S-MAX

Android

SonyがIFA 2019に合わせてプレスカンファレンスを開催!日本時間では9月5日20時からライブ中継も実施。次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」などを発表か


Sony Press Conferenceが9月5日に開催!次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」が発表か

Sonyがドイツ・ベルリンにて2019年9月6日(金)〜9月11日(水)に開催される「IFA 2019」に合わせて現地時間(CEST)の9月5日(木)13:00〜13:45に発表会「Sony Press Conference and exclusive booth unveiling」を開催することが明らかになりました。また発表会の模様は公式Webサイトにてライブ中継も実施される予定です。

日本時間(JST)では9月5日20:00から。毎年さまざまな製品が発表されるIFAですが、今年もSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)によるスマートフォン(スマホ)「Xperia」シリーズを含めて多数の製品が発表されると見られます。Xperiaシリーズでは次期フラッグシップモデル「Xperia 2」やミッドレンジモデル「Xperia 20」(ともに仮称)などが発表されると噂されています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォームの正式名はバージョン番号だけの「Android 10」になると発表!お菓子の名前の開発コード名は廃止に。ロゴも見やすく変更


スマホなど向け次期プラットフォームの正式名はバージョン番号だけの「Android 10」に!

Googleは22日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」の次期バージョンは「Android 10」が正式名になると発表しています。これまでは開発コード名としてアルファベット順の頭文字によるお菓子の名前が付けられていましたが、Android 10からは廃止されてバージョンの数字だけとなるとのこと。

現在、ベータ版「Android Q」として提供していますが、正式版以降はAndroid 10となります。同社ではお菓子の名前の開発コード名を廃止する理由として全員がそれらの名前を常に理解しているわけではなく、特にグローバルでは一部の言語ではLとRの区別はできず、命名規則を把握していない人にとってはそれが新しいバージョンかどうかを理解するのが困難だとしています。

さらにAndroidのブランドについても時間とともに進化しており、2014年にロゴとブランドカラーを更新していますが、今年はよりモダンでアクセスしやすい外観を導入し、ロゴを新しくしました。Androidロボットはそのまま緑ですが、文字が緑から黒(または白)に変更され、背景の色によって視覚障害のある人でもコントラストを改善して見やすくしているということです。

続きを読む

アメリカがファーウェイへの制裁の猶予期間をさらに90日間延長!同社製品を使う消費者や通信事業者に配慮。スマホやタブレットなどのセキュリティー更新やサポートを継続して可能に


ファーウェイへの制裁の猶予期間が90日間延長!

米国商務省(United States Department of Commerce)は19日(現地時間)、 今年5月に同省の産業安全保障局(BIS)が中国の通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業68社を輸出規制リスト(Entity List)に追加したことに対して米国輸出管理規則(EAR)を改正する一時一般許可(TGL)を再度発行すると発表しています。

これはいわゆるアメリカのファーウェイに対する制裁による「ファーウェイ問題」における猶予期間で、これによってこれまで米国企業がファーウェイへの輸出を含む同社との取引について限定的に90日間は承認する猶予期間が与えられていましたが、これがさらに90日間延長されました。

そのため、従来通りにすでにファーウェイの製品を利用している消費者や通信事業者が継続してサービスを利用したり、ネットワークの運用を行ったりするための特定の取引を米国企業とファーウェイは行え、ファーウェイでも同社のスマートフォン(スマホ)やタブレットなどに対してセキュリティーアップデートやアフターサポートを継続して実施可能となります。

続きを読む

Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android 10 Q」の最終プレビュー版を提供開始!Pixelシリーズなどで利用可能。正式版を近くリリースへ


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android Q Beta 6」をリリース!

Googleは7日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android Q」における先行プレビュー版( https://developer.android.com/preview/ )の最後となる「Android Q Beta 6」を公開したとお知らせしています。

Android Q Betaは今年3月に第1弾「Android Q Beta 1」が公開され、その後も4月3日に第2弾「Android Q Beta 2」、5月7日に開発者向けイベント「Google I/O 2019」に合わせて第3段「Android Q Beta 3」、6月5日より「Android Q Beta 4」、7月10日より「Android Q Beta 5」が提供されてきましたが、今回これらに続いて最後のプレビュー版で最終テスト用リリース候補(RC)版となるAndroid Q Beta 6がリリースされました。

すでにAndroid Q Beta 4にて最終API(APIレベル29)および公式SDKとなっていますが、今回のAndroid Q Beta 6で基本的に正式版に向けてほぼ最終調整が終わり、次はいよりよ正式版が提供開始されます。正式版は2019年第3四半期(7〜9月)にリリースされる予定で、Android Q Beta 6は正式版の直前に提供開始されるスケジュールとなっており、Googleでは数週間後にリリースすると案内しています。

Android Q Beta 6のPixelシリーズにおけるビルド番号は「QPP6.190730.005」で、すでにネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)も開始されています。なお、正式版のバージョン番号は「10」であることがすでに示されているので「Android 10(開発コード名:Q****)」などとなる見込みで、Q****のお菓子の名称が付けられる開発コード名については現時点ではまだ不明です。

続きを読む

Samsung、Sペンに対応した最新プレミアムスマホ「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」を発表!6.3インチFHD+と6.8インチQHD+で、それぞれ4Gモデルと5Gモデルを用意


サムスン電子が新スマホ「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」を発表!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は7日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2019」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10」および「Galaxy Note10+」を発表しています。

Galaxy Note10・Note10+はペン入力「Sペン」に対応した「Galaxy Note」シリーズにおいて昨年発売された前機種「Galaxy Note9」の後継機種となる最新モデルで、各種スペックが強化されているほか、新たに画面サイズが6.3インチのGalaxy Note10と6.8インチのGalaxy Note10+の2モデルとなりました。またそれぞれに5Gに対応したGalaxy Note10 5GとGalaxy Note10+ 5Gが存在します。

Sペンやカメラ機能、パソコンとの連携などが特に強化されており、リアカメラはGalaxy Note10がトリプル、Galaxy Note10+がクアッドとなっており、内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージはGalaxy Note10のLTEモデルが8GB RAMおよび256GBストレージ、5Gモデルが12GB RAMおよび256GBストレージ、Galaxy Note10+は各モデルともに12GB RAMおよび256GBストレージと12GB RAMおよび512GBストレージが用意されています。

発売日は発表が行われたアメリカや韓国などの1次販売国・地域では2019年8月23日(金)で、グローバル市場で順次発売される予定。価格は発表会が開催されたアメリカではGalaxy Note10のLTEモデルが949.99ドル(約101,000円)、5Gモデルが1199.99ドル(約128,000円)、Galaxy Note10+のLTEモデルの256GBが1099.99ドル(約117,000円)、512GBが1199.99ドル(約128,000円)、5Gモデルの256GBが1299.99ドル(約138,000円)、512GBが1399.99ドル(約149,000円)で製品によってUnlockedやVerizon、T-Mobile、AT&T Wireless、Sprint、US Cellularで予約受付を実施しています。

現時点で日本での発売については明らかにされていませんが、昨年はGalaxy Note9を発売しましたし、すでに日本語ページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-note10/ )もあることからどこかしらから発売される可能性は高いのではないかと期待され、過去の例から鑑みるとNTTドコモとauからというのが有力かと思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。