S-MAX

Android

Qualcomm、5G対応の次期SoC「Snapdragon 865」を発表!XiaomiやOPPO、Nokiaが採用を表明。ミッドハイレンジ向けの765や765Gも


次期SoC「Qualcomm Snapdragon 865・765・765G」が登場!

Qualcomm傘下のQualcomm Technologiesは3日(現地時間)、アメリカ・ハワイにてイベント「Snapdragon Tech Summit」を開催し、同社のスマートフォン(スマホ)など向けチップセット(SoC)「Snapdragon」シリーズとして7nmプロセスで製造されるハイエンド向け「Snapdragon 865」およびミッドハイレンジ向け「Snapdragon 765」、ミッドハイゲーミング向け「Snapdragon 765G」、新しいより認証面積が広くなった超音波式画面内指紋センサー「3D Sonic Max」 などを発表しています。

Snapdragon 865および765、765Gはそれぞれ2020年初頭より搭載するスマホなどの製品が各メーカーから発売される予定で、すでにXiaomi Corporation(以下、Xiaomi)およびOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)、Nokiaブランドを展開するHMD GlobalからSnapdragon 865を搭載する5Gスマホが第1四半期に投入されると予告されました。

中でもXiaomiはSnapdragon 865を搭載する次期フラッグシップスマホ「Xiaomi Mi 10」を投入することを明らかにしたほか、Snapdragon 765Gや6400万画素CMOSを搭載するミッドハイレンジスマホ「Redmi K30」を予告しました。一方、HMD Globalは詳細は明らかにしませんでしたが、Snapdragon 865搭載スマホのほか、Qualcommが提供するSnapdragon 765を搭載するモジュール型プラットフォームを活用することを明らかにしています。

続きを読む

Samsung、廉価スマホ「Galaxy S10 Lite SM-G770」と「Galaxy Note10 Lite SM-N770」を投入へ!各種認証機関を通過し、インドなどで販売予定


廉価スマホ「Galaxy S10 Lite」と「Galaxy Note10 Lite」が登場へ!写真はGalaxy Note10+

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が同社のスマートフォン(スマホ)「Galaxy」シリーズにおける最新フラッグシップモデル「Galaxy S10」シリーズおよびペン入力に対応した最新プレミアムモデル「Galaxy Note10」シリーズにてそれぞれ廉価版を投入すると海外メディアが報じています。

廉価版は製品名が「Galaxy S10 Lite(型番:SM-G770**)」と「Galaxy Note10 Lite(型番:SM-N770**)」となると見られ、それぞれ認証機関を通過して存在が明らかにとなっています。インドでは今月にも発売されると伝えられており、恐らくグローバル向けに発表されてその他の国・地域でも投入されると予想されます。なお、日本で販売されるかどうかは不明。

続きを読む

アメリカがファーウェイへの制裁の猶予期間を90日間再延長!消費者や通信事業者に配慮してサポート継続も解決の糸口が見えずに問題が長期化へ


ファーウェイへの制裁の猶予期間が90日間再延長!

米国商務省(United States Department of Commerce)は18日(現地時間)、 今年5月に同省の産業安全保障局(BIS)が中国の通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業を輸出規制リスト(Entity List)に追加したことに対して米国輸出管理規則(EAR)を改正する一時一般許可(TGL)を再度90日間延長すると発表しています。

いわゆるアメリカのファーウェイに対する制裁による「ファーウェイ問題」における猶予期間で、これによってこれまで米国企業がファーウェイへの輸出を含む同社との取引について限定的に期間限定で承認する猶予が与えられていましたが、今年8月の90日感延長に続いてさらに90日間延長されて2020年2月16日(日)までとしました。

そのため、従来通りにすでにファーウェイの製品を利用している消費者や通信事業者が継続してサービスを利用したり、ネットワークの運用を行ったりするための特定の取引を米国企業とファーウェイは行え、ファーウェイでも同社のスマートフォン(スマホ)やタブレットなどに対してセキュリティーアップデートやアフターサポートを継続して実施可能となります。

続きを読む

Sony Mobile、Android 10へのOSバージョンアップ予定機種を案内!Xperia XZ2シリーズ以降で、NTTドコモではグローバルと同じ+国内限定のXperia Aceも


XperiaシリーズのグルーバルにおけるAndroid 10へのOSバージョンアップ予定機種が案内!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は15日(現地時間)、同社が販売するグローバルモデルにおける最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧および提供時期をお知らせしています。

まずは今年のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1」および「Xperia 5」に対して今年12月より順次提供し、その後、ミッドレンジスマホ「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」、そして昨年より前の「Xperia XZ2」および「Xperia XZ2 Compact」、「Xperia XZ2 Premium」、「Xperia XZ3」に2020年初頭より順次提供するということです。

なお、OSバージョンアップはロールアウトによって段階的にソフトウェア更新が提供され、国・地域や携帯電話会社によって配信開始時期は異なるとしてます。また各製品におけるほとんどのモデル(型番)は提供される予定ですが、一部の国・地域や携帯電話会社のモデルには例外があるとのこと。

続きを読む

フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」にカメラやPC連携などの新機能を追加するアップデートを提供!まずはNTTドコモ版で配信開始


Galaxy S10・S10+に新機能が追加されるソフトウェア更新が提供開始!まずはdocomo向けから

サムスン電子ジャパンは11日、日本市場向けフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」に対して新機能を追加するアップデート提供開始したとお知らせしています。

同日、まずはNTTドコモより「Galaxy S10 SC-03L」および「Galaxy S10+ SC-04L」、「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」においてソフトウェア更新が配信開始されており、au向け「Galaxy S10 SCV41」および「Galaxy S10+ SCV42」にも近く提供される予定。

主な変更点は以下の通り。更新はスマホ本体のみでモバイルネットワーク(FOMAおよびXi)もしくは無線LAN(Wi-Fi)の回線を用いた方法およびパソコン(PC)にUSB接続して行う方法が用意されており、手持ちのGalaxy S10 SC-03Lでは本体のみで更新する場合のファイルサイズは847.28MBとなっており、Wi-Fiが推奨されます。

更新にかかる時間は本体のみでGalaxy S10 SC-03Lが約6分、Galaxy S10+ SC-04LおよびGalaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lが約5分、PCを用いる方法でGalaxy S10 SC-03Lが約38分、Galaxy S10+ SC-04Lが約51分、Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lが約63分。

○改善される事象
・カメラ機能を向上いたします。
・各種機能を向上いたします。
・機能の詳細については、サムスンの公式ホームページをご確認ください。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2019年10月になります。)


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。