S-MAX

Android

暗い場所でもキレイに撮れる!トリンドル玲奈さんが「Galaxy Cafe」で最新スマホ「Galaxy S7 edge」のカメラ機能を紹介【レポート】

01
Galaxy Cafeにトリンドル玲奈さんが来店!Galaxy S7 edgeのカメラ機能を紹介

サムスン電子ジャパンは17日、同社が7月14日(木)から8月3日(水)の期間限定でオープンしている「Galaxy Cafe」(東京・渋谷区 渋谷ロフト2階・渋谷シティラウンジ)にて女性ファッション誌「ViVi」とコラボレーションした「Galaxy S7 edge × ViVi スペシャルトークイベント」を開催した。

Galaxy Cafeはすでに紹介しているようにハワイを渋谷に居ながらにして体験できるVR(ヴァーチャルリアリティー)カフェだ。ゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Gear VR」による映像体験やVR付きのフードメニュー「スペシャルアサイーボウル」も用意され、店内には最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」や全天球カメラ「Gear 360」の体験コーナーもある。

このイベントにゲストとして登壇したモデルのトリンドル玲奈さんは、抽選で選ばれたViVi読者30人を前にGalaxy S7 edgeでの撮影風景を披露。今回はそんなトリンドル麗奈さんのトークセッションを中心に、この日紹介されたGalaxy S7 edgeの特長、中でも世界初のデジタル一眼カメラの技術を採用したというカメラについて紹介していく。

続きを読む

VR映像つきスペシャルアサイーボウルが食べられる!一足お先に渋谷でハワイの夏休み体験ができる期間限定カフェ「Galaxy Cafe」を紹介【レポート】

渋谷にVR体験ができるカフェ「Galaxy Cafe」が期間限定オープン!

既報通り。サムスン電子ジャパンは2016年7月14日(木)から8月3日(水)までの期間限定で、東京・渋谷区の渋谷シティラウンジ(渋谷ロフト2F)に夏休みを先取りする形でハワイをテーマとした「Galaxy Cafe」をオープンしている。

Galaxy Cafeは、最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」とゴーグル型ディスプレイ(HMD)「Gear VR」でVR(ヴァーチャルリアリティー)体験ができ、同社がVR体験型カフェを運営するのは初の試み。店内には7月15日に発売されたばかりの全天球カメラ「Galaxy Gear 360」の体験ブースも用意されている。

そして、Galaxy Cafeの目玉としてGear VR体験付きの「スペシャルアサイーボウル」(900円)が提供されている。今回はそんなGalaxy Cafeで体験できるハワイのVR映像を中心に店内の様子を紹介する。

続きを読む

全天球360°の静止画と動画が撮影できる「Galaxy Gear 360」は思い出を平面ではなく空間で残せる次世代カメラ?!日本でも4万円台後半で販売中【レポート】

Gear 360の登場でGear VR用コンテンツが誰でも作れる!

既報通り、サムスン電子ジャパンは14日、デュアルレンズを搭載する360°撮影が可能なカメラ「Galaxy Gear 360」(以下、Gear 360)を2016年7月15日(金)に発売することを発表した。

すでに紹介した新製品となるオリンピックをモチーフにした2016台限定モデル「Galaxy S7 edge Olympic Games Edition」の発表と併せてGear 360の記者発表も行われた。

同社では「Gear VR」によるバーチャルリアリティー(VR)体験を推し進め、Facebookとの連携によってVRは見るだけではなく、より現実に近い360°の静止画や動画をGear 360で作る楽しさも共有したいという狙いがあるとのことだった。

今回は、同社 プロダクト担当の糸櫻幹雄氏によるプレゼンテーションをもとに、Gear 360で写真や動画はどう変わるのかについて紹介していく。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android 7.0 Nougat」の開発者向け最終プレビュー版を公開!次はいよいよ正式版に


Googleがスマホなど向け次期OS「Android 7.0 Nougat」の開発者向けプレビュー最終版をリリース!

