S-MAX

iPhone

最新スマホ「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」などが各社で予約開始!オンラインストアの予約ページや価格をまとめてチェック――auでは不具合で予約完了メールを一時停止中


iPhone 8・8 Plusが予約開始!価格や予約ページをまとめて紹介

話題の新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」(ともにApple製)などの予約受付がNTTドコモやau、SoftBank、Appleなどにて昨日9月15日16時1分から開始されました。

各社の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフバンクオンラインショップ」、「Apple Online Store」で予約受付が進められることを確認していました。

各社ともに予約開始直後はサーバー負荷が増え、一時的に表示できない状態になったものの、今年は後に「iPhone X」が控えていることもあり、例年より表示できない期間も短く、比較的すんなり予約できる状態だったように思います。筆者も無事にiPhone 8の64GB(シルバー)を予約できました。

一方でau Online ShopではiPhone 8およびiPhone 8 Plusを予約した人への予約完了メールについて予約開始の9月15日16時01分から16時30分の間に一部の人にカタカナの名前や予約番号、予約の商品情報を誤って送信していることが判明し、復旧の作業に伴って予約完了メールの送信を一時停止していると案内しています。

復旧次第、メールの送信を再開し、また誤ったメールを送った人にはあらためて正しい内容をメールで連絡するとしています。今回は各社の価格(税込)と予約ページをまとめて紹介しておこうと思います。

続きを読む

ガラスボディーは割れるのが心配!?新スマホ「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」の保証サービス「AppleCare+」や保証対象外修理価格を公開


iPhone 8・8 PlusやApple Watch Series 3の保証外修理価格をチェック!

アップル(Apple)から日本時間9月13日に発表された新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」、そしてLTE対応のスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」は日本では従来通り、NTTドコモやau、SoftBank、Apple(SIMフリー版)から販売されます。

ともに発売が2017年9月22日(金)で、それに先立って事前予約受付が9月15日(金)16次01分より開始されます。また今年はスマホについては遅れて新世代モデルとなる「iPhone X」も投入されますが、少し遅れて予約開始日が10月27日(金)、発売日が11月3日(金)となっています。

すでにこれらのiPhone XやiPhone 8、iPhone 8 Plus、Apple Watch Series 3に加えて、新製品の「Apple TV 4K」、そして価格が改定された既存機種も含めて直営店「Apple Store」や公式Webストア「Apple Online Store(Apple.com内)」における価格やAppleCare+料金は紹介してきました。

予約する際にもApple Storeなどでは注文になるので保証サービス「AppleCare+」に入るかどうか選択する必要があり、AppleCare+についてもまとめているようにiPhone 8が14,800円、iPhone 8 Plusが16,800円、Apple Watch Series 3(Cellular+GPSモデル)が9,800円、Apple Watch Series 3(GPSモデル)が4,800円であることが案内されます(価格は記載がない限りはすべて税抜)。

一方、Appleの公式WebサイトにはAppleCare+に加入しなかった場合の保証外時における画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格も公開しています。例えば、AppleCare+に未加入の場合における保証対象外の画面割れならiPhone 8で17,800円、iPhone 8 Plusで19,800円の修理代金がかかります。

続きを読む

Appleが新スマホ「iPhone X」や「iPhone 8・8 Plus」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」、STB「Apple TV 4K」を発表!値下げされた既存機種も含めてまとめて価格をチェック


Appleの新製品「iPhone X」などだけでなく、値下げされた既存機種もまとめて価格を紹介!

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Special Event - Keynote September 2017」を開催しました。

発表会では新世代の“”ほぼ全画面デザインによる5.8インチSuper Retina Display(1125×2436ドット)OLED Multi-Touchディスプレイ(約458ppi)を搭載したスマートフォン(スマホ)「iPhone X」や既存のiPhone 7シリーズなどを継承する約4.7インチ750×1334ドット液晶搭載「iPhone 8」および約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶搭載「iPhone 8 Plus」、LTE方式を含む携帯電話ネットワークに対応した第3世代のスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」、4K解像度やHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した新しい第5世代となるセットトップボックス(STB)「Apple TV 4K」といった新製品を発表しました。

