S-MAX

iPhone

人気のiPhoneケースなどが最大95%OFFの特価!スマホアクセサリーショップ「UNiCASE」がブラックフライデーセールを11月30日17時まで開催

201014_unicase_iPhone12series_01
UNiCASEブラックフライデーセールが開催中!

スマートフォン(スマホ)などのアクセサリーを中心に扱うオンライン通販ショップおよび関東、中部、関西、九州・沖縄の各エリアで実店舗「UNiCASE(ユニケース)」を展開するCCCフロンティアが2020年11月30日(月)17時までの期間に「UNiCASEブラックフライデーセール」を開催している。

iPhone11やiPhone11 Pro、iPhoneSE(第2世代)、iPhone 8、iPhone 7、iPhone XS、iPhone Xなどに対応したケースをはじめ、落下防止のスマホリングなどを大幅に割り引いた価格で販売中だ。オンラインショップでは最大で95%OFF、実店舗では最大82%OFFのセール価格になるという。

続きを読む

SoftBank 5GをiPhone 12 Proで試してみた!料金やエリア、速度は?iPhone 12シリーズの最大速度は下り2.4Gbps・上り183Mbps【レポート】


ソフトバンクの5GをiPhone 12 Proで試してみた!実測でも下り800Mbps近くに

既報通り、Appleが新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 12 mini」および「iPhone 12」、「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」を発表し、日本でもiPhone 12とiPhone 12 Proが10月23日、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxが11月13日に発売されました。

そんなiPhone 12シリーズの共通したトピックが4機種ともに「5G(第5世代移動通信システム)」に対応したことでしょう。日本では現時点でまだまだ5Gのエリアが非常に狭く、実情として5Gに対応しているから便利だといったことはありませんが、せっかく新しい通信規格である5Gに対応しているわけですから試しておきたいものです。

というわけで、だいぶ遅くなりましたが、iPhone 12で各社の5Gを試してみましたので、まずはソフトバンクについて実際に試したレポートに加え、料金やどこで使えるのかといったことからまとめて紹介したいと思います。

なお、iPhone 12シリーズの5Gは4機種ともに仕様は共通で、アメリカ向けのみがより高速・大容量な高周波数帯のミリ波(mmWave)に対応し、それ以外の日本を含む国・地域で販売されるモデルはSub6のみに対応し、最大通信速度(理論値)はアメリカ向けのミリ波対応モデルでは下り4Gbps、Sub6のみに対応するモデルでは下り3.5Gbpsとなっています。

続きを読む

アマゾンにてiPhoneの整備済み品が販売開始!Amazon認定出品者がテスト&リユースして180日の返品保証が付き。初代SEが1万6千円など


Amazon.co.jpにてiPhoneの整備済み品が販売開始!

アマゾン ジャパンが運営する総合オンラインストア「Amazon.co.jp」( https://www.amazon.co.jp )にてApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズの「整備済み品」が販売開始されています。現時点で販売されているのは「iPhone SE」および「iPhone 7」、「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」、「iPhone XR」、「iPhone 11 Pro」の9機種。

iPhoneの整備済み品はAppleでも同社が回収して整備したものを直営店および公式Webストア(Apple.comおよび専用iOSアプリ「Apple Store」)で販売していますが、Amazon.co.jpで販売されているのはAmazon認定出品者(Apple認定業者ではなく)によって回収・検査・整備された中古品や展示品、開封品となっているとのこと。

そのため、パッケージや同梱されているアクセサリーなどは純正品ではない場合もあるとし、開封品などはほぼ新品とはなるものの、すべて中古品扱いとなるので有償の保証サービス「AppleCare+ for iPhone」には入れませんが、すべてのAmazon整備済み品は出品者による最低180日の返品保証が付いているということです。

続きを読む

AppleがiPhone向け最新プラットフォーム「iOS 14.2.1」を提供開始!iPhone 12 miniでロック画面が反応しないことがある不具合などが修正


AppleがiPhone 12シリーズ向けにiOS 14.2.1をリリース!

Appleは19日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 14.2.1(18B121)」を提供開始したとお知らせしています。iPhone 12シリーズのみに提供されているようで、少なくとも現時点ではiPhone 11 Pro Maxや12.9インチiPad Proなどでは更新が提供されていません。

変更点は「iPhone 12 mini」において画面ロックが反応しないことがある問題や一部のMMSメッセージを受信できないことがある問題、"Made for iPhone(MFi)"補聴器でiPhoneからのオーディオを聴くと音質が悪くなることがある問題が修正されているということです。

続きを読む

6.7型大画面スマホ「iPhone 12 Pro Max」を購入したので開封して外観や同梱物などを紹介!スクエアデザインで存在感がさらに増加【レビュー】


iPhone 12 Pro Maxを開封レビュー!前機種「iPhone 11 Pro Max」とも比較

既報通り、Appleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 12 mini」および「iPhone 12 Pro Max」が11月13日に発売されました。これらの2機種はともに10月23日に発売された「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の派生モデルで、iPhone 12 miniがiPhone 12の小型機、iPhone 12 Pro MaxがiPhone 12 Proの大画面かつ高機能機となっています。

なお、日本では4機種ともAppleの直営店および公式Webストア(Apple.comおよび専用iOSアプリ「Apple Store」)に加え、ヨドバシカメラやビックカメラなどの「Apple Premium Reseller」の一部店舗および公式WebストアにてSIMフリーモデルが販売され、さらにNTTドコモおよびau、SoftBankにてキャリアモデルが販売されています。

これらのiPhone 12シリーズは昨年発売された「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」の後継機種で、iPhone 12 ProはiPhone 11 Pro、iPhone 12 Pro MaxはiPhone 12 Pro Maxから正常進化しているほか、iPhone 12はiPhone 11から画面サイズが5.8型と小さくなり、さらに新たに5.4インチのiPhone 12 miniがラインナップに追加されました。

それぞれ新開発されたチップセット(SoC)「Apple A14 Bionic」によって性能が向上しているほか、iPhoneシリーズとしては初の5Gに対応し、iPhone 6シリーズ以降は側面のフレームが丸みのあるラウンドフォルムでしたが、久しぶりに角のあるスクエアかつフラットな側面フレームにデザインが刷新されているなどしています。

そんなiPhone 12シリーズですが、今回、筆者もiPhone 12 Pro Max(128GB/シルバー)をSIMフリー版であるAppleの公式オンラインショップ(公式Webサイト「Apple.com」内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にて購入して開封していましたので、ちょっと遅くなりましたが、外観や同梱品を紹介し、さらに既存のiPhone 11 Pro Maxと比較したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。