S-MAX

iPad

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 14.0.1」や「iPadOS 14.0.1」を提供開始!各種不具合が修正


AppleがiPhoneなど向けiOS 14.0.1とiPadOS 14.0.1をリリース!

Appleは24日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14.0.1(18A393)」および「iPadOS 14.0.1(18A393)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は新機能として追加されたWebブラウザーとメールのデフォルト設定が再起動後にリセットされる可能性がある問題やWi-Fiネットワークに接続できない可能性がある問題、一部のメールプロバイダーでメールが送信できない可能性がある問題、Newsウィジェットで画像が表示されない可能性がある問題などを修正してたとのこと。

またiPhone 7とiPhone 7 Plusでカメラのプレビューが表示されない可能性がある問題にも対応しています。なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

対象機種はiOS 14およびiPadOS 14の対象機種である最新の「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone 11」シリーズを含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。その他、tvOS 14.0.1やwatchOS 7.0.1、macOS Catalina 10.15.7もリリースされています。

続きを読む

NTTドコモやau、ソフトバンクがiPad(第8世代)とApple Watch Series 6・SEを9月23日発売、9月17日予約開始!iPad Air(第4世代)も取扱


docomoやau、SoftBankでもiPad(第8世代)やiPad Air(第4世代)、Apple Watch Series 6、Apple Watch SEが取り扱い!

既報通り、Appleが新しいタブレット「iPad Air(第4世代)」および「iPad(第8世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 6」および「Apple Watch SE」を発表しました。

Appleでは日本を含む1次販売国・地域ではiPad(第8世代)およびApple Watch Series 6、Apple Watch SEが9月18日(金)に発売され、すでに同社の公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)では予約受付を実施しています。またiPad Air(第4世代)は10月発売予定です。

一方、これを受け、NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクは16日、これらのiPad(第8世代)およびApple Watch Series 6、Apple Watch SEを9月23日(水)に発売すると発表しています。また発売に先立って9月17日(木)に予約受付を開始します。予約は各社ともにオンラインでは10時から、店頭では開店時からとなっています。

予約は各社ともにドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップなどのiPad取扱店およびApple Watch取扱店のほか、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」となっており、オンラインで予約して店頭での受け取りにも対応しています。なお、ドコモオンラインショップではiPad(第8世代)が9月20日(日)10時に購入手続きが開始され、9月23日から順次お届け、Apple Watch Series 6およびApple Watch SE(ともにNikeモデル含む)が9月23日10時に購入手続きが開始され、月25日(金)から順次お届けとのこと。

さらに各社ともにiPad Air(第4世代)も10月より販売開始する予定であることを案内しています。なお、NTTドコモやau、SoftBankのiPadシリーズにおけるWi-Fi+Cellularモデルは購入時にはSIMロックがかかっており、SIMロック解除に対応しています。ただし、NTTドコモは条件を満たしていれば購入時からSIMロック解除が行われています。

またiPadシリーズはNTTドコモとauではWi-Fi+Cellularモデルのみ、SoftBankおよびAppleではWi-Fi+CellularモデルとWi-Fiモデル、量販店などではWi-Fiモデルが販売され、Apple WatchシリーズはNTTドコモとau、SoftBankではGPS+Cellularモデルのみ、AppleではGPS+CellularモデルとGPSモデル、量販店などではGPSモデルが販売されます。

続きを読む

iOS 14とiPadOS 14の正式版が提供開始!iPhone 6s以降やiPod touch(第7世代)、iPadの第5世代・Air 2・mini 4以降やPro全機種で無料更新可能


AppleがiOS 14やiPadOS 14、tvOS 14、watchOS 7の正式版をリリース!

