S-MAX

Android

最新フラッグシップスマホ「OPPO R17」シリーズを発表!ノッチが水滴型で小さくなり、上位モデル「OPPO R17 Pro」はトリプルカメラ搭載に。中国で8月30日より順次発売


最新フラッグシップスマホ「OPPO R17」シリーズが発表!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は23日(現地時間)、同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)としてアスペクト比9:19.5の縦長で画面上部中央に“水滴”型の切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある約6.4インチFHD+(1080×2340ドット)有機EL(OLED)ディスプレイ(約402ppi)を搭載した“ほぼ全画面デザイン”の「OPPO R17」とその上位版「OPPO R17 Pro」を発表しています。

同社では中国時間(CST)の8月23日(金)に上海にて発表会を実施。価格は中国ではOPPO R17の6GB RAM(内蔵メモリー)モデルが3,199人民元(約52,000円)、8GB RAMモデルの流光藍と霓光紫が3,499人民元(約57,000円)、霧光漸変色が3,599人民元(約58,000円)、OPPO R17 Proが4,299人民元(約70,000円)。

中国での発売日は8GB RAMモデルが2018年8月30日(木)、6GB RAMモデルが2018年9月7日(金)、OPPO R17 Proが2018年10月中旬を予定。なお、OPPOは今年2月に日本市場に参入し、これまでに「OPPO R11s」を発売したほか、9月に「OPPO R15 Pro」と「OPPO R15 Neo」を発売予定となっており、年内にさらに2機種以上投入予定であることが明らかにされていますが、現時点でOPPO R17シリーズが日本で販売されるかどうかは不明です。

続きを読む

Sペン入力に対応した最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」がNTTドコモとauから発売へ!それぞれ「SC-01L」と「SCV40」として投入に


Galaxy Note9がdocomoとauから発売へ!Netflixの対象機種に登場

サムスン電子が今年8月に発表したばかりのペン入力「Sペン」に対応した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」について日本では従来と同様にNTTドコモとauから販売されることになりそうです。

すでに日本向けの公式WebサイトにもGalaxy Note9の製品ページが掲載されており、日本でも販売される可能性が高いと見られていましたが、今回、Netflixの対象機種として「Galaxy Note9 SC-01L(型番:SM-N960D)」および「Galaxy Note9 SCV40(型番:SM-N960J)」が掲載されたました。

SC-01LおよびSCV40はそれぞれ未発表の製品ですが、NTTドコモとauの型番の付け方(ルール)に沿っており、サムスン電子におけるメーカー型番としても末尾が“D”がNTTドコモ向け、“J”がau向けであるため、各々がNTTドコモ向けおよびau向けであることが推測できます。

なお、Galaxy Note9は海外ではアメリカや台湾などの最初に発売される1次販売国・地域では8月24日に発売されており、現時点では日本への投入については正式には明らかにされていませんが、恐らくこれまで通りにNTTドコモとauの「2018-2019冬春モデル」として10月以降に発売されるのではないかと思われます。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」とずぶ濡れ体験!水×音楽のフェス「S2O JAPAN 2018」に出展した「Galaxy Studio」を紹介【レポート】


S2O JAPAN 2018でGalaxy S9 | S9+の防水性能とムービージェニックをアピール

サムスン電子ジャパンが8月4〜5日に東京・お台場で開催されたイベント「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL」(以下、S2O JAPAN 2018)に「Galaxy Studio」を出展し、今夏の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S9」および「Galaxy S9+」の防水性能やスーパースローモーション機能をアピールした。

8月の暑い夏にピッタリのタイ発祥・世界で最もずぶ濡れになる音楽フェスが日本初上陸ということで、来場者にはずぶ濡れになっても良いようにネックストラップが付いたスマホの防水ケースが渡される。

テーマパークなどでもずぶ濡れになるアトラクションがあるが、水量が尋常じゃなくこうした配慮は嬉しいところ。ずぶ濡れになっても、そのまま撮影も楽しめるというわけだ。

今回はそんなS2O JAPAN 2018におけるGalaxy Studioのイベント内容について参加してきたのでレポートを紹介していく。

続きを読む

Sony Mobile、XperiaシリーズのAndroid 9 PieへのOSバージョンアップ提供機種一覧を案内!XZ PremiumやXZ1・XZ2シリーズには11月以降に提供予定。XZやXZsは含まれず


XperiaシリーズのAndroid 9 PieへのOSバージョンアップ提供機種が案内!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は16日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)などの製品においてGoogleから正式版が提供開始された最新プラットフォーム「Android 9(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを実施する機種一覧を発表しています。

グローバルモデルでは現時点で「Xperia XZ2」および「Xperia XZ2 Premium」、「Xperia XZ2 Compact」、「Xperia XZ1」、「Xperia XZ1 Compact」、「Xperia XZ Premium」のハイエンドモデル6機種については今年11月以降に順次、さらに「Xperia XA2」および「Xperia XA2 Ultra」、「Xperia XA2 Plus」のミッドレンジモデル3機種については2019年の早い段階に提供する予定とのこと。

これらの機種についても配信するかどうかや配信を開始するタイミングについては販売する国・地域などの市場や携帯電話会社によって異なるとしており、日本で販売されている機種については販売する携帯電話会社から別途案内される見込み。

Android 9 Pieは先日8月6日にGoogleが正式版をリリースし、すでにGoogleブランドの「Pixel」や「Pixel XL」、「Pixel 2」、「Pixel 2 XL」のほか、Android P Beta devicesの対象機種である「Essential Phone PH-1」などに提供が開始されています。

Googleによると、ソニーモバイルを含めた各メーカーからは今年後半に提供されるということでしたので、ここ数年の状況を鑑みれば日本国内向け製品でも年内にもAndroid 9 PieへのOSバージョンアップが配信されると見られます。

続きを読む

Sony、IFA 2018にて8月30日13時よりプレスカンファレンスを開催!次期スマホ「Xperia XZ3」と「Xperia XZ3 Compact」などを発表か?


ソニーがIFA 2018に合わせてプレスカンファレンスを開催!写真は過去のIFAにおけるブース

Sony(ソニー)がドイツ・ベルリンにて2018年8月31日(金)から9月5日(水)までに開催される予定の世界最大級の家電見本市「IFA 2018」に合わせて前日の現地時間(CEST)8月30日(木)13時からプレスカンファレンス「Sony Press Conference and exclusive booth unveiling」を開催するが明らかになりました。

IFAの公式Webサイトにて各社のプレスカンファレンスの開催予定が掲載されており、ソニー以外にもLGやTCL、Wiko、シャープ、Acerなども開催する予定とのこと。ソニーは昨年と同じMesse Berlin内の「Hall 20」にてブースの展示およびプレスカンファレンスを実施します。

ソニーのプレスカンファレンスは日本時間(JST)では8月30日20時から。毎年、Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)のスマートフォン(スマホ)およびタブレット「Xperia」シリーズの下期のフラッグシップモデルが発表されているIFAだけに今年も戦略製品が発表されると見られます。

またソニーモバイルでは公式Webサイトにて「H8416」「H9436」「H9493」という3つのスマホのUser Agent Profile(UAProf)を新たに掲載しており、近く少なくとも3機種が投入される計画であることが示されています。恐らく噂などから次期フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」(仮称)シリーズなどが発表されるのではないかと見られます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。