S-MAX

スマートフォン

秋吉 健のArcaic Singularity:暴走気味なスマホ価格の高額化。メーカー各社のハイブランド戦略とそれに反発する低価格スマホ市場の賑わいの二極化について考える【コラム】


ハイエンドスマホの高額化とスマホ価格の二極化について考えてみた!

既報通り、今月10日にグーグルが都内にて「新製品記者発表会」を開催し、最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を搭載した新型スマホ「Google Pixel 3」(以下、Pixel 3)および「Google Pixel 3 XL」(以下、Pixel 3 XL)を発表しました。

すでにNTTドコモおよびSoftBank、Google公式オンラインショップ「Gooleストア」(SIMフリー版)から11月1日に発売が予定されていますが、その価格は最も安いPixel 3(64GBモデル)で95,000円(以下、すべて税込)、最も高いPixel 3 XL(128GBモデル)で131,000円となっています。

これまでGoogleのAndroidスマホは日本では「Nexus」シリーズが発売されており、リファレンスモデル的な位置付けでもあったため性能面はオーソドックスながらも価格は比較的安価なイメージがありました。しかし今回は新たな「Pixel」シリーズであり、Googleが考える最良のスマホとして開発されていることから従来までのNexusシリーズとは立ち位置が変わっています。

そのため両機種も単なるサイズ違いではなく、上部に切り欠きのあるノッチデザインを採用したモデル(Pixel 3 XL)を個別に用意したり、無接点充電「Qi」の採用やカメラ機能の充実を図るなど他社ハイエンド製品にも劣らない仕様を満載し、価格も予想を遥かに上回る約10万~13万円となりました。

筆者の友人の1人は「今iPhone 7を使ってるし、iPhone XSが欲しいけど値段が高くて……」と、安価なAndroidスマホへの機種変更も視野に入れていたようですが、Pixel 3シリーズに限らずに他の「Galaxy」や「Xperia」といった有名ブランドのハイエンドスマホが軒並み高額となっており、結局友人は「価格があまり変わらないならiPhoneでいいか」とOS変更を諦めていました。なお、比較的安価なファーウェイなども勧めてみましたが反応はイマイチでした。

筆者自身も「iPhone XS」が発表された際、あまりの価格の高さに少し驚きつつ「でもiPhone 8が安くなるから……」と苦しい言い訳を自分へ言い聞かせていましたが、絶対値としてのハイエンド製品の高額化は業界全体の流れとして正しく受け止めなければならないでしょう。一方で、比較的安価で必要十分な性能の魅力的な端末も増えてきているのは事実です。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんなハイエンドスマホの価格高騰や人気価格帯の二極化を中心にこれからの市場動向を占ってみたいと思います。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:スマホのディスプレイ進化論。画面はいかにして「角丸デザイン」へと行き着いたのか。その理由や意義について考える【コラム】


スマホディスプレイの「角丸デザイン」について考えてみた!

筆者がiPhone 8からiPhone XSに変えて早1ヶ月。ロングレビュー的に色々といじって来ましたが、結論としてはとても満足しています。かつてiPhone Xが発売された2017年当時はTrueDepthカメラの精度や利便性に若干懐疑的でもあり、また指紋認証という生体認証方式に不満を感じていなかったことから順当にiPhone 8を購入しましたが、現在のところiPhone XSは概ねiPhone 8よりも快適だという個人的評価です。

ところで。何かを評価する時に色々と理由をこねくり回すのが大好きな面倒臭い性格の筆者ですが、iPhone XSで一番気に入っている部分は、実は「ディスプレイの角が丸い」という一点だったりします(筐体の角ではない)。

えぇ、そんなところなの……とライター仲間などからも笑われますが、正直iPhone 8を使っていてiPhone Xや他社の新型スマートフォン(スマホ)を見る度に「ディスプレイの角が丸い……羨ましい」といつも思っていたのです。

見回してみれば、今やディスプレイの角が丸いスマホが巷にあふれています。昨今のスマホデザインの流行りだよね、と一言で片付けてしまうのも簡単ですが、実はここに至るまでには理路整然とした理由があったのです。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はスマホのディスプレイの角が丸くなった理由やその意義について考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:あなたがネットワーク攻撃の加害者に?対策が打ちづらいDDoS攻撃とそれに対して自分でできる自衛策について考える【コラム】


悪質なDDoS攻撃の手法と対策について考えてみた!

