S-MAX

iPhone

スマホアクセショップ「UNiCASE」がネット通販で「iPhone 11」、「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」に対応したケースや保護フィルムなどの予約受付を開始

3dd31aa9.png
UNiCASEが新型iPhoneの周辺アイテムを予約受付開始!

既報通り、Apple(アップル)は10日(現地時間)にプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、最新のスマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」を発表した。

この発表にあわせる形で日本時間の11日、CCCフロンティアは、スマートフォンアクセサリーを中心に扱っているネット通販ショップ「UNiCASE(ユニケース)」において、最新のiPhoneシリーズに対応した、周辺アイテムの予約受付を開始した。

UNiCASEのオンラインストアでは、新たにiPhone 11とiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxのカテゴリをオープンし、定番のハードケースから手帳型ケース、ブランドケース、さらにはガラス製のディスプレイ保護フィルムまで、いちはやく多数の商品を揃えており、本日から予約受付を開始している。

続きを読む

Appleが最新プラットフォーム「iOS 13」を9月19日、「iPadOS」を9月30日に提供開始!iPhone 6s以降やiPod touch(第7世代)、iPadの第5世代・Air 2・mini 4以降やPro全機種で無料アップデート可能


AppleがiPhoneやiPod touch向け「iOS 13」とiPad向け「iPadOS」の正式版の提供開始日を案内!

既報通り、Appleは10日(現地時間)、本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ))「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、タブレット「iPad(第7世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」などの新製品や新サービスを発表しました。

発表会では「iOS」や「iPadOS」などの各プラットフォームにはほとんど言及されませんでしたが、公式Webサイトにて今年6月に発表されたiPhoneやiPod touch向け「iOS 13」を9月19日(木)に、iPad向け「iPadOS 13」を9月30日(月)にリリースすると案内しています。なお、iOS 13については日本向けページでも同様に9月19日となっているものの、iPadOS 13については10月1日(火)となっているため、恐らく日本時間の10月1日未明(通常通りなら2時頃)に配信開始されるものと見られます。

対応機種は既存のiOS 12とは異なり、iOS 13では「iPhone 5s」および「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」、「iPod touch(第6世代)」が対象外となり、iPhone 6sシリーズ以降および「iPod touch(第7世代)」で12機種、iPadOSでは「iPad Air」(初代)および「iPad mini 2」、「iPad mini 3」が対象外となり、iPad Air 2以降およびiPad mini 4以降、iPad(第5世代)以降、iPad Pro全機種でそれぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

また同時に発表された新しいスマホであるiPhone 11およびiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MaxにはiOS 13が、iPad(第7世代)にはiPadOS 13がそれぞれプリインストールされていて購入時から利用可能。なお、アップデートに向けてバックアップをしっかりと取っておくことをオススメするほか、いくつかのアプリでは動作確認が取れるまでアップデートを待つように案内しています。

続きを読む

Appleが「iPhone 11・11 Pro・11 Pro Max」や「iPad(第7世代)」、「Apple Watch Series 5」などを発表!値下げされた既存機種も含めてまとめて価格をチェック


iPhone 8やiPhone XRなどは値下げ!iPhone 7やiPad(第6世代)は販売終了に

既報通り、Apple(アップル)は10日(現地時間)、本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、一昨年に発売された“全画面デザイン”の新世代モデル「iPhone X」の流れを汲む新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、タブレット「iPad(第7世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」などの新製品や新サービスを発表しました。

発売日および予約受付開始日は日本を含む1次販売国・地域ではiPhone 11およびiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxが9月20日(金)発売、9月13日(金)21時予約開始、Apple Watch Series 5とiPad(第7世代)がすでにAppleの公式Webストア(Apple.com内および専用iOSアプリ「Apple Store」)では予約販売を開始しており、iPad(第7世代)が9月30日(月)発売、Apple Watch Series 5が9月20日発売となっています。

なお、日本ではiPhone 11およびiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPad(第7世代)やApple Watch Series 5のCellularモデルはApple直営店やApple公式Webストアのほか、NTTドコモやau、SoftBankといった携帯電話会社から販売される予定で、iPad(第7世代)やApple Watch Series 5は量販店やECサイトでも販売されます。また既存の「iPhone XR」や「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、「Apple Watch Series 3」なども値下げされることが発表されました。

そこで今回はこれらの新製品および値下げされた製品についてApple Storeや公式Webストアにおける価格をまとめて紹介したいと思います。なお、新製品の発売に伴ってApple Storeおよび公式Webストアでは「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone 7」、「iPad(第6世代)」、「Apple Watch Series 4」は販売終了しています。

続きを読む

Appleが新スマホ「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」を発表!日本でも9月13日予約開始、9月20日発売で、価格は約8万円から


アップルから新スマホ「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」が登場!

