S-MAX

Android

NTTドコモおよびau、SoftBankがソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」を予約受付中!気になる各社での価格をまとめて紹介


最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」のdocomoとau、SoftBankの価格をチェック!

ソニーモバイルコミュニケーションズから日本でも11月上旬以降に販売開始される最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」。新たにHDRに対応した約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶に加え、最新ハイエンドチップセット「Snapdragon 835」を搭載し、外観も従来までの「Xperia」シリーズを踏襲したまさに王道を征く製品となっています。

現時点ではNTTドコモ向け「Xperia XZ1 SO-01K」およびSoftBank向け「Xperia XZ1 701SO」が11月上旬、au向け「Xperia XZ1 SOV36」が11月中旬に発売予定となっており、すでに各社では各店頭や公式Webストアにて事前予約受付を実施しています。そこで今回は、これらの3機種についてまとめて価格(税込)を紹介したいと思います。

続きを読む

ESET、画面ロックだけでなくデータを暗号化して身代金を要求するAndroid向けランサムウェア「DoubleLocker」を発見!データを取り戻すのは難しい革新的なマルウェアか?


DoubleLockerは革新的なAndroid向けマルウェアか?端末ロックだけでなく、データの暗号化も行う

セキュリティベンダーであるESETの研究員を務めるLukáš Štefanko氏は13日(現地時間)、Android向けのマルウェア「DoubleLocker」を発見したと報告しました。

DoubleLockerは、感染したAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)などの機器をただロックするだけでなく、機器内のデータ暗号化も行います。そのため、ESETはこのDoubleLockerを“革新的”なAndroid向けマルウェアだと説明しています。

DoubleLockerに感染すると、画面にロックされたと表示され、解除するには身代金として「0.0130ビットコイン(約7,750円)を支払うように」と画面上に表示されます。

ただ、どのランサムウェアにも言えることですが、身代金を支払ったからと行って必ずしもロック解除やデータの復元ができるとは限りません。

一番の対策は、やはりデータのバックアップをしっかりと取ること、発行者が確認できない不審なアプリケーションをむやみにインストールしないよう日々心掛けるほかないと思われます。

続きを読む

Galaxy Note8の発売に合わせて「Galaxy Studio Tokyo」が本日リニューアル!前夜祭としてユーザーイベント「Galaxy Fan Party!」が開催されたので参加してきた【レポート】


Galaxy Note8が試せるイベント「Galaxy Fan Party!」を紹介!

サムスン電子ジャパンは18日、同社が展開する「Galaxy」シリーズのスマートフォン(スマホ)を利用している人を対象に国内発売が決定した話題の最新モデル「Galaxy Note8」や日本初上陸のコンテンツをいち早く体験できる特別イベント「Galaxy Fan Party!」を開催しました。

場所は本日10月19日にリニューアルオープンする「Galaxy Studio Tokyo」(東京・原宿「BANK GALLERY」)で、イベントではGalaxy Studio Tokyoで体験できる最新のVRアトラクションなどを一般オープンに先駆けていち早く楽しめるほか、この日限りのプログラムやGalaxyオリジナルグッズのプレゼントも用意されていました。

平日でしたが、夜の時間帯でしたので筆者も参加してきましたのでどういったイベントだったのか紹介したいと思います。

続きを読む

最新プレミアムスマホの廉価モデル「HUAWEI Mate 10 Lite」が発表!5.9インチFHD+縦長画面のほぼ全画面デザインに加え、背面と前面にデュアルカメラを搭載


ファーウェイが最新プレミアムスマホの廉価モデル「HUAWEI Mate 10 Lite」を発表!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は16日(現地時間)、同社の最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10」シリーズを発表し、廉価モデル「HUAWEI Mate 10 Lite」を発表しています。

日本で発売予定の「HUAWEI Mate 10 Pro」と同様のアスペクト比9:18の縦長ながら若干小さくかつ液晶の約5.9インチフルHD+(1080×2160ドット)IPS液晶ディスプレイ(約407ppi)を搭載し、狭額縁デザインの“ほぼ全画面ディスプレイ”となっています。

発売時期は2017年10月以降にグローバル市場で順次発売され、ポーランドで販売されることが明らかになっています。価格はヨーロッパでは349ユーロ(約46,000円)。

