S-MAX

Android

Sペン対応の超高性能スマホ「Galaxy Note10+」を写真と動画で紹介!いよいよNTTドコモとauから10月18日に発売する4G世代の集大成【レポート】


Sペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note10+」がdocomoとauから10月18日に発売!写真と動画でチェック

ようやく日本でもサムスン電子の最新プレミアムスマートフォン「Galaxy Note10+」がNTTドコモおよびauから「2019年冬モデル」として発表されました。そしていよいよ明日10月18日(金)にNTTドコモから「Galaxy Note10+ SC-01M」、auから「Galaxy Note10+ SCV45」として発売されます。

Galaxy Note10+は先立って今年8月にアメリカ・ニューヨークにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2019」にて発表された同社の最上級クラスのAndroidスマホで、専用スタイラスペン「S Pen」が売りの「Galaxy Note」シリーズの最新モデルです。その特徴はなんと言っても大画面かつ超高性能に尽きるでしょう。

NTTドコモとauから販売される日本向けモデルでは新たにチップセット(SoC)はQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 855」となり、12GB内蔵メモリー(RAM)や256GB内蔵ストレージ、最大1TBのmicroSDXCカードスロット、4300mAhバッテリーなどを搭載し、有機ディスプレイ内に配置されたパンチホールにフロントカメラを搭載する「Infinity-O Display」による“全画面デザイン”が採用されました。

このように日本向けモデルもグローバルで発表された仕様を踏襲しつつ、国内の移動体通信事業者(MNO)が今までに取り扱ってきたスマホとしては最高スペックとなっており、日本向けの仕様としてNTTドコモ向けおよびau向けともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。なお、ワンセグ・フルセグには非対応。

価格(金額はすべて税込)についてもそれぞれすでに公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」にて案内されており、NTTドコモおよびauともに各販路にて10月11日より事前予約受付が実施されています。なお、こちらもNTTドコモとauともにGalaxy Note10+を予約・購入して専用Webページで登録すると完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」がプレゼントされるキャンペーンが実施されています。

NTTドコモでは本体価格が121,176円で、本体を返却することで36回払いのうちの最大12回分の支払いが免除される「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担は80,784円、auでは本体価格が118,800円、48回払いで購入して本体を下取り(返却かつ次の製品の購入が必要)に出すことで最大24回分の支払いが免除される「アップグレードプログラムDX」を利用した場合の実質負担は59,400円になります。

そんなGalaxy Note10+ですが、NTTドコモでは10月11日に都内にて「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を開催しており、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてGalaxy Note10+ SC-01Mを発売に先立ってチェックする機会がありましたので、写真と動画を交えながらご紹介していきます。

続きを読む

Google、新フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」を発表!光学2倍ズームに対応する広角+望遠のデュアルカメラ搭載。日本でも発売へ


新フラッグシップスマホ「Google Pixel 4・4 XL」が登場!

Googleは15日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて新製品発表会「Made by Google 2019」を開催し、新たに最新OS「Android 10」を搭載したスマートフォン(スマホ)「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」、Chrome OS搭載ノートパソコン「Pixelbook Go」、スマートスピーカー「Nest Mini」、メッシュWi-Fi対応ルーター「Nest WiFi」、完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds(第2世代)」などを発表しています。

Pixel 4およびPixel 4 XLの1次販売国・地域では2019年10月24日(木)に発売され、発表会が行われたアメリカでは同日10月15日より事前注文が開始されており、価格はPixel 4が799ドル(約87,000円)から、Pixel 4 XLが899ドル(約98,000円)から。なお、日本での販売については明らかにされていませんが、新機能のSoliを用いたジェスチャー操作「Motion Sense」が「日本を除くすべての販売される1次販売国・地域で使える」とされているため、日本でも販売されると見られます。

また公式Webページ「Pixel スマートフォンのハードウェア技術仕様 - Pixel Phone ヘルプ」にはPixel 4とPixel 4 XLともに北米向け(モデル「G020I」および「G020J」)とその他の地域向け(モデル「G020M」および「G020P」)に加え、日本向け(モデル「G020N」および「G020Q」)が存在し、おサイフケータイ(FeliCa)に加えてeSIMにも対応することが記載されています。日本向けについても近く正式発表される見込み。

