseから充電されないまたは断続的にしか充電されない」という症状のいずれかまたは両方が見られることがあるとのこと。

この問題が確認されているのは2019年1〜10月に製造されたiPhone XS・XS Max・XR用のSmart Battery Caseで、安全性に関わる問題ではないものの、プログラムの対象となるSmart Battery CaseについてはAppleまたはApple正規サービスプロバイダにて無償交換するということです。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:コラム初め!モバイルライターは何を想い、何を伝えるべきなのか。バズったツイートから通信業界の歴史を振り返りつつ2020年の抱負をまとめる


モバイルライターとしての2020年の抱負をまとめてみた!

新年あけましておめでとうございます。みなさま、お正月はのんびりできましたでしょうか。筆者は大晦日にTwitterへ書き込んだ何気ないツイートが軽くバズり、その拡散の様子と人々の反応を興味深く見守りながら正月を過ごしました。

バズったツイートは某氏がツイートした日本におけるiPhone 3G発売日のニュースについて当時を思い出して引用RTしたものでした。iPhone 3G発売当時、みなさんはiPhoneにどの程度関心を持っていたでしょうか。かく言う筆者も実はあまり興味がなく、「iPhoneねぇ……あれって凄いの?」と、モバイルギークの友人に尋ねる程度だったのを覚えています。

しかし、その曖昧な認識はiPhoneに触れた瞬間に一変します。本当に、携帯電話のみならずモバイルガジェットに対する何もかもの認識が変わってしまった瞬間でした。そして、その自身の興奮度と世間やメーカー、通信キャリアなどの反応との温度差に「早くみんなも気がつくんだ!」とばかりに、自身のブログやニュースサイトへの寄稿で、事あるごとにiPhoneの凄さと日本の危機について書き続けていました。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhone 3Gの国内販売開始から現在までのモバイル業界の変遷を振り返りつつ、2020年への期待と抱負などを書き留めたいと思います。

続きを読む

直営店「Apple Store」や公式Webストアにて「初売りセール」が1月2日限定で開催!iPhone XRなどが対象で最大2万4千円分のApple Storeギフトカードがもらえる


Appleからのお年玉。初売りセールが1月2日に実施

Apple Japanが日本全国の直営店「Apple Store」や公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」内および専用アプリ「Apple Store」)において2020年1月2日(木)限定で「初売りセール」を実施するとお知らせしています。

初売りセールでは「Appleからのお年玉。」として最高24,000円分のApple Storeギフトカードがもらえるとのこと。対象製品は「iPhone XR」や「iPhone 8」、「11インチiPad Pro」、「12.9インチiPad Pro(第3世代)」、「iPad Air(第3世代)」、「iPad mini(第5世代)」、「Apple Watch Series 3」、「AirPods(第2世代)」など。

続きを読む

iPhone 4SからXまでなどのA5〜A11プロセッサー搭載製品において読取専用の起動用ROMに脆弱性!ソフトウェア更新で修正できず、解決策は機種変更のみ


iPhone 4S〜Xなどに脆弱性!脱獄ツール「checkm8」に対して沈黙を続けるApple

CERT Coordination Centerは19日(現地時間)、Apple製プロセッサー「A5」から「A11」までを搭載した製品において起動用ROM(Appleでは「SecureROM」と呼称)に解放済みメモリーを使用する脆弱性(CWE-416)が存在すると発表しています。

これにより、製品を手にできる状態であれば、起動時にこの脆弱性を利用して第3者によって任意のコードが実行される可能性があるとしており、SecureROMは読取専用なのでソフトウェア更新によって修正することができないと注意喚起しています。

対象製品はiPhone 4SからiPhone X、iPad 2からiPad(第7世代)、iPad mini 2およびiPad mini 3、iPad AirおよびiPad Air 2、10.5インチiPad Proから12.9インチiPad Pro(第2世代)、Apple Watch Series 1からApple Watch Series 3、Apple TV(第3世代)およびApple TV 4K、iPod touch(第5世代)からiPod touch(第7世代)。

そのため、解決策は脆弱性のない製品への移行しかないとしており、Apple製品であれば「iPhone XS」や「iPhone XS Max」、「iPhone XR」、「iPhone 11」シリーズ、「12.9インチiPad Pro(第3世代)」などとなるとのこと。なお、現時点ではAppleからこの脆弱性に関する情報は公開されていないということです。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 13.3」および「iPadOS 13.3」を提供開始!ペアレンタルに新機能追加やSafariのFIDO2セキュリティーキーサポートなど


AppleがiPhoneなど向けiOS 13.3とiPadOS 13.3をリリース!

Appleは10日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 13.3(17C54)」および「iPadOS 13.3(17C54)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は子どもが通話やFaceTime、メッセージできる相手を管理できるほか、親・保護者が子どもの連絡先リストを使って子どものデバイスに表示される連絡先を管理できるなどするペアレンタルコントロール機能の追加、Webブラウザー「Safari」にてNFCやUSB、LightningのFIDO2準拠のセキュリティキーへのサポートなどの新機能が追加されています。

またメールアプリで新規メッセージをダウンロードできない問題やGmailアカウントでメッセージを削除できない問題、スペースバーを長く押した後にカーソルが動かなくなる場合がある問題、メッセージアプリで送信されたスクリーンショットがぼやけて表示される場合がある問題、モバイルデータ通信設定が誤ってオフとして表示される場合がある問題など、さまざまな各種不具合修正やセキュリティー改善が行われています。

対象機種はiOS 13およびiPadOS 13の対象機種であるiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能。なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

なお、同社はiOS 13およびiPadOS 13に対応していないiPhone 5sおよびiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air、iPad mini 2、iPad mini 3、iPod touch(第6世代)向けに「iOS 12.4.4」も同時に配信開始しているほか、Apple TV向け「tvOS13.3」やApple Watch向け「watchOS 6.1.1」および「watchOS 5.3.4」、Mac向け「macOS Catalina 10.15.2」もリリースしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。