S-MAX

iPad

アマゾンにてビッグセール「プライムデー」がスタート!7月16日までの48時間にiPad(第6世代)などの百万点以上の対象商品が割引販売。d払いならさらに20%還元も


Amazon.co.jpにて「プライムデー」が実施中!d払いでさらに20%還元

アマゾン ジャパンが運営する総合オンラインストア「Amazon.co.jp」( https://www.amazon.co.jp )にて有料会員サービス「Amazonプライム」に加入している人を対象にしたビッグセール「プライムデー」( http://www.amazon.co.jp/primeday )を2019年7月15日(月・祝)0時から7月16日(火)23時59分まで開催しています。

今年のプライムデーは過去最長の48時間に渡って実施され、 FireタブレットやFire TVシリーズ、Amazon EchoシリーズなどのAmazonデバイスを含む世界で百万点以上のセール商品が時間限定で登場するほか、プライムデーの限定商品やプライムデーで初めて実施するエンターテイメントが企画されています。

モバイル関連ではスマートフォン(スマホ)などの周辺機器を扱うAnkerがさまざまな商品のセールを行っているほか、HUAWEI P30やROG Phoneなどのスマートフォン(スマホ)、iPad(第6世代)やLenovo TAB4 8 Plusなどのタブレット、Surface GoやSurface Pro 6などのモバイルパソコン(PC)などが対象となっています。

また「d払い20%還元キャンペーン」を利用すればさらにdポイントで20%還元され、例えば、iPad(第6世代)のWi-Fiモデルの32GBならApple.comなどの直販では40,824円のところプライムデーで14%OFFの34,980円となり、Amazonポイントが388ポイント付与され、さらにd払いで支払えば20%分の6,996ポイントが還元されて27,596円相当となります。

続きを読む

アップルのタブレット「iPad」シリーズの新製品と見られる未発表の型番(A2197・A2228とA2068・A2198・A2230)がEEC認証を通過!10.2インチや10.5インチなどか


未発表のiPadシリーズの型番がEEC通過!画像はiPadOSで導入されるダークモード

ロシアやカザフスタン、ベラルーシなどのユーラシア経済連合の管理組織であるユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission;EEC)は10日(現地時間)、Apple製タブレット「iPad」シリーズにおける未発表の型番「A2197」および「A2228」(Notification number: RU0000043541)と「A2068」および「A2198」、「A2230」(Notification number: RU0000043542)が認証を取得したことを公開しています。

製品の詳細は不明ながら次期プラットフォーム「iPadOS」(iPadOS 13)を搭載していることが示されていることからiPadシリーズの次期製品と見られ、現在販売されている「iPad(第6世代)」の後継機種となる10.2インチサイズの「iPad(第7世代)」(仮称)や10.5インチサイズのiPadもしくはiPad Proなどになるのではないかと噂されています。

続きを読む

Apple、タブレット向け次期プラットフォーム「iPadOS」を発表!初代Airやmini 2・3は対象外に。第5世代・Air 2・mini 4以降やPro全機種で無料アップデートでき、正式版は今秋に


アップルがタブレット向け次期プラットフォーム「iPadOS」を発表!

既報通り、Appleは3日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにて2019年6月3日(月)から6月7日(金)まで開催される開発者向けイベント「WWDC 2019(Worldwide Developers Conference 2019)」の基調講演を実施し、新たに同社のタブレット「iPad」シリーズ向けプラットフォームを「iPadOS」としてリリースすると発表しています。

これまではスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズやポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズとともにプラットフォーム「iOS」を搭載していたiPadシリーズですが、iPhoneなど向けの次期バージョン「iOS 13」に合わせて分離されます。

iPadOSはホームにウィジェットを追加できたり、USBメモリーやSDカードなどの外部ストレージに直接アクセスできたり、Webブラウザー「Safari」にてMacと同等のデスクトップクラスの表示ができたり、カスタムフォントを追加できたり、Apple Pencilの応答速度が20msから9msに短縮されたり、より複雑ながら覚えれば短縮できる操作方法が導入されたりします。

iOS 13と同様にすでに開発者向けベータ版が同日から提供開始されており、一般ユーザー向けベータ版が今月終わり頃から、正式版は今秋に提供予定。アップデート対象機種はiOS 12と比べると「iPad Air」(初代)および「iPad mini 2」、「iPad mini 3」が対象外となり、iPad Air 2以降およびiPad mini 4以降、iPad(第5世代)以降、iPad Pro全機種です。

続きを読む

アップルのペン入力に対応した新タブレット「iPad mini(第5世代)」と「iPad Air(第3世代)」がiFixitによって分解!RAMや電池容量などのスペックが判明


新タブレット「Apple iPad mini 5」が分解でより詳細な仕様が判明!

日本を含む1次販売国・地域で3月末に発売された最新タブレット「iPad mini(第5世代)」および「iPad Air(第3世代)」。発売直後の恒例とも言えるiFixitなどの修理業者を中心に分解が行われており、内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされています。

iPad mini(第5世代)は従来までの「iPad mini」シリーズと同様に7.9インチサイズで、画面の下中央にホームボタンを搭載したクラシックデザインのタブレットとなっており、スペックアップ以外にも新たにペン入力「Apple Pencil」に対応しました。

一方、iPad Air 3は従来までの「iPad Air」シリーズの9.7インチではなく10.5インチサイズですが、ホームボタンを搭載したクラシックデザインは継承しつつ、スペックアップとApple Pencil対応となりました。今回、分解したことによってAppleが公開していないスペックが判明しているので紹介しつつ、過去の製品と比較したいと思います。

続きを読む

アップル、新タブレット「iPad mini(第5世代)」と「iPad Air(第3世代)」を本日3月28日に販売開始!NTTドコモやau、SoftBankは3月30日に発売


タブレット「iPad mini(第5世代)」と「iPad Air(第3世代)」が発売!

Appleは28日、新しいタブレット「iPad mini(第5世代)」(以下、iPad mini 5)および「iPad Air(第3世代)」(以下、iPad Air 3)を直営店「App Store」にて販売開始しています。同社公式Webサイト内および公式iOS向けアプリ「Apple Store」で購入した場合のお届け予定日は3月30日(土)でしたが、店舗ではやや早めの発売となりました。

またすでにNTTドコモでは案内されていましたが、au(KDDIおよび沖縄セルラー電話)やSoftBank(ソフトバンク)でも同様に3月30日に発売すると発表しています。販売拠点は各キャリアショップや量販店などのiPad取扱店、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」となっています。

なお、ドコモオンラインショップにおいては3月30日10時より購入手続きが開始され、お届けは4月1日(月)以降になるとのこと。その他、Appleが販売するWi-Fi+CellularモデルはSIMフリー版となっていますが、携帯電話各社では購入時にSIMロックがかかっており、SIMロック解除に対応しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。