続きを読む

Androidの父ことAndy Rubin氏がスティック状のとても細長いスマホ「Project GEM」を披露!Essential Productsの次期製品として開発中で、近く発表か


Essentialの次期スマホ「Project GEM」をAndy Rubin氏が披露!現在開発中で近く発表か

Essential Productsは9日(現地時間)、同社の公式Twitterアカウント( @Esseitial )にてスティック状のとても細長いスマートフォン(スマホ)「Project GEM」を開発中であることを明らかにしました。同社の次期製品として現在、同社の開発チームだけでなく外部との早期テスト段階にあり、近くより多くの情報を公開するとしています。

またスマホなど向けプラットフォーム「Android」を開発し、2014年にGoogleを退社した同社CEOのAndy Rubin氏もProject GEMについて同氏のTwitterアカウント( @Arubin )にて投稿しており、Project GEMには「根本的に異なるフォームファクターの新しいユーザーインターフェース(UI)」を採用していると開発中の実機の写真や動画とともに紹介しています。

続きを読む

Microsoft、折りたたみ型2画面Androidスマホ「Surface Duo」を発表!5.6インチ液晶を2つ搭載して開くと8.3インチで、2020年末に発売予定


5.6インチ2画面折りたたみ型スマホ「Microsoft Surface Duo」が登場!

Microsoftは2日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて新製品発表会「Microsoft Event」を開催し、新たにOSにAndroidを採用した約5.6インチ液晶ディスプレイを2画面搭載の折りたたみ型スマートフォン(スマホ)「Surface Duo」を発表しています。発売時期は2020年末を予定しているとのこと。

同時に発表された折りたたみ型タブレット「Surface Neo」を同じ360°開くヒンジを搭載し、アスペクト比4:3の2つの画面を折りたたんで収納でき、本のように開くと2つの画面を同時に利用可能で、片方にソフトウェアキーボードやコントローラーを表示してもう片方の画面でブラウザーやゲームなどを楽しめるという。

またヒンジを360°開いて画面を外側にした状態で片方の画面だけでも使え、通話などもできるとしています。専用ペン「Surface Pen」にも対応する模様。なお、スペックなどの詳細は明らかにされていませんが、開いた状態ではヒンジ部で切れるものの、アスペクト比3:2の約8.3インチ画面となるとのこと。なお、画面は折り畳める“フォルダブル”ではなく、液晶パネルを2枚使っています。

続きを読む

シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」を写真と動画で紹介!新開発の倍速表示OLEDで新しいゲーミング体験を開拓する【レポート】


シャープが考えるゲーミングに最適な高性能スマホ「AQUOS zero2」を発表!

既報通り、シャープは25日、都内にて「スマートフォン『AQUOS』の秋冬モデル新製品発表会」を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2」およびスタンダードスマホ「AQUOS sense3」、「AQUOS sense3 plus」を発表した。AQUOS zero2は今冬、AQUOS sense3は今秋以降、AQUOS sense3 plusは今冬以降に発売される。

同社のAQUOSシリーズのスマホには、ビジュアルコミュニケーションに重きを置いたフラグシップモデル「AQUOS R」シリーズと、価格を抑えた使いやすさを追求したスタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズがあり、そして昨年、新たにラインナップに追加された「AQUOS zero」シリーズがある。

このAQUOS zeroシリーズには自社開発のOLED(有機EL)ディスプレイを搭載し、初代製品となったAQUOS zeroは約6.2インチの大画面ながら約146gという軽量化を実現した。製品の方向性としては、大画面表示と軽くて持ちやすいハイスペックスマホということで、その後、“ゲーミングスマホ”としても打ち出しており、eスポーツイベントの「RAGE 2019 Spring」に協賛してゲーマーにアピールしていた。

今回発表されたAQUOS zeroシリーズの第2世代となるAQUOS zero2は、そんなゲーミングスマホをシャープらしい目線で定義するモデルとなり、大画面かつ軽量といった製品コンセプトは継承している。そこで本記事では発表会には手に取って試すことができる実機展示はなかったが、製品の特徴であるOLEDディスプレイおよび外観について写真や動画を交えて紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。