これらの新製品のうちのiPhone X以外は、日本を含む最初に発売される1次販売国・地域では2017年9月15日(金)に事前予約受付が開始され、2017年9月22日(金)に販売開始されます。またiPhone Xについても同様に日本を含む1次販売国・地域では2017年10月27日(金)から事前予約受付を開始し、2017年11月3日(金)に発売されます。

そこで今回はこれらの新製品についてすでにApple直営店「Apple Store」や公式Webストア「Apple Online Store」における価格を値下げされた既存機種も含めてまとめて紹介したいと思います。

なお、発表会ではその他、iPhoneやiPad向け最新プラットフォーム「iOS 11」やApple Watch向け最新プラットフォーム「watchOS 4」などの正式版についても2017年9月19日(火)より配信開始されることが明らかにされています。日本時間では9月20日(水)未明で、恐らく通常通りなら2時頃になると見られます。

続きを読む

Apple、新世代の5.8インチほぼ全画面デザインスマホ「iPhone X」を発表!防水やFeliCa、デュアルカメラなどは継承し、新たに顔認証「Face ID」に対応――10月27日予約開始、11月3日発売


Appleが新スマホ「iPhone X」を発表!

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Special Event - Keynote September 2017」を開催し、新たに新世代の約5.8インチSuper Retina Display(1125×2436ドット)OLED Multi-Touchディスプレイ(約458ppi)を搭載したスマートフォン(スマホ)「iPhone X」を発表しています。

今回は「One more thing...」として発表されたiPhone Xの他にも既存の「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の後継機種として約4.7インチ750×1334ドット液晶搭載「iPhone 8」と約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶搭載「iPhone 8 Plus」の2機種も発表されています。

iPhone Xは完全に新世代のモデルとして“ほぼ全画面デザイン”となり、ホームボタンを廃止して操作性を刷新しているほか、防水・防塵(IP67準拠)やApple Pay(FeliCa)、デュアルカメラなどには引き続き対応し、新たにガラスボディーになってワイヤレス充電(Qi規格)に対応したほか、新しいチップセット「Apple A11 Bionic」を搭載することで性能を高めています。

内蔵ストレージは64GBおよび256GBの2モデルが用意され、カラーバリエーションはそれぞれBlack(ブラック)およびSilver(シルバー)の2色がラインナップ。それぞれ日本を含む初期販売国・地域では2017年10月27日(金)から事前予約受付を開始し、最初に発売される日本を含む国・地域では2017年11月3日(金)に発売されます。

日本ではNTTドコモおよびau by KDDI、ソフトバンクモバイルから販売されるほか、直営ストア「Apple Store」や公式Webストア「Apple Online Store」にてSIMフリーも販売されます。価格は米国では2年契約で64GBで999ドル(約110,000円)からから。

なお、日本におけるApple Online Store(SIMフリー)での価格(税抜)は別途紹介しているようにiPhone Xの64GBモデルが112,800円、256GBモデルが128,800円、NTTドコモなどの携帯電話会社から販売されるモデルの価格については別途発表がある予定。

続きを読む

Apple、4.7インチスマホ「iPhone 8」と5.5インチスマホ「iPhone 8 Plus」を発表!防水・防塵やおサイフケータイ(FeliCa)などは継承し、新たにガラスボディーでワイヤレス充電に対応


Appleが新型iPhoneを2機種発表!4.7インチ「iPhone 8」と5.5インチ「iPhone 8 Plus」

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Special Event - Keynote September 2017」を開催し、約4.7インチ750×1334ドット液晶搭載「iPhone 8」と約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶搭載「iPhone 8 Plus」の2機種のスマートフォン(スマホ)を発表しています。

今回はこれらのiPhone 8・8 Plusに加えて「One more thing...」としてもう1つのスマホ「iPhone X」も発表されました。iPhone Xが完全に新たな製品であるのに対し、iPhone 8・8 Plusは既存の「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の後継機種となり、デザインおよび製品概要はおおよそ同じで継承しています。

iPhone 7・7 Plusで対応した防水・防塵(IP67準拠)に加え、日本向けではおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、ホームキーがTapTicエンジンを採用し、iPhone 8 Plusではデュアルカメラによる光学2倍ズームなどに対応するなどは同じで、新たにガラスボディーになってワイヤレス充電(Qi規格)に対応したほか、新しいチップセット「Apple A11 Bionic」を搭載することで性能を高めています。