Apple(アップル)は10日(現地時間)、本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、一昨年に発売された“全画面デザイン”の新世代モデル「iPhone X」の流れを汲む新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」を発表しています。

各製品は昨年発売された「iPhone XR」および「iPhone XS」、「iPhone XS Max」とは同様に、iPhone 11がiPhone XRと同じ6.1インチ液晶、iPhone 11 ProがiPhone XやiPhone XSと同じ5.8インチ有機EL、iPhone 11 Pro MaxがiPhone XS Maxと同じ6.5インチ有機ELを搭載したモデルとなっています。

画面はそれぞれiPhone 11が約6.1インチLiquid Retina HD(828×1792ドット)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ(約326ppi)、iPhone 11 Proが約5.8インチSuper Retina XDR(1125×2436ドット)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ(約458ppi)、iPhone 11 Pro Maxが約6.5インチSuper Retina XDR(1242×2688ドット)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ(約458ppi)です。

それぞれiPhone Xと同じくホームボタンを廃止した“ほぼ全画面デザイン”で、指紋認証「Touch ID」には対応せず、顔認証「Face ID」やアニ文字、防水・防塵(IP68準拠)、Apple Pay(FeliCa)、ワイヤレス充電(Qi規格)などには引き続き対応し、新しいチップセット「Apple A13 Bionic」を搭載することで性能を高め、新たにiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxはトリプルリアカメラに対応しました。

またiPhone 11もiPhone XRはシングルリアカメラでしたが、デュアルリアカメラとなっています。内蔵ストレージはiPhone 11が64GBおよび128GB、256GB、iPhone 11 ProおよびiPhone 11 Pro Maxが64GBおよび256GB、512GBとそれぞれ3モデルが用意され、カラーバリエーションはiPhone 11がホワイトおよびブラック、グリーン、イエロー、パープル、(PRODUCT) REDの6色展開、iPhone 11 ProおよびiPhone 11 Pro Maxがスペースグレイおよびシルバー、ミッドナイトグリーン、ゴールドの4色展開。

それぞれ日本を含む初期販売国・地域では2019年9月13日(金)から事前予約受付を開始し、最初に発売される日本を含む国・地域では2019年9月20日(金)に発売されます。価格は米国ではiPhone 11が699ドル(約75,000円)から、iPhone 11 Proが999ドル(約107,000円)から、iPhone 11 Pro Maxが1,099ドル(約118,000円)から。NTTドコモなどの携帯電話会社から販売されるモデルの価格については別途発表がある予定。

日本ではNTTドコモおよびau by KDDI、ソフトバンクモバイルから販売されるほか、直営ストア「Apple Store」や公式Webストア(Apple.com内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にてSIMフリー版も販売され、公式Webストアでは9月13日21時より事前予約が開始されるということです。

なお、日本における公式Webストア(SIMフリー版)での価格(税抜)は別途紹介しているようにiPhone 11の64GBが74,800円、128GBが79,800円、256GBが90,800円、iPhone 11 Proの64GBが106,800円、256GBが122,800円、512GBが144,800円、iPhone 11 Pro Maxの64GBが119,800円、256GBが135,800円、512GBが157,800円。

続きを読む

アップルが2020年春に小型&廉価なスマホを発売か?iPhone 8などと同じ4.7インチ液晶を搭載し、その他の多くは上位機種とほぼ部品を採用。日経が報道


iPhone 8s的なAppleの小型&廉価なスマホが2020年春に登場か?写真はiPhone 8

日本経済新聞は4日、Appleが2020年春にスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズにおいて小型で価格を抑えた新製品を発売することが明らかになったと伝えています。現在、Appleでは2017年11月に発売した「iPhone X」から続く大画面なフルスクリーンモデルを展開していますが、高価なこともって販売台数が落ち込んでいます。

そこで、現行の「iPhone SE」の後継機種として「iPhone 8」や「iPhone 7」、「iPhone 6s」、「iPhone 6」の4.7インチとほぼ同じ画面の大きさで、高価な有機ELではなく、安価な液晶を採用することで価格を抑え、ライバルのサムスン電子が販売している「Galaxy A30」などの競合商品に対抗するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。