S-MAX

Android

Google、スマホなど向け次期OS「Android 11」のベータ版第3弾を公開!位置情報オフで接触確認アプリが利用可能に。正式版は数週間後に


GoogleがAndroid 11 Beta 3をリリース!正式版は数週間後に

Googleは6日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 11」における一般向けベータ版第3弾「Android 11 Beta 3」を公開したとお知らせしています。すでに同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズにおける「Pixel 2」以降で利用可能です。

対象のPixel製品では一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )にアクセスし、対象製品をAndroid Beta Programに登録すれば、通常のソフトウェア更新と同様にネットワーク経由でアップデート(OTA)ができます。なお、Pixelシリーズ以外の他のメーカーの製品についても順次配信されるようになる見込み。

Android 11 Beta 3はPixel製品ではビルド番号が「RPB3.200720.005」となっており、Pixel製品以外でもAndroidエミュレーターでも試せます。またAndroidセキュリティーパッチレベルは「2020年8月5日」になり、Google Play servicesも「20.24.14」となっていいます。なお、APIレベルはAndroid 11 Beta 1と同様に正式版の「API 30」。

なお、Android 11 Beta 3では正式版のリリース前のRC(Release candidate)版となっており、正式版に向けた最終仕上げとして最後のプレビュー版となり、数週間後には正式版をリリースするとしているため、8月下旬から9月中旬になりそうです。

続きを読む

Google、Androidにて新たなファイル共有機能「Nearby Share」を発表!まずはPixelとGalaxyにて順次利用可能に。今後はChromebookも対応へ


新しい画像やURLなどを共有できるAndroid向け機能「Nearby Share」が発表!

Googleは4日(現地時間)、Android向けに近くにいる人と画像やURLなどを簡単に共有できる機能「Nearby Share」を提供すると発表しています対応OSはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)以降で、特にアプリなどをインストールする必要はなく、近い将来には「Chromebook」との連携もできるようになるとのこと。

いわゆるiPhoneなどにおける「AirDrop」と同等の機能で、BluetoothやWebRTC、P2Pの無線LAN(Wi-Fi)などを利用して近くにいるAndroidを使っている人同士で手軽に共有ができるようになります。ファイルやWebページなどにて「共有」ボタンを押すと、共有できる人(機器)が表示されるので選ぶだけで共有できます。

まずはPixelシリーズとGalaxyシリーズにて順次利用できるようになっているとのことで、今後数週間かけてメーカーと協力してAndroidを搭載する製品で利用できるようにしていくとしています。なお、Galaxyシリーズでは新たに発表された「Galaxy Note20」シリーズがUWBを搭載してより詳細な位置情報をNearby Shareで使えると紹介していました。

続きを読む

Samsung、新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold2」を発表!外観や主な特徴が紹介され、詳細は9月1日に明らかに。Thom Browneも用意


新しいフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold2」が登場!今秋以降に発売へ

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は5日(現地時間)、オンラインにて新製品発表イベント「Galaxy Unpacked August 5, 2020」を開催し、新しいフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold2」を発表しています。Galaxy Z Fold2は次世代のフォルダブルスマホで、外観や大まかな仕様が公開されたほか、詳細は2020年9月1日(火)に発表するということです。

5G対応モデルも用意され、本体カラーはMystic BronzeおよびMystic Blackの2色展開のほか、ファッションブランド「Thom Browne」と「Galaxy Z Flip」に続いてコラボレーションしたモデルも用意されることが紹介されました。

なお、Galaxy Z Fold2 Thom Browne Editionはオリジナルパッケージとなっており、スマートウォッチ「Galaxy Watch 3」や完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」のThom Browneモデルが同梱されます。

続きを読む

Samsung、新プレミアムスマホ「Galaxy Note20」と「Galaxy Note20 Ultra」を発表!6.7型と6.9型。Sペンの応答速度向上やUWB対応など


サムスン電子が新スマホ「Galaxy Note20」と「Galaxy Note20 Ultra」を発表!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は5日(現地時間)、オンラインにて新製品発表イベント「Galaxy Unpacked August 5, 2020」を開催し、新しいプレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note20(型番:SM-N980**」および「Galaxy Note20 Ultra(型番:SM-N985**)」を発表しています。またそれぞれ5G対応モデル「Galaxy Note20 5G(型番:SM-N981**)」および「Galaxy Note20 Ultra(型番:SM-N986**)」も用意されています。

Galaxy Note20およびGalaxy Note20 Ultraは各種性能が向上しているほか、新たにペン入力「Sペン」の応答速度も9msとApple Pencilと同等となり、ペン先の動きをAI(人工知能)で予測してさらに紙に描くのに近づいたということです。なお、主な違いはディスプレイやカメラ、バッテリー容量などとなっています。

海外では2020年8月21日(金)に発売され、発売に先立って8月6日(木)より予約受付を実施します。価格はアメリカではGalaxy Note20が999ドル(約106,000円)から、Galaxy Note20 Ultraが1,299ドル(約137,000円)から。なお、昨年のGalaxy Note10シリーズは「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」でしたが、今回は「+」モデルはなく、代わりに「Ultra」モデルとなっています。

現時点で日本での発売については明らかにされていませんが、これまでもGalaxy Noteシリーズはほぼ毎年発売されてきましたし、すでに日本語ページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-note20/ )もあることから何かしらの形で発売される可能性は高いのではないかと期待され、過去の例から鑑みるとNTTドコモとauからというのが有力かと思われます。

続きを読む

Microsoftの折りたたみ型2画面Androidスマホ「Surface Duo」となる型番「1930」が技適通過!日本でも発売へ


折りたたみ型2画面Androidスマホ「Microsoft Surface Duo」が日本でも発売へ!技適を取得

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにMicrosoftが「1930」(認証番号:003-200082)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年6月15日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

このMicrosoftの1930はモデル名で、これまでに米連邦通信委員会(FCC)やBluetooth SIGなどの複数の認証機関を通過しており、Bluetooth SIGが公開している認証情報によって同社が昨年発表した折りたたみ型2画面Androidスマートフォン(スマホ)「Surface Duo」であることが判明しています。

これにより、MicrosoftがSurface Duoを日本で発売する準備をしていることが明らかとなりました。なお、Surface Duoは2020年末までに発売する計画で、FCCの非公開資料の公開期限が2020年10月29日となっているため、海外ではこの時期までに発売されるのではないかと予想されています。

また最近では同社のデバイスグループCPOのPanos Panay氏が実際に生活の中でSurface Duoを利用しているところを自身のTwitterアカウントに投稿しており、Surface Duoの正式発表や発売が近いと思わせる様子も伺えます。正式発表が楽しみですね!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。