また内蔵ストレージは新たに32GBおよび128GBがなくなり、64GBが追加されて256GBと合わせて2モデルに。カラーバリエーションはそれぞれBlack(ブラック)およびSilver(シルバー)、Gold(ゴールド)の3色がラインナップされています。それぞれ日本を含む初期販売国・地域では2017年9月15日(金)から事前予約受付を開始し、最初に発売される日本を含む国・地域では2017年9月22日(金)に発売されます。

日本ではNTTドコモおよびau by KDDi、ソフトバンクモバイルから販売されるほか、直営ストア「Apple Store」や公式Webストア「Apple Online Store」にてSIMフリーも販売されます。価格は米国では2年契約でiPhone 8の64GBで699ドル(約77,000円)から、iPhone 8 Plusの64GBで799ドル(約88,00円)から。

なお、日本におけるSIMフリーの価格は別途紹介しているようにiPhone 8は78,800円から、iPhone 8 Plusが89,800円からで(ともに税抜)、NTTドコモなどの携帯電話会社から販売されるモデルについては別途発表がある予定。

続きを読む

Apple、最新プラットフォーム「iOS 11」を9月19日に提供開始!iPhone 5s以降およびiPad 5以降、第6世代iPod touch以降で無料アップデート可能――iPhone 5・5cやiPad 4は対象外に


AppleがiPhoneやiPadなど向け「iOS 11」の正式版を9月19日に提供開始!

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Special Event - Keynote September 2017」を開催し、今年6月に発表したスマートフォン(スマホ)およびタブレットなどのモバイル製品向け最新プラットフォーム「iOS 11」を2017年9月19日(火)より提供開始すると発表しています。

恐らく日本時間では9月20日(水)未明(通常通りなら2時頃)より配信開始されると見られます。対応機種は既存のiOS 10からiPhone 5やiPhone 5c、iPad 4が対象外となり、iPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)となっており、それぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

また同時に発表された新しいスマホである「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」にはプリインストールされていて購入時から利用可能。なお、アップデートに向けてバックアップをしっかりと取っておくことをオススメするほか、iOS 11では新たに32ビットアプリが使えなくなるようなのでご注意ください。

続きを読む

発表前から“話題のスマホ”の割引合戦!auが次期モデル「iPhone X」なども対象の機種変更用「最大1万円キャッシュバッククーポン」を配布中――抽選で10万人に5千ポイントプレゼントも


auが次期モデル“話題のスマホ”こと「iPhone X」などで使えるキャッシュバッククーポンを配布!

いよいよ日本時間の9月13日午前2時から行われるAppleのイベント「Apple Special Event - Keynote September 2017」にて発表されると見られる次期iPhoneシリーズの「iPhone X」および「iPhone 7s」、「iPhone 7s Plus」(ともに仮称)。

そんなまだ発表もされていない製品なのですが、昨日にこれまでの噂などをまとめてどういった製品になりそうなのか紹介しましたが、これらのiPhone Xなども含めた機種が対象になる最大10,000円の割り引きが受けられる「キャッシュバッククーポン」をauが一部の利用者に向けて郵送しています。

届いたのは9月7日で、auのiPhone 6sを購入し、そのまま維持している回線宛に送られてきました。キャッシュバッククーポンを利用すると、auショップや公式Webストア「au Online Shop」にて機種変更時に本体価格から10,000円分がau WALLETプリペイドカードへチャージされるということです。

有効期間は2017年12月31日(日)までで、対象機種はau 4G LTE対応スマートフォン(au VoLTE対応機種)で有効期間中に発売される新機種にも利用できるとのこと。さらに2017年9月8日(金)からは抽選で10万人にau WALLETポイントが5,000ポイントプレゼントする「ポイントキャンペーン」も実施されます。なお、キャッシュバッククーポンも人によっては最大15,000円のものが配布されているとのこと。

続きを読む

これがアップルの次期スマホ「iPhone X」と「iPhone 7s」シリーズだ!?ケースなどの周辺機器販売ページから見るデザインをチェック――指紋認証はどうなる?


