S-MAX

Windows Phone

Continuumをまるごと持ち出せ!ノートパソコンのように使えるWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」用周辺機器「ノートドック」を試す(前編)【レビュー】


動画も作業もバッチリ!Windowsスマホ「HP Elite x3」専用オプション「ノートドック」を紹介

日本HPから昨年9月に発売されたOSに「Windows 10 Mobile」を搭載したハイエンドスマートフォン(スマホ)「HP Elite x3」。

現時点における国内向けWindows 10 Mobileスマホとしては頂点の性能を持ち、パソコン(PC)のWindowsと同じユーザーインターフェース(UI)でOfficeファイルの編集操作やブラウジングなどが可能になるWindows 10 Mobileスマホの目玉機能である「Continuum」を搭載し、無線・有線のどちらの接続によるContinuumに対応しています。

今回、Elite x3と同時発売された専用の周辺機器、「ノートドック」を購入しましたので、接続の手順や使い方、便利な機能などを2回に渡って紹介していきたいと思います。まず、前編として最初にノートドックの概要と同梱品の紹介、そしてElite x3との接続手順を解説していきます。


続きを読む

【年末企画】2016年に購入した三者三様のスマホからiPhoneとAndroid、Windowsのそれぞれを取り巻く状況をほんのり考察(アプリ開発エンジニア・えど編)

今年買ったスマホはiOS・Android・Windowsの各1台!年末企画で2016年を振り返る

気が付けば2016年ももうすぐ終わり。筆者がそんな2016年に購入したスマートフォン(スマホ)は3台で、物欲が控えめ(?)な1年でした。しかしながら、iOSが1台、Androidが1台、Windows 10 Mobileが1台と、結果的にバランスよく、いろいろな環境を試せていたように思います。

そこで本記事では、年末企画としてこれらの購入した3台を振り返りながら、iOSやAndroid、Windowsといった各スマホなど向けプラットフォームを取り巻くそれぞれの状況を振り返っていきます。

続きを読む

Microsoft、Windows 10 Mobileスマホに大型アップデート「Anniversary Update」を提供開始!ただし、NuAns NEOやMADOSMA Q601ではConinuumとNFCの不具合で一時配信停止中


Windows 10 MobileスマホにてAnniversary Updateが提供開始!

Microsoftは16日(現地時間)、同社が開発・提供するスマートフォン(スマホ)など向けOS「Windows 10 Mobile」における大型アップデート「Anniversary Update」(開発コード名:RedStone1)を順次提供を開始したとお知らせしています。

Windows 10 Anniversary Updateはパソコン(PC)など向けはすでに今月2日から順次提供開始していましたが、Windows 10 Mobileについては数週間後に提供開始する予定であると案内していました。

すでに国内向けのWindows 10 Mobileスマホにも配信が開始されていますが、トリニティおよびマウスコンピューターでは「NuAns NEO」および「MADOSMA Q601」において1607にすると「Continuum機能が正しく動作しない」および「NFC機能が正しく動作しない」ことが判明したとしてこれらの問題が解消されるまでは配信を停止することにしたと案内しています。

さらにプラスワン・マーケティングでも「KATANA 01」と「KATANA 02」へのAnniversary Updateの更新を待機するように案内しており、同社による動作検証が終了後に安心して使えるようになった後に再度お知らせするとしています。

続きを読む

今度の"マドスマ"は6インチ大画面!マウスコンピューターのWindows 10 Mobileを搭載したSIMフリースマホ「MADOSMA Q601」を写真でチェック【レポート】

6c3fcff1.jpg
マウスのSIMフリーなWindows 10 Mobileスマホ「MADOSMA Q601」を写真で紹介!