Googleは18日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」における開発者向けプレビュー版「Android N Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )の最終版「Android N Developer Preview 5」(以下、DP5)を公開したとお知らせしています。

同社では今年3月にAndroid N Developer Previewの第1弾となるAndroid N Developer Preview 1(初リリースのα版)を公開し、その後も4月(Preview 2・増分更新β版)と5月(Preview 3・増分更新β版)、6月にPreview 4(最終API・SDK)をリリースしていました。

予定では7月(Preview 5・最終プレビュー版の最も正式版に近いシステムイメージ)となっていたため、順調に配信開始されたことになります。今後は今年の晩夏(8〜9月)に正式版がリリースされる予定です。

なお、Android Nの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Nexus 6およびNexus 5X、Nexus 6P、Nexus 9、Nexus Player、Pixel C、Android One(General Mobile 4G)、Xperia Z3(D6603およびD6653)で利用でき、ビルド番号は「NPD90G」でx86とARM(32・64bit)がサポートされています。

続きを読む

オリンピックをモチーフにした2016台の限定スマホ「Galaxy S7 edge Olympic Games Edition SCV33」とウェアラブルイヤホン「Gear IconX」を写真と動画で紹介【レポート】

Galaxy S7 edgeをベースに、オリンピックをモチーフとした限定モデルが登場

既報通り、サムスン電子ジャパンは14日、au向け最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge(型番:SCV33)」(Samsung Electronics製)をベースに、オリンピックをモチーフとした「Olympic Games Edition」をKDDIおよび沖縄セルラーから2016年7月19日(火)に2016年リオ・オリンピック開催に合わせて2016台販売することを発表した。

販売はau公式Webストア「au Online Shop」で行われ、すでに同日14日正午より事前予約受付が実施されている。本稿執筆時点ではまだ予約が受け付けられており、キャンセル待ちの可能性もあるが、まだ2016台には達していないようだ。

このモデルは日本のほか、オリンピックの開催国のブラジルやアメリカ、中国、ドイツ、韓国の6カ国で発売されるが、日本市場向けのみ完全コードレスなウェアラブルイヤホン「Gear IconX」が同梱。価格(税込)は本体価格が122,040円で、実質72,360円からとなっている。

今回は同日に行われた新製品発表会におけるGalaxy S7 edge Olympic Games EditionやGear IconXの外観などを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

運転中でもAndroidアプリが使いやすい車載向け「Android Auto」を日本でも提供開始!発表会で紹介されたGoogleマップやGoogle Play Music、AWAなどの使い勝手をチェック【レポート】

スマートフォン(スマホ)が本格的なカーナビに!グーグルの「Android Auto」が日本でスタート

既報通り、Google Japan(以下、グーグル)は13日、都内にて車載向けソフトウェア「Android Auto」の日本国内での提供を開始に合わせて記者発表会を開催し、その概要を説明した。

Android Autoは、対応するカーナビや自動車にAndroid 5.0(開発コード名;Lollipop)以上を搭載したスマートフォン(スマホ)やタブレットをUSBケーブルで接続し、GoogleマップなどのAndroid Autoに対応するアプリをカーナビ上からコントロール可能とする。

また、音楽配信サービス「Google Play Music」や「AWA」などのアプリもAndroid Autoに対応しており、多彩なジャンルの音楽がスマホなどを接続するだけで楽しめる。

このようにAndroid Autoは、普段使っているAndroidスマホなどを利用するため、常に最新の機能や地図データを更新できるGoogleマップや個別に楽曲データの準備などがいらない音楽配信サービスを簡単に自動車に持ち込める点がメリットだ。

今回は発表会でのAndroid Autoのデモンストレーションを中心に紹介していく。

続きを読む

Samsung、ペン入力に対応した次期大型スマホ「Galaxy Note7」を8月2日に発表すると正式予告!S7やS7 edgeに合わせて6を飛ばして7にーー発表会はライブ中継も実施


