S-MAX

Android

2万9900円で指紋認証対応やフルメタルボディーのSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を購入!開封して同梱物や外観を写真でチェック【レポート】


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を購入したので開封レビュー!

プラスワン・マーケティングがSIMフリーブランド「FREETEL」の新しいAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)を販売開始しました。まずは「メタルシルバー」が5月27日に発売され、続いて、「スカイブルー」が6月3日、「シャンパンゴールド」が6月17日、「ピンクゴールド」が6月24日、「メタルブラック」が6月下旬にそれぞれ発売されます。

価格は本体価格が29,900円(以下、すべて税別)で、仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスも提供する同社では、本体価格と通信料、無料通話、端末保証がすべて込みで購入時の支払額0円、月額2,990円(月1GB)から利用できるSAMURAI REI向けプレミアムバリュープランも提供します。なお、他社から乗り換え(MNP)の場合にはのりかえ割適用で1年間800円引きとのこと。

比較的に低価格ながら約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどの基本性能を備え、新たに同社としては初のフルメタルボディーを採用するほか、ディスプレイの下中央に指紋センサーを内蔵した多機能キー「FREETELボタン」も搭載するなど、コストパフォーマンスの高い製品になっています。

そんなSAMURAI REIを購入してみたのでまずは開封して同梱物や外観を写真で紹介したいと思います。なお、ヨドバシカメラの公式Webストア「yodobashi.com」でメタルシルバーの発売日先日5月26日に予約し、発売日5月27日に受け取りました。上記価格に消費税を加え、ヨドバシポイントは10%還元でした。

続きを読む

最新スマホ「Galaxy S7 edge」や「Gear VR」を体験できる「Galaxy Studio」が6月8日まで開催中!東京駅のすぐ近くのKITTE内ーースタンプラリーで豪華プレゼントも【レポート】

開催中のGalaxy Studioを写真と動画で紹介!最新スマホ「Galaxy S7 edge」などが体験可能

NTTドコモとauから最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」(サムスン電子製)が発売された。その日本での発売日である2016年5月19日(木)から6月8日(水)までの期間限定で、サムスン電子ジャパンが東京・丸の内の商業施設「KITTE」においてGalaxy S7 edgeやVR(ヴァーチャルリアリティー)用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Gear VR」などの体験イベント「エンターテインメントパーク『Gear Studio』」を開催中だ。

オープン時間は11時~21時(日曜日は20時まで)で、ブースを回ってスタンプを集めるとGalaxy S7 edgeなどの豪華賞品がもらえるスタンプラリー「Galaxy Challenge」など、得するイベントも行われている。すでに昨日までにGalaxy S7 edgeが2台プレゼントされているというなかなか熱いイベントなのだ。

今回は、オープン日にこのGalaxy Studioを訪れて取材してきたので、展示内容を写真と動画で紹介していく。特にGear VRと動くシートによる「4D VR Theater」などの記事では伝わらないブースもあるので是非、現地に行ける人は生で確かめてみて欲しい。

続きを読む

ZTE、新フラッグシップスマホ「AXON 7」を発表!感圧操作対応2K有機ELディスプレイやSnapdragon 820、6GB RAM、128GBストレージなどのハイスペックモデルーー日本でも発売へ


ZTEが新フラッグシップスマホ「AXON 7」を発表!

ZTEは26日(現地時間)、中国・北京で発表会を開催し、新しいフラッグシップとして約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「AXON 7」を発表しています。

かなり高性能で最上位モデルの頂配版は6GB LPDDR4 RAM(内蔵メモリー)や128GB UFS 2.0(内蔵ストレージ)に加え、感圧操作にも対応しています。高配版が4GB RAMおよび128GB UFS 2.0、標配版が4GB RAMおよび64GB UFS 2.0で、価格が中国では頂配版が4,099元(約69,000円)、高配版が3,299元(約55,000円)、標配版が2,899元(約49,000円)。

まずは中国の3つの携帯電話事業者向けに販売され、高配版と標配版は5月26日から販売され、頂配版は6月2日から予約受付を開始し、その後、アメリカなどの北米で展開予定。また、日本での販売については明らかにされていませんが、発表会にて日本での発売が説明されたということです。

続きを読む

ソフトバンク、Android開発者もパーソナルロボット「Pepper」の開発ができる「Pepper meets Android」を7月より販売開始!発表会を写真で紹介【レポート】

スターウォーズのようだけど!?AndroidアプリがPepperでも動くようになる

ソフトバンクロボティクスおよびソフトバンクは19日、都内にて「Pepperの新たな展開に関する記者発表会」を開催し、人型ロボット「Pepper」がGoogleのAndroidに対応したことを発表した。

Androidに対応したPepperは、2016年7月より開発者向けモデルが先行販売され、Androidのプラットフォーム上でロボアプリが可能になる「Pepper SDK for Android Studio」のβ版も同日に提供開始となった。

今回はこのAndroidに対応したPepperはどのようなものとなるのかを発表会のプレゼンテーションを中心に紹介していく。

続きを読む

長いページも1枚で保存可能!最新スマホ「Galaxy S7 edge」の進化したスクリーンショット機能を紹介【ハウツー】


Galaxy S7 edgeのスクリーンショット機能を紹介!

