S-MAX

Android

Xiaomi、低価格な5G対応スマホ「Mi 10 Lite 5G」を発表!欧州などで5月より順次発売で、価格は346ユーロ。auからも販売予定


シャオミが「Mi 10 Lite 5G」を正式発表!auから7月以降に発売予定

Xiaomi Communications(以下、Xiaomi)は27日(現地時間)、グローバル向け発表会「Xiaomi New Product Launch 2020」を開催し、すでに中国向けに発表している新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Mi 10」および「Mi 10 Pro」に加え、その廉価モデル「Mi 10 Lite 5G」を発表しています。

グローバル向けにはMi 10が8GB内蔵メモリー(RAM)と128GBまたは256GB内蔵ストレージ、Mi 10 Proが8GB RAMおよび256GB内蔵ストレージとなっており、欧州などで4月より順次発売されます。

価格は欧州ではMi 10が799ユーロ(約96,000円)と899ユーロ(約108,000円)、Mi 10 Proが999ユーロ(約120,000円)で、本体カラーはMi 10が艶のあるTwilight GreyおよびCoral Greenの2色、Mi 10 ProがマットなAlpine WhiteとSolstice Greyの2色となっています。

またMi 10 Lite 5Gは欧州などで5月より発売され、欧州での価格は349ユーロ(約42,000円)からとなっており、本体カラーはWhiteおよびGrey、Greenの3色展開です。なお、すでに発表されているように日本では少なくともauから「Mi 10 Lite 5G XIG01」として発売されます。

本記事ではMi 10 Lite 5Gを紹介します。Mi 10およびMi 10 Proについては日本での販売は不明ですが、日本に参入したばかりで勢いをつけたい同社ですので販売される可能性はありそうです。詳細は『Xiaomiが5G対応の新フラッグシップスマホ「Mi 10」と「Mi 10 Pro」を発表!1億800万画素カメラを搭載し、DxOMARKでは最高点を獲得 - S-MAX』をご覧ください。

続きを読む

5G対応のNTTドコモ向け「Xperia 1 II SO-51A」とau向け「Xperia 1 II SOG01」を写真で紹介!4K HDR有機ELでエンタメを存分に楽しめる高性能スマホ【レビュー】


docomoとauから発売される「Xperia 1 II」を写真を交えてレポート!4月下旬以降に順次発売

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が今年2月24日に発表した5G通信における「Sub6(サブシックス)」に対応した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)」が日本ではNTTドコモとauから発売されることになった。

NTTドコモは18日に『NTTドコモ 5G・新サービス・新商品発表会 2020 docomo collection』を開催して「Xperia 1 II SO-51A(エクスペリア ワン マークツー エスオーゴーイチエー)」を4月下旬以降に発売、続く23日にはKDDIが『「UNLIMITED WORLD au 5G」発表会』を開催して「Xperia 1 II SOG01(エクスペリア ワン マークツー エスオージーゼロイチ)」を5月以降に発売すると発表した。

両社ともに新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で発表会はYouTubeやTwitterなどでのライブ配信する形になったが、ともに発表会後に一部のメディアやジャーナリストなどに向けて限られた人数、限られた時間での展示会場(タッチ&トライ)取材とQAセッションが設けられた。

本記事では、そんな展示会場取材においてわずかな時間ながらNTTドコモ向けとau向けのXperia 1 IIに触れることができたので、すでに『ZEISSレンズのクアッドカメラ搭載!ソニーの5G対応の新フラッグシップスマホ「Xperia 1 II」を写真で紹介【レポート】 - S-MAX』を公開しているが、改めてNTTドコモ版とau版について写真を中心に製品の外観や特徴をレポートする。

続きを読む

Huawei、5G対応の最新フラッグシップスマホ「P40」と「P40 Pro」、「P40 Pro+」を発表!欧州などで4月7日より順次発売


最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P40・P40 Pro・P40 Pro+」が登場!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は26日(現地時間)、オンラインにてグローバル向け発表会「HUAWEI P40 Series Online Global Launch Event」を開催し、5Gに対応した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P40」および「HUAWEI P40 Pro」、「HUAWEI P40 Pro+」などを発表しています。

欧州ではHUAWEI P40およびHUAWEI P40 Proを2020年4月7日(火)に発売し、HUAWEI P40 Pro+を2020年6月に発売するとし、価格はHUAWEI P40が799ユーロ(約96,000円)、HUAWEI P40 Proが999ユーロ(約121,000円)、HUAWEI P40 Pro+が1,399ユーロ(約169,000円)となっています。

日本での販売については明らかにされていませんが、昨年発表された「HUAWEI Mate 30」シリーズと同様に「ファーウェイ問題」によってGoogle PlayやGMSに対応していないこともあり、このままの状態が続くようであればなかなか難しいものとなりそうです。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「AQUOS R5G」を写真で紹介!唯一のNTTドコモ・au・SoftBankの3キャリアから発売【レビュー】


docomo・au・SoftBankから発売される5G対応高性能スマホ「AQUOS R5G」を写真でチェック!