既報通り、マウスコンピューターは21日、Windows 10 Mobileスマートフォン(スマホ)「MADOSMA Q601」(以下、Q601)を2016年7月28日(木)に発売すると発表しました。価格は49,800円(税込)で、マウスコンピューターの店舗やWebストア、電話通販窓口のほか、各量販店などで販売され、すでに一部店舗では予約受付が開始されています。

スペイン・バルセロナで開催されていた「MWC 2016」に合わせて今年2月に開発中であることを発表しており、その後、台湾・台北で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2016」などでも展示されていましたが、ようやく発売となります。

前モデル「MADOSMA Q501」シリーズ(以下、Q501)の後継機種となるWindows 10 Mobileスマホで、CPUや内蔵メモリー(RAM)などの基本スペックを向上させているほか、画面サイズが6インチとなったことで大型化し、スマホとタブレットの中間に位置する製品(いわゆる「ファブレット」)となりました。

また、Continuum for Phoneにも対応しており、Q501シリーズがどちらかというと入門機といったところでしたが、Q601はがっつりとビジネスなどに利用することを想定したモデルとなっており、基本的な仕様以外にも大きく異なっています。

今回は発表に先んじて同社にタッチ&トライをさせてもらいましたので、開発機ではありますがほぼ製品版の外観や内蔵機能などを写真で紹介したいと思います。

続きを読む

Continuumもサポートする国産Windowsスマホ!マウスのWindows 10 Mobile搭載「MADOSMA Q601」を写真と動画でチェック【レポート】


COMPUTEX TAIPEI 2016のMicrosoftブースに参考展示されていたWindowsスマホ「MADOSMA Q601」を写真と動画で紹介!

台湾・台北市で5月30日~6月4日にかけて開催された世界最大級のITトレンドショー「COMPUTEX TAIPEI 2016」。世界各地から出展者が集まるこのイベントにおいて、Microsoftでは同社が開発するスマートフォン(スマホ)向けOS最新バージョン「Windows 10 Mobile」搭載機を複数台集めた展示ブースを用意していました。

主にはWindows 10 Moibleの注目機能である「Continuum for Phone(コンティニュアム・フォー・フォン)」をアピールする内容となっていましたが、その中に国内メーカーのマウス(旧マウスコンピューター)が開発を進める「MADOSMA Q601」を見つけることができました。

展示されているのはあくまで開発機とのことでしたが、今回はこのContinuum対応国産機のMADOSMA Q601の外観デザインを写真と動画で紹介していきます。

続きを読む

マウスコンピューター、Windows Phone 8.1スマホ「MADOSMA Q501」のWindows 10 MobileへのOTAを1月に延期!Microsoftの準備が整わず――ただし、PCによるOSバージョンアップ方法を案内


SIMフリースマホ「MADOSMA Q501」のWindows 10 Mobileへの道は長い!?

マウスコンピューターは24日、SIMフリーのWindows Phone 8.1搭載スマートフォン(スマホ)「MADOSMA Q501」に対する最新OSのWindows 10 Mobileへの本体のみでのネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)について2016年1月に延期するとお知らせしています。

同社ではすでに直営店での店舗にてMADOSMA Q501のWindows 10 MobileへのOSバージョンアップを提供していますが、OTAは12月中と案内していました。

ただし、同社ではOTAは延期されたものの、Windows搭載パソコン(PC)にて開発者向けアプリケーション「Windows ADK」を用いてMADOSMA Q501のファクトリーイメージを上書きすることによってWindows 10 Mobileにする方法を案内しています。

続きを読む

日本最速のはずだった!?FREETELブランドのWindows 10 Mobileスマホ「KATANA 01」を購入したので開封してみた――同梱品や外観をチェック【レビュー】


国内最速発売のはずだったWindows 10 Mobileスマホ「FREETEL KATANA 01」を買った!