現時点では日本で発売されるかどうかは不明ですが、ファーウェイの“Lite”モデルはコストパフォーマンスも高く、先進的な縦長ディスプレイ搭載のミッドレンジクラスは珍しいこともあり、投入を期待したいところです。

続きを読む

ZTEが2画面スマホ「AXON M」を発表!NTTドコモからも発売へーー折りたたみ型5.2インチフルHDデュアルディスプレイ搭載で見開きなら6.8インチ相当に


ZTEが2画面スマホ「AXON M」を発表!docomoからも発売に

ZTEは17日(現地時間)、アメリカ・ニュヨークにてプレス向け発表会を開催し、2枚の約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶ディスプレイを搭載した2画面スマートフォン(スマホ)「AXON M(型番:Z999)」を発表しています。

見開きで2つのディスプレイを合わせると、約6.8インチ2160×1920ドット相当になり、Dolby Atmosに対応した高品質な3Dサウンドとともに音楽を聞きながら雑誌や新聞、書籍などの電子書籍を楽しめます。

なお、日本でもNTTドコモから発売されることが明らかにされ、アメリカのAT&T Mobilityや中国の中国電信およびECサイト「JD」で販売され、AT&Tでは2017年ホリデーシーズン(12月頃)に発売予定。価格はAT&Tでは月額24.17ドル(約2,700円)。さらにAXON Passport M Programを発表されましたが、日本は対象外となっています。

続きを読む

最新最上級スマホ「HUAWEI Mate 10」シリーズを発表!ほぼ全画面デザインやAI対応チップセットなどーー防水にも対応した「HUAWEI Mate 10 Pro」は日本で年内にも発売に


ファーウェイが最上級スマホ「HUAWEI Mate 10」シリーズを発表!Proは日本でも発売

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は16日(現地時間)、ドイツ・ミュンヘンで発表会を開催し、新たに最上級スマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10」および「HUAWEI Mate 10 Pro」、ポルシェとコラボレーションした「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10」を発表しています。

HUAWEI Mate 10シリーズは日本でも昨年12月に発売されたファーウェイの最上級プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 9」の後継機種で、新たに画面占有率の高い「HUAWEI FullView Display」を採用したほぼ全画面デザインとなり、AI(人工知能)に対応したチップセットを搭載するなど、より高性能になりました。またHUAWEI Mate 10は生活防水、HUAWEI Mate 10 Proは防水にも対応。

発売時期はHUAWEI Mate 10が2017年10月下旬以降、HUAWEI Mate 10 ProおよびPORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10が2017年11月中旬以降にグローバル市場にて順次発売され、HUAWEI Mate 10 Proについては日本でも発売されることが明らかにされました。日本での発売時期は年内を予定。

価格は発表があったドイツを含むヨーロッパではHUAWEI Mate 10の4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージのモデルで699ユーロ(約92,000円)、HUAWEI Mate 10 Proの6GB RAMおよび128GB内蔵ストレージのモデルで799ユーロ(約106,000円)、PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10の6GB RAMおよび256GB内蔵ストレージのモデルが1,395ユーロ(約184,000円)となっています。

続きを読む

最新スマホ「Galaxy Note8」がタッチ&トライできる「Galaxy Studio」が10月18日より全国30か所で開催!アミューズメントパーク「Galaxy Studio Tokyo」もリニューアル


日本市場最大規模で「Galaxy Studio」が開催!

サムスン電子ジャパンは13日、同社のスマートフォン(スマホ)などを展開しているモバイル製品のブランド「Galaxy」における世界観を一度に体験できるアミューズメントパーク「Galaxy Studio Tokyo」を2017年10月19日(木)から完全リニューアルし、最新スマホ「Galaxy Note8」のタッチ&トライを中心とした「Galaxy Studio」を日本市場では最大規模の全国30か所で展開すると発表しています。

リニューアル後はGalaxy Note8の特長であるペン入力を活かした「Sペンギャラリー」や新機能を利用した「ポートレイトプール」、「Galaxyフィットネス」といった新しいコンテンツのほか、従来も好評だった「VR アトラクション (パルサー、スケルトン、マウンテンバイク、カヤック)」や「Gear VR 4D Theater」が楽しめます。

