S-MAX

Android

Google、スマホなど向けOS「Android」の2017年12月度のセキュリティーパッチを提供開始!署名済みアプリに悪意のコードを埋め込めてしまう脆弱性「Janus」などが修正


Androidのバグを悪用することで署名済みアプリに悪意のコードを埋め込めてしまう脆弱性が修正!

Googleは4日(現地時間)、同社が開発するスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」における2017年12月度のセキュリティーパッチを提供開始したとお知らせしています。

すでにAndroidのオープンソース版「AOSP(Android Open Source Project)」のほか、Googleブランドの「Nexus 6P」や「Nexus 5X」、「Nexus Player」、「Pixel」シリーズ向けには順次OTAも配信開始されおり、ファクトリーイメージも公開されています。

これにより、40件の脆弱性が修正され、その中には署名済みの信頼できるアプリに悪意のあるコードを埋め込める脆弱性、通称「Janus」が含まれていました。Janusは、今回修正された脆弱性の中でも一番タチが悪く、非常に大きなセキュリティーインシデントを発生させる原因となるものでした。

続きを読む

次の10億ユーザーの獲得をめざす軽量版Android「Oreo Go edition」の対応にMediaTekとQualcommが動き出した!正式サポートで、iPhoneを買えないユーザーを狙い撃ち


新興国など向け低性能版「Android Go」の8.1 Oreo対応へMediaTekとQuallcommが動き出す!

既報通り、Googleは5日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」における正式版をリリースしました。

このAndroid 8.1 Oreoの主な変更点にあるのが内蔵メモリー(RAM)が1GB未満の性能が低い機種でも動作する軽量版「Android Go」への最適化で、Googleではこれを「Android Oreo Go edition」と呼び、主に新興国など向けの“次の10億ユーザー”獲得の切り札として投入します。

それに合わせて少し紹介していましたが、大手チップセット(SoC)メーカーであるQualcommとMediaTekがそれぞれAndroid Oreo Go editionをサポートすることを発表しました。

続きを読む

Qualcomm、スマホなど向け新ハイエンドチップセット(SoC)「Snapdragon 845」の詳細を正式発表!順当に高性能化し、DSDVや虹彩認証、QC4+などをサポート


クアルコムが新SoC「Snapdragon 845」の詳細を発表!

Qualcommは6日(現地時間)、アメリカ・ハワイ州マウイ島にてイベント「Snapdragon Tech Summit」を開催し、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けハイエンドチップセット「Snapdragon 845」を正式発表して詳細について説明するなどしています。

同社の統合チップセット(SoC)「Snapdragon」シリーズの最新最上位製品となるSnapdragon 845は、従来までの初の10nmプロセスルール(LPE)で製造された「Snapdragon 835」の後継機種で同じように10nmプロセス(LPP)を採用しています。

big.LITTLEを採用したオクタコアCPU「Kyro 385」(ARM Cortex-A75ベースの最大2.8GHz×4コア+ARM Cortex-A55ベースの最大1.8GHz×4コア)のほか、GPU「Adreno 630」やAI(人工知能)処理に対応したDSP「Hexagon 685」、ISP「Spectra 280」、通信チップ「X20 LTE modem」などを内蔵しています。

これにより、グラフィック性能が30%高速化し、電力効率が30%向上し、ディスプレイスループットは2.5倍高速になるほか、携帯電話ネットワークではDSDV(Dual SIM Dual VoLTE)をサポートし、下りがLTE UE Category 18による最大1.2Gbps、上りがLTE UE Category 13による最大150Mbpsで利用できるようになっています。

続きを読む

日本未発表の高性能スマホ「HTC U11+」やワイモバイル向け「Android One X2」などがお披露目!HTC U11のSIMフリー版の日本発売も決まったファンイベントを紹介【レポート】


国内投入にも期待が高まる最新プレミアムスマホ「HTC U11+」などがお披露目されたイベントの様子を紹介!

台湾HTCの日本法人であるHTC NIPPONが1日、都内にてファンなど向けに『HTCの最新スマートフォン「HTC U11 life」「HTC U11+」国内初のタッチ&トライイベント』を開催しました。

グローバル向けの最新スマートフォン(スマホ)「HTC U11+」(国内未発表)やY!mobile(ワイモバイル)向けに「Android One X2」として発売される「HTC U11 life」の国内初のタッチ&トライができるとして募集していたもの。

また別途実施していた「クリスマスキャンペーン」でちょうど目標の同社の公式Twitterアカウント( @HTCJapan )が2万フォロワーを超え、フラグシップモデルとしてauやソフトバンクから販売中の「HTC U11」のSIMフリー版の日本発売が直前に決定するなど、HTCファンにとっては充実したイベントとなりました。

筆者も同イベントに参加してきたので、今回は主にプレゼンテーションの様子を中心にご紹介します。なお、HTC U11+とAndroid One X2については別途の記事において詳細なレビューをお届けする予定なので、そちらもお楽しみに。

続きを読む

Google、スマホなど向け最新プラットフォーム「Android 8.1 Oreo」の正式版をリリース!低性能機種向け「Android Go」もサポート――Nexus 5X・6Pなどではすでに利用可能


GoogleがAndroid 8.1 OreoおよびAndroid Oreo (Go Edition)を正式リリース!

Googleは5日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」における次期マイナーバージョン「Android 8.1 Oreo」の正式版を提供開始したと発表しています。

また内蔵メモリー(RAM)が1GB未満の性能が低い機種でも動作する「Android Go」への最適化も行われ、Android Oreo(Goエディション)も合わせてリリースされています。なお、合わせてQualcomも同社のチップセット(SoC)「Snapdragon」シリーズがAndroid Goに対応したことを発表しています。

Googleブランドの「Pixel 2」や「Pixel 2 XL」、「Pixel」、「Pixel XL」、「Pixel C]]」、「Nexus 5X」、「Nexus 6P」、そしてAndroidエミュレーターには順次ソフトウェア更新(OTA)によって提供され、すでにこれらの7機種にはファクトリーイメージ( https://developers.google.com/android/images )も公開されています。

ビルド番号は各機種とも「OPM1.171019.011」で、ファクトリイメージを導入する場合は、ファクトリーアンロックを行っていれば手動でADBツールによってパソコン(PC)から導入することも可能。またOTA用のイメージ( https://developers.google.com/android/ota )も公開されているので、adb sideloadによって初期化せずに手動導入もできるようになっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。