S-MAX

iPad

Appleがタブレット向け最新プラットフォーム「iPadOS」を前倒しで9月24日(日本時間9月25日)から提供!iPadの第5世代・Air 2・mini 4以降やPro全機種で無料アップデート可能


iPadOSは日本時間9月25日に前倒しでリリース!

Appleは19日(現地時間)、同社のタブレット「iPad」向けプラットフォーム「iPadOS」の正式版を現地時間(EST)の2019年9月24日(火)にリリースすると案内しています。当初は現地時間で9月30日(月)に配信開始するとしていましたが、前倒しとなりました。

対応機種は「iPad Air」(初代)および「iPad mini 2」、「iPad mini 3」が対象外となり、iPad Air 2以降およびiPad mini 4以降、iPad(第5世代)以降、iPad Pro全機種でそれぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

なお、9月30日より順次発売される最新機種「iPad(第7世代)」はiPadOSがプリインストールされています。日本時間(JST)では日本向けWebページにて9月25日(水)と案内されているため、恐らく日本時間の9月25日未明(通常通りなら2時頃)に配信開始されると見られます。

続きを読む

新しいタブレット「iPad(第7世代)」が9月30日より順次発売!NTTドコモやau、SoftBank、Apple、量販店などにおける価格や発売日をまとめて紹介


iPad(第7世代)の価格をまとめてチェック!

既報通り、Appleは10日(現地時間)、新しいタブレット「iPad(第7世代)」を発表しました。すでにApple直営店および公式Webストア(Apple.comおよび専用iOSアプリ「Apple Store」)、量販店、ECサイトなどでは9月11日より予約販売受付を実施しており、発売日は9月30日(月)となっています。なお、量販店やECサイトではWi-Fiモデルのみが販売されています。

一方、NTTドコモおよびau、SoftBankでも9月13日より予約受付を実施しており、SoftBankでは発売日は後日案内となっているものの、NTTドコモでは10月上旬、auでは10月以降となっています。これまで通り、NTTドコモとauではWi-Fi+Cellularモデルのみ、SoftBankではWi-Fi+CellularモデルとWi-Fiモデルの両方が販売されます。

すでにApple直販についての価格は紹介していましたが、本記事では他の販売拠点における価格もまとめて紹介します。なお、保証サービス「AppleCare+ for iPad」はiPad(第7世代)の各製品ともに税抜8,400円(税込9,072円)となっており、iPhone 11シリーズなどで追加された盗難・紛失プランは用意されていません。

なお、価格は各社ともに直販店もしくは公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」におけるものとなっており、量販店では例としてヨドバシ.comのものを掲載しています。

続きを読む

Appleが新タブレット「iPad(第7世代)」を発表!10.2インチに大画面化し、Apple Pencilにも対応。日本でもすでに予約開始し、9月30日発売。価格は3万7584円から


10.2インチになった新タブレット「iPad(第7世代)」が登場!

既報通り、Appleは10日(現地時間)、本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ))「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、タブレット「iPad(第7世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」などの新製品や新サービスを発表しました。

iPad(第7世代)はこれまでの「iPad(第6世代)」の後継機種でペン入力「Apple Pencil」や指紋認証「Touch ID」に対応しつつ、画面が約10.2インチ(2160×1620ドット)IPS液晶「Retinaディスプレイ」(約264ppi)と大きくなりました。またSmart Keyboardにも対応。

日本を含む1次販売国・地域ではすでにAppleの公式Webストア(Apple.com内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にて予約注文が開始され、9月30日(月)に発売されます。価格はアメリカではiPad(第6世代)の発売時と同じくWi-Fi版(32GBストレージモデル)の329ドル(約35,000円)から、学生や学校などの教育向けではWi-Fi版(32GBストレージモデル)の299ドル(約32,000円)から。

日本の公式Webストアにおける価格はWi-Fi版の32GBが34,800円、128GBが44,800円、Wi-Fi+Cellular版(SIMフリー版)の32GBが49,800円、128GBが59,800円となっており、保証サービス「AppleCare+ for iPad」はそれぞれ8,400円となっています(金額はともに税別)。またWi-Fi+Cellular版はNTTドコモやau、SoftBankからも販売され、Wi-Fi版はSoftBankや量販店などでも販売されると見られます。

続きを読む

ヨドバシカメラがタブレット「iPad」シリーズのWi-Fi+Cellularモデル(SIMフリー版)を販売開始!マルチメディアAkiba・梅田の2店舗で。9月16日まで10%ポイント還元


ヨドバシカメラのマルチメディアAkiba・梅田でiPadのSIMフリーモデルが販売開始!

ヨドバシカメラは30日、Apple製品を体験できる「Appleショップ」のあるマルチメディアAkibaとマルチメディア梅田の2店舗にてタブレット「iPad」シリーズの一部製品におけるWi-Fi+Cellularモデル(SIMフリー版)を2019年8月30日(金)9:30より販売すると発表しています。すでにビックカメラとイオンで同様に一部店舗で8月23日より販売開始していますが、ヨドバシカメラも追随します。

取り扱うのは各店舗ともに「12.9インチiPad Pro(第3世代)」および「11インチiPad Pro」、「iPad Air(第3世代)」の3製品。また2019年9月16日(月・祝)までの期間中にゴールドポイントカード・プラスでiPadシリーズのWi-Fi+Cellularモデル(SIMフリー版)を購入すると10%ポイント還元となるということです。

続きを読む

ビックカメラやイオンなどの量販店の一部店舗でタブレット「iPad」(Wi-Fi+Cellularモデル)のSIMフリー版が8月23日から販売!Apple直営以外に販路を拡大


ビックカメラやイオンの一部店舗でiPadWi-Fi+Cellularモデル)のSIMフリー版が取扱開始!

ビックカメラおよびイオンリテールがApple製品を体験できる「Apple Premium Reseller」の一部店舗にてタブレット「iPad」シリーズのWi-Fi+CellularモデルにおけるSIMフリー版を2019年8月23日(金)より販売すると発表しています。取り扱うのは各店舗ともに「12.9インチiPad Pro(第3世代)」および「11インチiPad Pro」、「iPad Air(第3世代)」の3製品。

店舗はビックカメラがビックカメラ有楽町店とビックロ ビックカメラ新宿東口店の2店舗、イオンはNEWCOM レイクタウンKaze店とNEWCOM 沖縄ライカム店、NEWCOM 広島府中店の3店舗。なお、これらのイオン3店舗では新たにイオンリテールが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「イオンモバイル」の取り扱いも開始するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。