毎週ゲームの話で大変恐縮ですが、先週末の3連休あたりから筆者が遊ぶオンラインゲームでゲームサーバーに繋がりにくくなる事案が発生しました。状況としてはサーバーからの応答がなくなり、タイムアウトによる切断が頻発したり、ログインができなくなるといったものです。

ゲームの運営が当初発表した内容はISP(インターネットサービスプロバイダ)側の単なる通信障害といったものでしたが、その後も通信し辛い状況は断続的に続き、翌日にはDDoS攻撃であったことが判明します。このDDoS攻撃はゲームサーバーへ繋がるISPの回線を標的としたもので、徐々に収まりつつあるものの筆者がこのコラムを執筆している10日現在も断続的に続いており、その規模は日本のみならず欧州などでも同時発生的に起こっています。

これほど長期的且つ大規模なDDoS攻撃は最近遭遇していなかっただけに筆者も若干面食らったほどですが、そもそもDDoS攻撃とはどのようにして起こるのでしょうか。またそれを防ぐ手段はないのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は一般に分かりづらいDDoS攻撃の手法や対策などについて解説します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:スマホの次のトレンドは有機EL?モバイルデバイスにおけるディスプレイ表現力の新たな次元を開くOLED技術について考える【コラム】


ポスト・液晶ディスプレイの筆頭技術「OLED」について考えてみた!

既報通り、ソニーは8月30日(現地時間)にドイツ・ベルリンにて開催されてた家電見本市「IFA 2018」にて新しいスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3」(ソニー・モバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。本機ではディスプレイ素材として「Xperia」シリーズ初となる有機EL(OLED)が採用され、ようやく分かりやすい形でモダンなスペックになってきたと感じている方もいらっしゃるかと思います。

ディスプレイ素材にOLEDを採用するスマホは既に他社から多数発売されており、有名なところではサムスン電子の「Galaxy」シリーズがあります。同シリーズにおける日本向けの製品としては2010年にNTTドコモより発売された「Galaxy S」以来脈々とOLEDを採用した製品を販売し続けており、スマホにおけるOLED採用の先駆者的位置付けとも言えます。

またアップルが「iPhone X」でOLEDを採用したことも大きな話題となりました。ホームボタンも排した「全画面」デザインとともにその発色の美しさが話題を呼び、同端末の高級感を一層引き立てたことは間違いありません。

このようにスマホベンダー各社が高級モデルへOLEDを採用する理由は一体どこにあるのでしょうか。またOLEDとはどのような特性を持ったディスプレイ素材なのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はOLED技術やその歴史について解説します。

続きを読む

OPPO Japan、秋葉原・梅田のヨドバシカメラにて最新スマホ「R15 Neo」と「R15 Pro」のタッチ&トライイベントを開催!日本発売計画のあるフラグシップスマホ「Find X」も展示【レポート】


オッポジャパンがタッチ&トライイベントを開催!“カメラフォン”ことOPPOスマホを体感しよう

既報通り、オッポジャパン(以下、OPPO Japan)が2018年8月31日(金)から9月2日(日)までの3日間に渡って最新のSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R15 Pro」および「OPPO R15 Neo」(OPPO Mobile Telecommunications製)のタッチ&トライイベントを東京秋葉原の「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」と大阪梅田の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」にて開催しています。

両機種は日本市場向けに発表され、発売時期と価格(税別)はOPPO R15 Proが2018年9月中旬および69,800円、OPPO R15 Neoの4内蔵メモリー(RAM)のモデルが2018年8月31日(金)および29,880円、3GB RAMモデルが2018年9月7日(金)および25,880円となっています。

今回のイベントはちょうどOPPO R15 Neoの4GB RAMモデルの発売に合わせて実施され、販売開始されたOPPO R15Neoのほか、まだ発売前の上位モデルであるOPPO R15 Proを実際に触って確かめることが可能となっています。

またまだ正式発表はされていないものの、8月22日に行われた発表会にて日本での販売に含みを持たせていたフロントカメラをスライド式で収納することでさらなる“全画面デザイン”を実現した同社の約4年ぶりとなる最新プレミアムスマホ「OPPO Find X」も国内初として展示されています。

そこで今回は、さっそくイベントが実施されている店舗の1つであるヨドバシカメラマルチメディアAkibaの会場へ行ってまいりました。本記事では会場にて行われていたキャンペーンのほか、国内向けにはまだ正式なアナウンスのないOPPO Find Xのレポートなど、要チェックな見どころがたくさんあった会場の様子を紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。