Samsungが次期スマホ「Galaxy Note7」を8月2日に発表へ!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は13日(現地時間)、ペン入力「Sペン」に対応したスマートフォン(スマホ)およびタブレット「Galaxy Note」シリーズの次期スマホ「Galaxy Note7」を2016年8月2日(火)に発表するとお知らせしています。

発表会「Samsung Galaxy Note Unpacked 2016」がアメリカ・ニューヨークにて同日11時(EDT)から実施され、同時にブラジル・リオデジャネイロで同日12時から、イギリス・ロンドンにて同日16時からも行われるほか、インターネット経由によるライブ中継も実施されます。なお、日本時間(JST)では2016年8月3日(水)0時から。

続きを読む

DellがAndroidスマホに続いてAndroidタブレットからも撤退!今後はWindows 10を搭載した2in1パソコンに注力


ゼロから始めるスマートフォン

DellがAndroidタブレット市場から撤退することを発表しています。同社コマーシャルクライアントソリューションズ担当副社長兼ジェネラルマネージャーのKirl Schell氏が公式Webサイトで現地時間の2016年5月16日付で公開した文章にて明らかになっています。

ただし、該当文書ではいわゆる専用のキーボードが用意されないスレート(板)型の"ピュアタブレット"から撤退するとのみ示されており、これに対し、CNETがDell担当者に確認したところ「Androidベースのタブレット製品Venueを終了することにした」と伝えています。

なお、Dellは2012年にAndroidスマートフォン(スマホ)からも撤退しており、今回、Androidタブレット「Venue」シリーズの開発・販売からの撤退を決定したことで、今後はWindowsを中心とした2in1製品に注力していくということです。

続きを読む

ASUSが大容量バッテリーを搭載した「ZenFone 3 Max」と第2世代レーザーAFに対応した「ZenFone 3 Laser」のスマホ2機種を発表!ベトナムの発表会「Zenvolution」にて


ASUSが新スマホ「ZenFone 3 Max」と「ZenFone 3 Laser」を発表!

ASUSTeK Comuputerは14日(現地時間)、ベトナムにて現地法人のASUS Technology (vietnam)が発表会「Zenvolution」を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3」シリーズ3機種のほか、新たに大容量バッテリーを搭載したモデル「ZenFone 3 Max」および第2世代のレーザーオートフォーカス(AF)に対応した「ZenFone 3 Laser」の2機種を発表しています。

ともに現地ベトナムにて今夏以降に発売され、ZenFone 3 Maxが4,490,000ベトナムドン(約21,000円)から、ZenFone 3 Laserが5,490,000ベトナムドン(約28,000円)からとなっています。

なお、現時点で日本での発売については明らかにされていませんが、ZenFone 2世代の「ZenFone Max」や「ZenFone 2 Laser」は日本でも販売されているので可能性はありそうです。

続きを読む

ASUSが台湾で発表会「Zenvolution」を開催!台湾向け「ZenFone 3」シリーズのほか、タブレット「ZenPad 3S 10」やノートPC「Transformer 3 Pro」を正式発表【レポート】


shimajiro@mobiler

既報通り、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は12日(現地時間)、台湾・台北で開催された最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3」シリーズなどの報道関係者向けイベント「Zenvolution」を開催した。

今年6月に「Computex Taipei 2016」に合わせて開催したイベントにて発表されていた5.5インチの「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」および5.7インチの上位モデル「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」、6.8インチの大型モデル「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」、ノートパソコン「Transformer 3 Pro」のほか、新たに5.2インチの「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」やAndroidタブレット「ZenPad 3S 10」が発表され、さらにZenFone 3 Deluxeも最新チップセット「Snapdragon 821」を搭載したモデルが披露された。

今回はこのイベントに参加したのでプレゼンテーションの様子を中心に写真でレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。