左右にエッジスクリーンを配置したことで約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイと大画面ながら本体サイズが持ちやすい大きさにまとめられている最新スマートフォン(スマホ)の「Galaxy S7 edge」(サムスン電子製)。

日本でもNTTドコモおよびauから5月19日に発売され、Android6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用し、4GBの大容量内蔵メモリー(RAM)搭載したハイスペックな性能なほか、前機種の「Galaxy S6 edge」や「Galaxy S6」では非対応になっていた防水・防塵やmicroSDカードスロットが復活したこともあり、予約から販売初期は好調な出だしとなっているようです。

そんなGalaxy S7 edgeでは、表示している画面を画像として保存できるスクリーンショット機能として新たにWebブラウザーで見ている長いページを1枚でキャプチャすることができる「スクロール画面キャプチャ」に対応しています。今回は、これらの新機能を含めたGalaxy S7 edgeのスクリーンショットを撮る方法や便利な機能について紹介します。

続きを読む

通話設定はどこにある?最新スマホ「Galaxy S7 edge」の通話機能やドコモの新サービス「スグ電」などをチェックしてみた【レビュー】


新しいGalaxyスマホの通話設定はどこ?新サービス「すぐ電」も試した

左右にエッジスクリーンを配置した約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイや大容量4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載したハイスペックスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」がついに日本でもNTTドコモおよびauから発売されました。

OSには最新のAndroid6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用し、NTTドコモ版「Galaxy S7 edge SC-02H」では「2016年夏モデル」で導入された簡単な動作で発着信操作ができる新サービス「スグ電」機能が搭載されています。しかしながら、少し操作していると、Galaxy S7 edgeの通話設定が若干分かりにくいところにあり、設定に手間取ってしまいました。

そこで今回は、電話機能に関する設定の方法とスグ電について紹介していきたいと思います。

続きを読む

Google、好きなパーツで組み立てられるスマホ「Project Ara」を2017年に製品化へ!開発者向けを2016年秋にリリース予定


Googleの組立式スマホ「Project Ara」が2017年に製品化へ!開発版は2016年秋に登場予定

Googleは20日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアで2016年5月18日(水)から5月20日(金)までの3日間に渡って開催されている開発者向けイベント「Google I/O 2016」( https://events.google.com/io2016/ )においてセッション「Bridging the physical and digital. Imagine the possibilities. ATAP.」を行い、OSにAndroidを採用したハードウェアオープンプラットフォーム「Project Ara」( http://g.co/ara )の開発者向けを2016年秋にリリースし、2017年には一般販売することを明らかにしました。

セッションでは実際に開発者向けと見られるスマホの実機でデモを行っており、カメラを撮影したりしていましたが、大きさなども普通のスマホ並となっていてかなり完成度も高そうでしたので、製品版に向けて期待したいところです。

続きを読む

世界的にピンク人気!?最新スマホ「Galaxy S7 edge」のピンクゴールドと人気の「iPhone 6s」のローズゴールドなどのピンクを比較してみた【レビュー】


Galaxy S7 edgeのピンクゴールドとiPhone 6sのローズゴールドを比較!

NTTドコモおよびauから5月19日に発売された最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」は、左右にエッジスクリーンを配置し、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイや大容量の4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックモデルです。

また、前機種「Galaxy S6 edge」や「Galaxy S6」で見送られていた防水・防塵やmicroSDカードスロットにも対応したことで、そのさらに前の「Galaxy S5」などから買い替えを検討する人も多いのではないでしょうか。

今回、Galaxy S7 edgeには海外向けも含めて新色のピンクゴールドが追加されましたが、AppleのiPhoneやiPadなどのローズゴールドをはじめ、世界的にもピンクが用意される機種が増えてきました。

名称こそ微妙に違いますが、同じピンク系ということでよく見かけるiPhoneなどのローズゴールドを連想する人も多いのではないかと思いますが、今回は実際にGalaxy S7 edgeのピンクゴールドとiPhone 6sのローズゴールドを写真で比較してみたいと思います。

続きを読む

富士通、NTTドコモ向け2016年夏モデルのスマホ「arrows SV F-03H」とタブレット「arrows Tab F-04H」の説明会を開催!昨冬スマホ「arrows NX F-02H」は販売継続に【レポート】

arrows最新モデルの特徴とは?

富士通コネクテッドテクノロジーズおよび富士通クライアントコンピューティングは13日、都内にて「最新パソコン・タブレット・スマートフォンの内覧会」を開催し、NTTドコモから発売されるAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)搭載ミドルレンジスマートフォン「arrows SV F-03H」とAndroid 6.0 Marshmallow搭載ハイエンドタブレット「arrows Tab F-04H」の特徴を紹介した。

arrows SV F-03Hは6月下旬発売予定、arrows Tab F-04Hは7月下旬の発売を予定しており、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などで予約が開始されている。

発表会では、arrows SV F-03Hに込めた意味とデザイン、タブレットの利用シーンを考慮したというarrows Tab F-04Hについて語られた。今回は発表会の模様を紹介していく。

続きを読む

Google、Chrome OS搭載機種で「Google Playストア」のAndroidアプリを利用できるようにすると発表!まずはASUS Chromebook Flipなど3機種で利用可能


Google、ChromebookなどのChrome OS搭載機種でAndroidアプリを使えるように!

Googleは19日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアで2016年5月18日(水)から5月20日(金)までの3日間に渡って開催されている開発者向けイベント「Google I/O 2016」( https://events.google.com/io2016/ )においてセッション「Coming to a Chromebook near you」を行い、パソコン用プラットフォーム「Chrome OS」を搭載したノートパソコン「Chromebook」などにてアプリ配信マーケット「Google Playストア」で配信しているAndroid向けアプリやゲームが利用できるようになると発表しました。

対応機種はまずは「ASUS Chromebook Flip」や「Acer Chromebook 11」、「Chromebook Pixel」(2015)の3機種で2016年6月中旬より提供開始し、他のChromeOS搭載機種でも順次提供される予定。

さらに、Googleでは特別に設計されたいくつかの素晴らしい新しいデバイスをパートナーメーカーと企画しており、詳細は今後数ヶ月に発表するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。