Appleの次期スマホ「iPhone X」や「iPhone 7s」、「iPhone 7s Plus」はどうなる!?

いよいよ現地時間9月12日10時(日本時間9月13日2時)からアップルの次期スマートフォン(スマホ)などが発表されると見られるイベント「Apple Special Event - Keynote September 2017」( https://www.apple.com/apple-events/september-2017/ )が開催されます。

イベントはインターネットによるライブ中継も実施され、iPhoneやiPadなどのiOS搭載機器、SafariやMicrosoft EdgeといったWebブラウザーなどから視聴でき、日本では深夜となりますが、毎回いち早く正式発表を確認しようと多くの人が見ていることかと思います。

またこの時期、アップルからは当然ながら事前に情報は出しませんが、パートナーであるケースなどの周辺機器メーカーから外観などの画像などが出回ったり、展示会ではモックが置かれていたりするようになっています。

そこで今回は、発表直前ということでより情報の正確性が増したであろう周辺機器の販売ページなどからデザインを確認し、これまで出てきた噂をまとめて最終確認しておきたいと思います。

なお、今年の新iPhoneは「iPhone」シリーズが発売されてから10周年を記念し、既存モデル「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の後継機種となる「iPhone 7s」および「iPhone 7s Plus」に加え、特別モデル「iPhone X」(これまでは「iPhone 8」とも呼ばれていた)の3機種がラインナップされると言われています(未発表の3機種の名称は仮称)。

続きを読む

NTTドコモ、iPhone 7・7 Plusの機種変更を値下げで全オーダー1万5552円からに!MNPも端末購入サポートによる一括化で、オンラインショップならクーポンでさらに5400円OFF


docomoのiPhone 7・7 Plusの値下げされた価格をチェック!

既報通り、NTTドコモは1日、人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」(ともにApple製)などの多数の既存機種について2017年9月1日(金)より値下げするとお知らせしています。

iPhone 7・7sについてはすでに事前に紹介していたようにFOMAからXiへの契約変更に続いて他社から乗り換え(MNP)についても12ヶ月の継続契約を条件に本体価格から割り引く「端末購入サポート」に追加され、また機種変更についても「月々サポート」を増額して実質負担額がiPhone 7で15,552円(分割648円/月×24回)からとなっています。

さらに公式Webストア「ドコモオンラインショップ」ならiPhone 7(32GB除く)およびiPhone 7 Plusの新規契約およびMNPで5,400円割引するエスマックス読者「限定クーポン」も配布中なのででiPhone 7の128GBなら21,816円で購入可能です。

その他、9月1日からは複数台購入で5,184円割引される「家族まとめて割」も実施されているので、iPhone 7の128GBが16,632円と32GBと千円程度の違いだけで買えます。そこで今回は改定された同社のiPhone 7・7 Plusの価格をまとめて紹介したいと思います。なお、記事中の金額表記はすべて税込となっています。

続きを読む

Apple、iPhoneなど向け次期OSのリリースに向けてサポート情報「iOS 11 に備える」を公開!使えなくなる32ビットアプリは約18万7千本に


iPhoneなどでiOS 11に備える!32ビットアプリの大体はどうする?!

Appleが公式Webサイトのサポートページに今秋に正式版がリリースされる予定のiPhoneやiPadなどの次期OSバージョン「iOS 11」に向けて「iOS 11に備える」ための情報を掲載しています。

このiOS 11に備える情報には「iOS 11と互換性のあるデバイス」や「バックアップを作成する」、「パスコードを確認する」、「Apple ID を確認する」の4つの項目が紹介されています。

また調査会社のSensor Towerは今年5月の時点でiOS 11で使えなくなる予定の32ビットアプリが約18万7千本あることを明らかにしています。一方で同社は8月16日時点でその後に64ビットをサポートしたアプリが増えているとしています。

今年5月に260本だったのが、6月に389本、7月に345本となり、過去1年間では1900本でその間の前半6ヶ月間より後半6ヶ月間のほうが229%増加し、過去1年間のうちに64ビットをサポートしたアプリの約42%(820本)がゲームであったと発表しています。

とはいえ、できればiOS 11にするに当たって出来る限り32ビットアプリを使っている場合には同じようなアプリで64ビットをサポートしているものに変えておきたいところです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。