今年2月に発表されたシャープ初の5G対応となる最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R5G」。当初は日本における今春の5Gサービス開始に合わせて発売されると案内されていたが、その後、SoftBank、NTTドコモ、auの順で取り扱いが発表された。

まずはNTTドコモ向け「AQUOS R5G SH-51A」が3月25日(水)に発売され、続いてau向け「AQUOS R5G SHG01」およびSoftBank向け「AQUOS R5G(型番:908SH)」が3月27日(金)に発売される。なお、5GサービスはNTTドコモは3月25日、auは3月26日(木)、SoftBankは3月27日に提供開始となる。

すでに各社ともにドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は各直営店ではNTTドコモ向けが111,672円、au向けが129,145円、SoftBank向けが129,600円。

また各社ともに購入サポート施策の対象とし、実質負担額はNTTドコモでは「スマホおかえしプログラム」によって74,448円(3,102円/月×24回)、auでは「かえトクプログラム」によって76,475円(3,325円×23回)、SoftBankでは「トクするサポート+」によって64,800円(2,700円/月×24回)となっている。

各社にてキャンペーンも実施され、NTTドコモではAQUOS R5G SH-51Aを含む5Gスマホ全製品を対象に「5G WELCOME割」を実施し、機種変更となる契約変更(FOMA→5GおよびXi→5G)では5,500円割引、新規契約および他社から乗り換え(MNP)では20,000円割引(ドコモオンラインショップではdポイント20,000ポイント還元)するとのこと。

さらにシャープはNTTドコモ向けAQUOS R5G SH-51Aを予約・購入・応募するとdプレゼントで8,000ポイント、購入・応募すると5,000ポイント、au向けAQUOS R5G SHG01を購入・応募するとau PAY残高へ5,000円(不課税)、SoftBank向けAQUOS R5を購入・応募するとPayPayボーナス5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施している。

その他、SoftBankではAQUOS R5を含む5Gスマホを購入した人に先着でVRゴーグルをプレゼントする「5Gスマホを買ってVRゴーグルもらおうキャンペーン」( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r5gcp/softbank/vr/ )を実施し、AQUOS R5GではVRゴーグル「pico U Lite」が先着2万人にプレゼントされる。

すでにAQUOS R5Gについては『シャープ初の5G対応!新フラッグシップスマホ「AQUOS R5G」を写真と動画で紹介。6.5型QHD+液晶や8K対応のクアッドカメラなど【レポート】 - S-MAX』を公開しているが、本記事では改めてNTTドコモ・au・SoftBank向けの外観や仕様の違いを写真を交えつつ紹介したいと思う。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S20 5G」を写真で紹介!ドコモ版「SC-51A」が3月25日、au版「SCG01」が3月26日に発売【レビュー】


最新フラッグシップスマホ「Galaxy S20 5G」を写真でチェック!docomo版とau版が順次発売

サムスン電子が今年2月に発表した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S20 5G」がいよいよ日本で発売される。例年なら「夏モデル」として5月以降とグローバルモデルからかなり遅れての販売開始となるが、今年は日本の5Gサービスの開始に合わせて早めの投入となった。

現時点ではすでに発表されているようにNTTドコモ向け「Galaxy S20 5G SC-51A」が3月25日(水)、au向け「Galaxy S20 5G SCG01」が3月26日(木)にそれぞれの5Gサービス開始に合わせて発売される。すでに両機種ともにドコモショップやauショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などにて事前予約受付を実施している。

価格(税込)は各直営店ではNTTドコモ向けGalaxy S20 5G SC-51Aが102,960円、au向けGalaxy S20 5G SCG01が117,480円で、それぞれ購入サポート施策の対象となっており、実質負担額はNTTドコモでは「スマホおかえしプログラム」によって68,640円(2,860円/月×24回)、auでは「かえトクプログラム」によって68,425円(2,975円×23回)となっている。

またキャンペーンも実施され、NTTドコモではGalaxy S20 5G SC-51Aを含む5Gスマホ全製品を対象に「5G WELCOME割」を実施し、機種変更となる契約変更(FOMA→5GおよびXi→5G)では5,500円割引、新規契約および他社から乗り換え(MNP)では20,000円割引(ドコモオンラインショップではdポイント20,000ポイント還元)するとのこと。

さらにサムスン電子ジャパンでは期間中にNTTドコモ向けGalaxy S20 5G SC-51Aを予約・購入・応募すると、au向けGalaxy S20 5G SCG01を購入・応募するとともにもれなく全員に完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+(型番:SM-R175)」をプレゼントするキャンペーンを実施している。

そんなGalaxy S20 5Gについて本記事ではNTTドコモとau向けのそれぞれについて外観や仕様の違いを写真を交えつつ紹介していく。なお、NTTドコモとau向けは基本的なハードウェアは共通となっているものの、ソフトウェアによって対応する周波数帯などが変えられている。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。