S-MAX

Android

Samsungの次期フラッグシップスマホ「Galaxy S10・S10+・S10e」の画像がリーク!穴が開いたInfinity-Oディスプレイや画面内指紋センサー、トリプルカメラなどを搭載か


Galaxy S10シリーズの画像がリーク!?

さまざまな製品のリーク情報を提供しているEvan Blass氏( @evleaks )は9日(現地時間)、サムスン電子の次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10」およびその上位モデル「Galaxy S10+」、下位モデル「Galaxy S10e」(ともに仮称)のプレスリリース用と見られる画像を掲載しています。

すでに紹介しているようにサムスン電子ではアメリカ・サンフランシスコにて現地時間(PST)の2019年2月20日(水)11時からイベント「Samsung Galaxy UNPACKED 2019」を開催し、Galaxy S10シリーズを発表予定。日本時間(JST)では2月21日(木)4時から。

公式発表のティザー画像ではGalaxy S10シリーズとなると予想される数字「10」が記載されており、「Galaxyシリーズの10年間に渡る革新に基づいた新しい体験を先導することを約束する新しい製品をお披露目する」と説明されています。

ここ2年は「Galaxy S8」シリーズに導入した「Infinity Display」によるほぼ全画面フォルムでデザインが変わっていませんでしたが、画面に穴を開けてフロントカメラを搭載することでより画面占有率が高くなった全画面デザインなどを採用すると見られています。

続きを読む

Motorola、お手軽価格なボリュームゾーン向けミッドレンジスマホ「moto g7 plus」や「moto g7」、「moto g7 power」、「moto g7 play」を発表!日本でも発売へ


Motorolaが新スマホ「moto g7」シリーズを発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは7日(現地時間)、新たに「moto」シリーズにおける2019年モデルとして普及価格帯のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「moto g7 plus」および「moto g7」、「moto g7 power」、「moto g7 play」の4機種を発表しています。

各機種ともにブラジルとメキシコで2月7日に発売されるほか、欧州各国・地域では2月中旬から順次販売され、価格はmoto g7 plusが299.99ユーロ(約37,000円)、moto g7が299ドル(約33,000円)、moto g7 powerが249ドル(約27,000円)、moto g7 playが199ドル(約22,000円)と案内されています。

その他の販売国・地域は、moto g7 plusがオーストラリアおよび南米などのその他の国・地域では今後数ヶ月に渡って、moto g7がアジア太平洋地域や南米、北米で来月から、moto g7 powerがインドで数週間、アジア太平洋地域および南米、北米で来月から、moto g7 playが北米や南米などの多くの国・地域で来月以降に販売開始されるとのこと。

なお、日本での販売については公式には明らかにされていませんが、各種認証機関における情報からmoto g7 plusやmoto g7、moto g7 powerについては日本向けに販売されることを示す内容が示されており、今春以降に投入されると見られます。

続きを読む

次期フラッグシップスマホ「Xperia XZ4」はさらに縦長画面に!?映画の縦横比に合わせたアスペクト比を採用へーーソニーモバイルが「CinemaWide」を商標出願


次期フラッグシップスマホ「Xperia XZ4」はさらなる縦長画面を採用か(写真はイメージ)

ソニーモバイルコミュニケーションズが特許庁に「CinemaWide(シネマワイド)」という商標を2018年8月30日に出願していることが明らかとなりました。商願は「2018-109147」で、商品区分としてはスマートフォン(スマホ)などを含み、現在「審査待ち」となっています。

また同様に海外でもSony Mobile Communicationsが欧州連合知的財産庁(European Union Intellectual Property Office)にて「CinemaWide」を2019年2月4日に出願(Filing number「018018272」)しており、これらから映画の縦横比2.35:1に合わせた画面を搭載した製品を投入するのではないかと見られます。

同社は2月25日からスペイン・バルセロナで開催予定の「MWC 2019 Barcelona」にて新しい商品や今後の事業戦略を発表することがソニーの2018年度第3四半期説明会で明らかにされており、次期フラッグシップスマホ「Xperia XZ4」(仮称)が「CinemaWideディスプレイ」を搭載するのではないかと予想されます。

続きを読む

やっぱり国内版の発売を希望!7.2インチ超大型ディスプレイ搭載スマホ「HUAWEI Mate 20 X」を入手して感じた“ファブレット”への熱情【コラム】


少なくない需要がきっとある?!大判スマホが日本でリリースされないのは悲しい

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から昨年11月30日にトリプルカメラを搭載したフラグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20 Pro」やその下位モデルで高コストパフォーマンスのミッドレンジスマホ「HUAWEI Mate 20 lite」(ともにHuawei Technologies製)が発売されました。

現在、日本国内で販売されている「HUAWEI Mate 20」シリーズはこの2機種のみとなっていますが、海外では他の機種も存在しており、中でも「HUAWEI Mate 20 X」は上位モデルのHUAWEI Mate 20 Proとチップセット(SoC)やLeicaトリプルカメラなどの基本仕様はそのままに7.2インチの大画面を誇る大型スマホがラインナップされています。

しかしながら、日本国内でこの手の「ファブレット」に分類されるタイプの超大画面(筆者としては流行りの縦長ディスプレイなら画面サイズが6.5インチを超えるもの)なスマホほとんど出てくることのない現状を残念にも思っております。そのため、筆者はHUAWEI Mate 20 X(香港版モデル)を入手したのですが、やはり正式に国内モデルが出てきて欲しいものです。

そこで今回はそんなHUAWEI Mate 20 Xを取り上げつつ、これまでに「Xperia Z Ultra」や「ZenFone 3 Ultra」などを使ってきた筆者が日本向け製品として選べるくらいに(メーカーに限らず)「すごい大きい画面のスマホ」を販売して欲しいという思いをコラムの形でお送りいたします。

続きを読む

苦境の「Xperia」がさらに販売台数半減!次期スマホを2月25日から開催の「MWC Barcelona 2019」にて発表に。ソニーの2018年度第3四半期決算説明会で明らかに


Xperiaは復活できるのか!?ソニーが2018年度Q3決算を発表

ソニーは1日、都内にて「2018年度 第3四半期 業績説明会」を開催し、2018年度第3四半期(以下、Q3)の決算内容を公開し、子会社のソニーモバイルコミュニケーションズが手がけるスマートフォン(スマホ)事業において2018年度通期の業績見通しをさらに引き下げました。

ソニーモバイルコミュニケーションズでは「Xperia」シリーズとしてスマホ事業を展開しており、今年度当初は通期見通しで1000万台を計画していましたが、第1四半期を終えた7月時点では900万台、第2四半期を終えた10月時点では700万台と徐々に計画を下方修正していましたが、Q3を終えた今回、さらに下げて650万台としました。

これは各四半期ごとの販売台数が前年同期比で半減していることが影響しており、Q3については2017年度Q3が400万台だったのに対し、2018年度Q3が180万台と半分以下となっており、それによって通期見通しとしても2017年度通期の1350万台から半減することになりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。