S-MAX

Android

Samsung、最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」、「Galaxy S10e」、「Galaxy S10 5G」を発表!穴あき画面「Infinity-O Display」でさらなるフルスクリーンデザインに


新しいフラッグシップスマホ「Galaxy S10・S10+・S10e・S10 5G」が登場!日本でも発売へ

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は20日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy UNPACKED 2019」を開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)約5.8インチの「Galaxy S10e(型番:SM-G970**)」および6.1インチの「Galaxy S10(型番:SM-G973**)」、6.4インチの「Galaxy S10+(型番:SM-G975**)」、6.7インチの「Galaxy S10 5G(型番:SM-G977**)」を発表しています。

Galaxy S10e・S10・S10+・S10 5Gは昨年発売された前機種「Galaxy S9」および「Galaxy S9+」の後継機種で、新たにフロントカメラ部分を画面に穴を開けてより全画面デザインを進化させた「Infinity-O Display」を採用し、さらに世界初の超音波式画面内指紋センサーを搭載するほか、チップセット(SoC)やカメラ機能などをグレードアップさせています。

画面は各機種ともにアスペクト比9:19と従来よりも縦長で、Galaxy S10eが5.8インチFHD+(1080×2280ドット)Flat Dynamic AMOLED(約438ppi)、Galaxy S10が6.1インチWQHD+(1440×3040ドット)Curved Dynamic AMOLED(約550ppi)、Galaxy S10+が6.4インチWQHD+(1440*3040ドット)Curved Dynamic AMOLED(約522ppi)、Galaxy S10 5Gが6.7インチWQHD+(1440×3040ドット)Curved Dynamic AMOLED(約505ppi)に。

Galaxy S10 5Gを除く各機種ともにアメリカや韓国などの1次販売国・地域では2019年3月8日(金)に発売され、価格はアメリカではGalaxy S10eが749.99ドル(約83,000円)から、Galaxy S10が899.99ドル(約100,000円)から、Galaxy S10+が999.99ドル(約111,000円)からとなっています。

なお、日本での発売については明らかにされていませんが、Galaxy S9・S9+はNTTドコモおよびau(KDDIおよび沖縄セルラー)から販売されており、すでにGalaxy S10シリーズについても日本語ページ( http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s10/ )もあることからGalaxy S10およびS10+、S10eが何らかの形で販売されるのではないかと予想されます。

続きを読む

Samsung、折り畳めるスマホ「Galaxy Fold」を発表!外側に4.6インチHD+有機EL、内側に開くと7.3インチQXGA+有機ELの2つの画面を搭載。アメリカなどで4月26日発売され、価格は約22万円


折り畳めるスマホ「Galaxy Fold」が登場!日本でも発売されるか!?

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は20日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy UNPACKED 2019」を開催し、内側に折り畳める約7.3インチQXGA+(ドット)Dynamic AMOLED、閉じた状態で外側の片面に約4.6インチHD+(720×1520ドット)Super AMOLEDの2つの画面を搭載したスマートフォン(スマホ)「Galaxy Fold」を発表しています。

発表会が行われたアメリカを含む1次販売国・地域では2019年4月26日(金)に発売され、価格は1,980ドル(約219,000円)。その後、順次販売国・地域を拡大するとし、日本における販売については明らかにされていませんが、日本向け公式Webページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-fold/ )が存在することから発売される可能性もありそうです。

続きを読む

Sony Mobileが日本時間2月25日16時30分からプレスカンファレンスを開催!ティザー公開で、より縦長なCinemaWideディスプレイを搭載する次期フラッグシップスマホ「Xperia XZ4」を示唆


ソニーモバイルが2月25日にプレスカンファレンスを開催!Xperiaシリーズの新スマホが発表へ

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は18日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2019年2月25日(月)から2月28日(木)に開催される展示会「MWC Barcelona 2019」に合わせて現地時間(CET)の2月25日8:30からプレスカンファレンスを実施すると発表しています。

日本時間(JST)では2月25日16:30からで、ライブ中継( http://sonymobile.com/press )も行われる予定。同社が展開する「Xperia」ブランドについてはソニーの「2018年度 第3四半期 業績説明会」にて新商品の発表や販売戦略についての説明を行うことが明らかにされています。

また同社の公式Twitterアカウント( @sonyxperia )ではティザー動画を含む投稿も行われており、投稿では「Embrace a new perspective with #Xperia at #SonyMWC(ソニーのMWCでXperiaに新しい視点を取り入れる)」という内容とともに「25.02.19 08:45 CET」という日時が動画にて紹介されています。

恐らくこの時間に合わせて新商品が発表されるものと見られ、さらに日時などを囲む部分は同社が商標を出願している「CinemaWide」を想起するようなかなり横長となっているため、恐らくシネマスクリーンの2:35:1に準ずるアスペクト比9:21のより縦長な次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ4」(仮称)が発表されるのではないかと予想されます。

続きを読む

次期フラッグシップスマホ「HUAWEI P30」シリーズは3月26日にフランス・パリで発表へ!ティザー公開で、カメラの望遠・ズーム機能をさらに強化することを示唆


次期フラッグシップスマホ「HUAWEI P30」シリーズが3月26日に発表に!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は19日(現地時間)、フランス・パリにて2019年3月26日(火)に次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30」シリーズを発表すると同社の公式Twitterアカウント( @HuaweiMobile )や公式Instargamアカウント( @huaweimobile )などにて予告しています。

投稿は「Rules were made to be rewritten.(ルールが書き換えられる。)」という内容とともにエッフェル塔やエトワール凱旋門などを遠距離からズームアップする動画が投稿されており、これまでにも複数のレンズとカメラを用いることで望遠やズームに対応してきた同社だけにこれらがさらに強化されるのではないかと予想されます。

続きを読む

ペン入力だけでなく高性能スマホ「Galaxy Note9」はカメラ女子にもオススメ!イベント「Galaxy Sessions 松井愛莉 Do×Lifestyle」を写真と動画で紹介【レポート】


松井愛莉さんがスペシャルゲストのGalaxyイベントを開催!Galaxy Note9の魅力を訴求

サムスン電子ジャパンがペン入力に対応した高性能スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」の機能を活用したイベントを昨年12月18日に六本木ヒルズ・ヒルズカフェで実施していた「Galaxy Studio Roppongi Hills」にて開催した。

イベントは「Galaxy Sessions 松井愛莉 Do×Lifestyle」と題して特別ゲストに女優・モデルの松井愛莉さんを迎えて、一般ユーザー50人とともに“SNS映え”する写真を体験するというもの。

現在、GalaxyのウェブCMに出演する松井さんは、3年前からGalaxyユーザーで「Galaxy S7 edge」や「Galaxy S9」を利用してきたという。そして発売前にGalaxy Note9を体験した松井さんは、Sペンを利用した新機能「リモートシャッター」を活用しているという。

今回は、そんな松井さんと体験するGalaxy Note9の新機能とSNS映えを狙った活用法についてのイベントレポートを写真と動画で紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。