Appleは16日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 14(18A373)」および「iPadOS 14(18A373)」を提供開始したとお知らせしています。

アップデートは各製品ともに本体のみでネットワーク経由によるOTA(On-The-Air)でダウンロードして行え、やり方としては「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えるほか、WindowsおよびMacのパソコン(PC)を用いて各製品をUSB-Lightningケーブルで接続してiTunesによっても行えます。

対象機種はiOS 13およびiPadOS 13と同様にiOS 14がiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPadOS 14がiPad(第5世代)およびiPad Air 2以降、iPad mini 4以降、iPad Proシリーズで、各製品にて無料でアップデート可能となっています。

なお、アップデートに向けてバックアップをしっかりと取っておくことをオススメするほか、いくつかのアプリでは動作確認が取れるまでアップデートを待つように案内しています。その他にもApple TV向け「tvOS 14(18J386)」とApple Watch向け「watchOS 7(18R386)」、開発環境「Xcode 12(12A709)」の正式版もリリースされています。また手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

Apple、10.9インチタブレット「iPad Air(第4世代)」を発表!全画面デザインで、側面Touch IDやUSB Type-C、A14など。価格は6万9080円から


10.9インチタブレット「Apple iPad Air(第4世代)」が登場!

Appleは15日(現地時間)、オンライン発表会「Apple Events - September 2020」を開催し、新たに全画面デザインに刷新された10.9インチタブレット「iPad Air(第4世代)」を発表しています。発売時期は日本を含む1次販売国・地域では2020年10月を予定し、価格はアメリカでは599ドル(約63,000円)から。

日本でもAppleの公式Webストア(Apple.com内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にて価格が案内されており、Wi-Fi版の64GBが税抜62,800円(税込69,080円)、256GBが税抜79,800円(税込87,780円)、Wi-Fi+Cellular版(SIMフリー版)の64GBが税抜77,800円(税込85,580円)、256GBが税抜94,800円(税込104,280円)となっています。

また保証サービス「AppleCare+ for iPad」はそれぞれ税抜8,400円(税込9,240円)となっています。またWi-Fi+Cellular版はNTTドコモやau、SoftBankからも販売され、Wi-Fi版はSoftBankや量販店などでも販売されると見られます。

続きを読む

Apple、10.2インチタブレット「iPad(第8世代)」を発表!9月18日発売で予約販売中。SoCがA12に強化され、据置価格の3万8280円から


新しい10.2インチタブレット「Apple iPad(第8世代)」が登場!

Appleは15日(現地時間)、オンライン発表会「Apple Events - September 2020」を開催し、新たに10.2インチタブレット「iPad(第8世代)」を発表しています。日本を含む1次販売国・地域ではすでにAppleの公式Webストア(Apple.com内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にて予約注文が開始され、2020年9月18日(金)に発売されます。

iPad(第8世代)はこれまでの「iPad(第7世代)」の後継機種で、同様に約10.2インチ(2160×1620ドット)IPS液晶「Retinaディスプレイ」(約264ppi)を搭載し、ペン入力「Apple Pencil」や指紋認証「Touch ID」、専用キーボード「Smart Keyboard」に対応しつつ、新たにチップセット(SoC)が「Apple A10 Fusion」から「Apple A12 Bionic」にパワーアップしました。

価格はアメリカではiPad(第7世代)や「iPad(第6世代)」の発売時と同じくWi-Fi版(32GBストレージモデル)の329ドル(約35,000円)から、学生や学校などの教育向けではWi-Fi版(32GBストレージモデル)の279ドル(約29,000円)から。

日本の公式Webストアにおける価格はWi-Fi版の32GBが税抜34,800円(税込38,280円)、128GBが税抜44,800円(税込49,280円)、Wi-Fi+Cellular版(SIMフリー版)の32GBが税抜49,800円(税込54,780円)、128GBが税抜59,800円(税込65,780円)となっています。

また保証サービス「AppleCare+ for iPad」はそれぞれ税抜8,400円(税込9,240円)となっています。またWi-Fi+Cellular版はNTTドコモやau、SoftBankからも販売され、Wi-Fi版はSoftBankや量販店などでも販売されると見られます。なお、現時点でAppleの公式Webストアでは9月18日以降のお届けとなるということです。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。