またエンターテイメントパーク型のGalaxy Studioが福岡や神戸でも開催予定で、福岡はイオンモール福岡(ウエストコート)にて11月3日(金)~11月28日(火)、神戸はイオンモール神戸南(みなみコート)にて11月25日(土)~12月25日(月)で開催され、Galaxy Note8のタッチ&トライのほか、SペンギャラリーやGalaxyフィットネス、各種VRアトラクションなどが楽しめます。

さらに同社ではGalaxy Note8の発売に合わせて専用ケース「Galaxy Note8 CLEAR VIEW STANDING COVER」および「Galaxy Note8 ALCANTARA COVER」 、Galaxy Note8に対応した新しいVRヘッドセット「Galaxy Gear VR with Controller」をそれぞれ10月26日(木)より販売すると発表しています。

続きを読む

3辺狭額縁デザイン「EDGET」が進化して復活!シャープが攻めのプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R compact」を発表ーー実機を写真と動画で紹介【レポート】


シャープが進化した3辺狭額縁デザインスマホ「AQUOS R compact」を発表!

既報通り、シャープは13日、都内にて「スマートフォンAQUOS 新製品発表会」を開催し、2年ぶりとなる3辺狭額縁デザインのスマートフォン(スマホ)「AQUOS R compact」と、すでにauが発表しているミッドレンジクラスのスタンダードスマホ「AQUOS sense」の2機種を発表した。

同社が今夏にフラグシップモデルとして刷新したスマホ「AQUOS R」に続く、プレミアムコンパクトモデルという位置付けのAQUOS R compactは、販路や価格は明らかにされていないが2017年冬モデルとして製品化する。またAQUOS senseについてもシャープの新しいスタンダードラインシリーズの名称として展開し、au以外からも販売される予定だ。

新製品発表会でそれぞれの実機に触れることができたので、今回は注目のAQUOS R compactを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

シャープ、4.9インチFHD+ハイスピードIGZO液晶搭載のプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R compact」を発表!狭額縁デザインが進化した「EDGEST fit」に――AQUOS senseも


シャープがプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R compact」とスタンダードスマホ「AQUOS sense」を発表!

シャープは13日、都内にて「スマートフォンAQUOS 新製品発表会」を開催し、同社の「AQUOS」シリーズのスマートフォン(スマホ)におけるフラッグシップモデル「AQUOS R」に新たに“プレミアムコンパクト”スマホ「AQUOS R compact」を追加し、2017年冬モデルより製品化すると発表しています。

また同社はすでに10日にauから発表されている“新スタンダード”スマホ「AQUOS sense」についても製品化し、新たにスタンダードラインのシリーズ名称を2017年冬モデルより「AQUOS sense」として展開します。

AQUOS senseはau向け「AQUOS sense SHV40」のほか、NTTドコモ向け「AQUOS sense SH-01K」なども投入することが判明しており、AQUOS R compactとともに今冬より各携帯電話会社から販売される予定です。

続きを読む

IFA 2017:Sony、最新5.2インチスマホ「Xperia XZ1」を展示!Motion EyeカメラやSnapdragon 835や4GB RAMなどのフラッグシップモデルを写真で紹介【レポート】


IFA 2017に展示されていたソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」をチェック!

既報通り、Sonyがドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、Sonyブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」およびその小型モデル「Xperia XZ1 Compact」(ともにSony Mobile Communications製)などを発表した。

すでにXperia XZ1およびXperia XZ1 Compactは海外では販売が開始されており、日本でもこれまで通りに恐らくNTTドコモなどの携帯電話会社から冬モデルとして登場すると予想される。価格はイギリスではXperia XZ1が599ポンド(約89,000円)、Xperia XZ1 Compactが499ポンド(約74,000円)。

そこで今回は、IFA 2017でのSonyブースで前回のXperia XZ1 Compactに続いてXperia XZ1の実機を実際にの試した模様を写真を交えて紹介する。Xperia XZやXperia XZsとどう変わったのか、新機能「3Dクリエイター」はどういったものなんかを中心にお伝えする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。