S-MAX

Android

新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 40・Mate 40 Pro・Mate 40 Pro+」や「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 40 RS」を発表!Kirin 9000搭載


HUAWEI Mate 40・Mate 40 Pro・Mate 40 Pro+・Mate 40 RSが登場!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は22日(現地時間)、オンライン発表会「Leap Further Ahead」を開催し、新たに次期プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 40」および「HUAWEI Mate 40 Pro」、「HUAWEI Mate 40 Pro+」、「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 40 RS」などを発表しています。各機種ともに発売日は案内されませんでしたが、今秋より順次グローバル市場にて販売されます。

価格は欧州ではHUAWEI Mate 40(8GB RAM+128GBストレージ)が899ユーロ(約111,000円)、HUAWEI Mate 40 Pro(8GB RAM+256GBストレージ)が1,199ユーロ(約149,000円)、HUAWEI Mate 40 Pro+(12GB RAM+256GBストレージ)が1,399ユーロ(約173,000円)、HUAWEI Mate 40 RS(12GB RAM+512GBストレージ)が2,295ユーロ(約284,000円)となっています。

現時点では日本における販売については明らかにされていませんが、昨年の「HUAWEI Mate 30」シリーズも「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」が発売されましたし、何らかのモデルが投入される可能性はありそうなので期待したいところです。なお、各機種ともにGoogle PayストアやGmailなどのGMSには非対応で、HUAWEI AppGalleryやHMSに対応しています。

続きを読む

Sony、5Gのミリ波にも対応したプロ向けプレミアムスマホ「Xperia PRO」の詳細を公開!アメリカでは近く発売に


5Gのミリ波に対応したプロ向けスマホ「Sony Xperia PRO」がいよいよ発売へ!

既報通り、ソニーが今年2月に5G NR方式におけるSub6およびミリ波(mmWave)に対応したプロ向けプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia PRO(エクスペリア プロ)」(Sony Mobile Communication製)を開発していると発表しました。

当初は発売時期や販売国・地域は未定としていましたが、同社のアメリカ向け公式Webサイトにて詳細な製品情報を公開し、近く発売することを案内しています。現時点では日本での販売は明らかにされていませんが、日本でもミリ波に対応したサービスが開始されており、発売が期待されます。

続きを読む

Huawei、次期プレミアムスマホ「Mate40」シリーズの発表会を10月22日にオンラインで開催!日本時間21時から


次期プレミアムスマホ「HUAWEI Mate40」シリーズが10月22日に発表へ!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は9日(現地時間)、次期プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate40」シリーズの発表会を現地時間(CEST)2020年10月22日(木)14:00から開催するとお知らせしています。発表会はオンラインで行われ、インターネット経由での配信されるとのこと。

テーマは「Leap Further Ahead(さらなる飛躍)」。すでにHUAWEI Mate40シリーズは各種認証を通過しており、ベースモデル「HUAWEI Mate40」の他に上位モデル「HUAWEI Mate40 Pro」や最上位モデル「HUAWEI Mate40 Pro+」が存在することが明らかとなっており、これらの製品が発表される見込み。

なお、同社ではアメリカの制裁を受けている「ファーウェイ問題」によってAndroid搭載のスマホなどの製品にアプリ配信マーケット「Google Playストア」やGmailなどのGMS(Google Mobile Service)を搭載できな状態となっているものの、グローバル向けにも案内しているため、従来通りにHUAWEI Mate40シリーズもグローバル展開するものと見られます。

続きを読む

オッポジャパンが「オウガ・ジャパン」に社名を変更!事業規模を拡大のため。OPPOブランドは継続もOnePlusやrealmeの製品投入を期待


OPPOの日本法人の社名がオウガ・ジャパンに変更!OnePlusやrealmeを展開か

オウガ・ジャパンは9日、さらなる発展を期すために社名を「オッポジャパン株式会社(英字表記:OPPO Japan)」から「オウガ・ジャパン株式会社(英字表記:Oga Japan)」に2020年10月8日(木)に変更したと発表しています。

同社では社名変更の理由として「2021年以降より事業規模を拡大するため」としているものの、具体的には現時点でどういった事業拡大を行うかは回答を控えるとのこと。また日本で「OPPO」ブランドは継続していくという。

新しい社名の由来として日本語の「謳歌」として「幸せを喜び合う」や「存分に楽しんでいる様子をあらわす」という意味を持つため、こうした意味とともに「一度聞けば耳に残る社名」だと説明しています。

続きを読む

5G対応の6.1型シネマワイドディスプレイ搭載フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」を写真で紹介!auとSoftBankでは10月17日発売【レポート】


au向け新フラッグシップスマホ「Xperia 5 II SOG02」を写真で紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け「2020年秋冬モデル」として5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II SOG02」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2020年10月17日(土)に発売する。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(金額はすべて税込)は109,425円。また「かえトクプログラム」を利用すると残価45,600円が免除され、実質負担額は2,775円/月×23回(総額63,825円)となる。

さらにXperia 5 II SOG02を2020年11月30日(月)までに購入してキャンペーンWebページ( https://www.sonymobile.co.jp/campaign/au_aupay_2020autumn/ )から応募した人全員にもれなく「au PAY」残高に3,000円(不課税)相当をキャッシュバック(チャージ)するのに加え、ゲーム「Call of Duty : Mobile」で利用可能なゲーム内通貨を10,000円(不課税)相当をプレゼントするキャンペーンをソニーマーケティングが実施する。

Xperia 5 IIは日本ではau以外にもSoftBankからも「Xperia 5 II」が同じく10月17日に発売され、恐らく今後、NTTドコモからも取り扱いが発表されるのではないかと思われる。そこで今回は9月25日にコンセプトショップ「GINZA 456 created by KDDI」にて行われた内覧会および新製品タッチ&トライイベントでXperia 5 II SOG02を試してきたので外観を中心に写真を交えて紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。