S-MAX

iPad

Appleが次期「iPadOS 14」を発表!iPad ProおよびiPad(第5世代)、 iPad Air 2以降、iPad mini 4以降で無料アップデートでき、正式版は今秋に


アップルがスマホなど向け次期プラットフォーム「iPadOS 14」を発表!

Appleは22日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社から開発者向けイベント「WWDC 2020(Worldwide Developers Conference 2020)」の基調講演「Apple Special Event
June 22, 2020」( https://www.apple.com/apple-events/june-2020/ )をオンライン中継にて開催しました。なお、WWDC 2020は現地時間(PDT)の2020年6月22日(月)から6月26日(金)までオンラインにて実施されます。

その中でタブレット「iPad」シリーズ向けのプラットフォーム「iPadOS」の次期バージョン「iPadOS 14」を発表し、同時に発表したスマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 14」の機能にはもちろん対応するほか、さらにiPadOS 14ではiPadに適したデザインとなり、通話への対応やペン入力「Apple Pencil」による新機能で手書きノートをが使いやすくなったりしています。

iPadOS 14もiOS 14と同様に開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定で、アップデート対象機種は現行のiPadOS 13と同様にすべてのiPad ProおよびiPad(第5世代)、 iPad Air 2以降、iPad mini 4以降の15機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっています。

続きを読む

Apple、新タブレット「11インチiPad Pro(第2世代)」と「12.9インチiPad Pro(第4世代)」のApple Care+や保証対象外修理価格を案内


11インチiPad Pro(第2世代)と12.9インチiPad Pro(第3世代)の保証外修理価格をチェック!

既報通り、日本でもNTTドコモやau、SoftBank、Appleから3月25日より順次発売される新しいタブレット「11インチiPad Pro(第2世代)」および「12.9インチiPad Pro(第4世代)」。なお、日本では従来通り、Wi-Fi+CellularモデルはApple(SIMフリー版)やNTTドコモ、au、SoftBankから、Wi-FiモデルはAppleやSoftBank、各家電量販店などから販売されます。

新たに深度測位用のLiDARスキャナーを搭載し、写真やビデオの品質が向上するほか、AR(拡張現実)機能が向上し、新開発のチップセット(SoC)「Apple A12Z Bionic」によってよりパワフルに多くのWindows PCよりも高性能になっているということです。

さらに最新の「iPadOS 13.4」がトラックパッドをサポートし、トラックパッドに対応した新しいiPad Proのために作られた新しいMagic Keyboardも用意され、フローティングデザインやバックライトキーボードにも対応し、さらにPCライクに使えるようになっているとのこと。

価格も以前に紹介した通りですが、購入する上で保証サービス「Apple Care+ for iPad」に入るかどうか選択する必要があり、11インチiPad Pro(第2世代)および12.9インチiPad Pro(第4世代)のApple Care+ for iPadの料金は両機種各モデルともに14,800円(金額はすべて税抜)であることが案内されます。

またAppleの公式WebサイトにはApple Care+ for iPadに加入しなかった場合の保証外時における画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格も公開しています。そこで今回はiPadシリーズにおけるその保証対象外修理価格についてまとめて紹介します。

続きを読む

NTTドコモやau、SoftBankが新しいiPad Pro(11インチ第2世代と12.9インチ第4世代)を3月27日に発売!すでに予約中。価格をまとめて紹介


新しいiPad Pro(11インチ第2世代と12.9インチ第4世代)の価格をまとめてチェック!

既報通り、NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクは19日、新しいタブレット「11インチiPad Pro(第2世代)」および「12.9インチiPad Pro(第4世代)」(ともにApple製)を取り扱うと発表しています。

両製品ともにAppleから3月18日(現地時間)に発表され、Appleでは3月25日(水)に発売し、すでに同社の公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)では予約注文が実施されています。

一方、NTTドコモやau、SoftBankでは3月27日(金)に発売し、予約は3月20日から実施しており、オンラインでは各社の公式Webストアである「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」にて予約できます。

そこで本記事では各社における価格(金額はすべて税込)をまとめて紹介します。なお、NTTドコモおよびauではWi-Fi+Cellularモデルのみ、AppleおよびSoftBankではWi-Fi+CellularモデルおよびWi-Fiモデル、量販店などではWi-Fiモデルのみが取り扱われます。またAppleが販売するWi-Fi+CellularモデルはSIMフリーです。

続きを読む

Appleが「新しいiPad Pro」を発表!12.9インチ(第4世代)と11インチ(第2世代)で、価格は9万3280円から


アップルの新しいiPad Proが発表!12.9インチ(第4世代)と11インチ(第2世代)の2機種

Appleは18日(現地時間)、タブレット「新しいiPad Pro(11インチおよび12.9インチ)」を発表しています。すでに日本を含む世界30カ国と地域で同社の公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)では予約注文が開始されており、来週より店頭で販売されます。

公式Webストアで注文した場合は最短で2020年3月26日(木)のお届けとなるとのこと。また従来通り、NTTドコモやau、SoftBankといった携帯電話会社も取り扱い、3社ともに3月20日(金)より予約を開始し(オンラインでは10時から、店頭では営業開始時間から)、3月27日(金)に発売されます。

価格はAppleの公式Webストアでは「11インチiPad Pro(第2世代)」のWi-Fi版の128GBが税別84,800円(税込93,280円、以降の金額はすべて税別)、256GBが95,800円、512GBが117,800円、1TBが139,800円、Wi-Fi + Cellular版の128GBが101,800円、256GBが112,800円、512GBが134,800円、1TBが156,800円。

また「12.9インチiPad Pro(第4世代)」のWi-Fi版の128GBが104,800円、256GBが115,800円、512GBが137,800円、1TBが159,800円、Wi-Fi + Cellular版の128GBが121,800円、256GBが132,800円、512GBが154,800円、1TBが176,800円。AppleCare+は両機種ともに14,800円。

新しいiPad Pro用の「Magic Keyboard」は11インチiPad Pro(第2世代)向けが31,800円、12.9インチiPad Pro(第4世代)向けが37,800円で、日本語を含む30カ国語の配列が用意。ペン入力「Apple Pencil」は第2世代に対応し、第2世代Apple Pencilは14,500円。

また新しいiPad Pro用の新しいSmart Keyboard Folio(スペースグレイ)も販売され、11インチiPad Pro(第2世代)向けが18,800円、12.9インチiPad Pro(第4世代)向けが20,800円。なお、学生および教職員は教育関係者向け価格が設定されており、11インチiPad Pro(第2世代)が79,800円から、12.9インチiPad Pro(第4世代)が94,800円から。

続きを読む

アップルが「iPad Air (第 3 世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」を提供開始!2019年3〜10月製造の一部で無償修理


iPad Air(第3世代)の一部製品に画面が何も表示できない不具合!対象なら無料修理

Appleは5日(現地時間)、2019年3月に発売されたタブレット「iPad Air(第3世代)」のうちの2019年3月から10月に製造した一部の製品において特定の状況下で画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があることが判明したと案内しています。

これに対して、同社では対象のiPad Air(第3世代)の場合には無料で修理する「iPad Air (第 3 世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」を提供開始しています。なお、同社では画面が真っ黒になる前に画面が一瞬ちらついたり光ったりすることがあるとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。