プラスワン・マーケティングから同社が展開するSIMフリー製品ブランド「FREETEL」として11月30日に発売されたOSにWindows 10 Mobileを採用した約4.5インチFWVGA(480×854ドット)IPS液晶搭載スマートフォン(スマホ)「KATANA 01」。

発売日を発表した地点ではWindows 10 Mobileスマホとしては世界でMicrosoft製「Lumia 950」シリーズに続く2番目、日本国内では最速だとしていましたが、その後、11月28日にはヤマダ電機から「EveryPhone」が発売され、さらにその前日の11月27日にはプリインストールではなく既存のWindows Phone 8.1からのOSバージョンアップという形ではありますが、マウスコンピューターが「MADOSMA Q501」を店頭持ち込みなら更新するといったことがあり、すっかり"日本最速"の称号と話題性は失ってしまった感があります。

とはいえ、KATANA 01も価格が12,800円(税抜)と非常に手に取りやすく、まだまだ発展途上なWindows 10 Mobileを手っ取り早く試してみたいという場合には購入しやすいので魅力はあるのかなと思われます。筆者もさっそく発売日の昨日11月30日に購入しましたのでまずは開封してパッケージや外観などを紹介したいと思います。

続きを読む

2015 Japan IT Week 秋:サードウェーブデジノス、Windows 10 Mobileスマホ「DG-W10M」を初展示!タッチ&トライも可能【レポート】

6c3fcff1.jpg
サードウェーブデジノスのブースでWindows 10スマホのタッチ&トライ!

千葉の幕張メッセにて2015年10月28(水)~30日(金)の3日間に渡ってIT技術やサービスなどに関連する8つの展示会が合同で行われるイベント「2015 Japan IT Week 秋」が開催されています。

今回の記事では、これまでにもSIMフリーのスマートフォン(スマホ)に参入することを表明しているサードウェーブデジノスが「Windows10 Mobile」を採用したスマホ「DG-M10」を展示していたので紹介します。

続きを読む

日本マイクロソフトがWindows 10搭載デバイスを披露!新たにVAIOやトリニティ、エイサーがWindows 10 Mobileスマホを日本で投入ーー発表会や展示機を写真と動画で紹介【レポート】

Windows 10 Mobileがいよいよやってくる!

日本マイクロソフトは14日、都内にて「Windows 10 Partner Device Media Briefing」を開催し、パートナー企業が今秋発売する「Windows 10」搭載デバイスを発表した。Windows 10は2 in 1タイプやデスクトップPC、画面の小さいモバイルタブレット、堅牢性の高いノートPC、クリエイター向けタブレットなど様々な形態にひとつのOSで対応できることが強みとしている。

発表会では、すでに開発を表明しているマウスコンピューターやプラスワン・マーケティング(FREETEL)、サードウェーブデジノスに加え、今回新たにトリニティ(NuAns)、日本エイサー(Acer)、バイオ(VAIO)の3社がWindows 10 Mobile搭載スマートフォン(スマホ)などのデバイスを開発表明したことを発表した。

今回はこの発表会の内容と、Windows 10 Mobileの実機展示が行われた展示会場を写真と動画でレポートしていく。

続きを読む

プラスワン・マーケティング、FREETEL新製品発表会にてWindows 10 Mobileスマホ「KATANA 02」の実機を触れる状態で初展示!写真でチェック【レポート】

6c3fcff1.jpg
Windows 10 Mobileスマホ「KATANA 02」も実は展示されていた!

既報通り、プラスワン・マーケティングは2日、同社が展開するSIMフリー製品および携帯電話サービスのブランド「FREETEL」における新しい試みを披露する「FREETEL新製品および大型FREETELコーナー発表会」を東京・秋葉原にあるヨドバシカメラ マルチメディアAkiba(以下、ヨドバシAkiba)にて開催しました。

当日、報道関係者向けにFREETELコーナーがオープン直前に先行で公開されていたのですが、その時に限定でWindows 10 Mobile搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「KATANA 02」が展示されていました。

以前の発表会で展示されていたときはショーケース展示だったために手に取ることができませんでしたが、今回は開発機ではあるものの、実際に手にとることができたので、外観などを中心に写真で紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。