S-MAX

スマートフォン

総務省、ワンセグ機能付き携帯電話の所有だけではNHK受信契約不要に方針転換!据置型テレビを設置していない場合は不要にするよう要請


shimajiro@mobiler

日本経済新聞は7日、ワンセグ(フルセグを含むいわゆる「地上デジタルテレビ」の意味で利用)機能付きの携帯電話(スマートフォン含む)のみを所持しており、いわゆる据置型のテレビ(TV)を設置していない場合には日本公共放送(NHK)との受信契約が不要となるように総務省がNHKへ要請を行う方針であると報道している。

総務省による要請に関しては法的な強制力はないものの、従来は「ワンセグ機能付きの携帯電話を所有している場合も受信契約の対象」としていたNHKの方針が今後変更となる可能性も考えられる。

続きを読む

高市総務大臣、ワンセグ機能付き携帯電話もNHKとの受信契約が必要との考えを明らかに!法的な拘束力はなく、あくまで総務省の考えに基づく


shimajiro@mobiler

高市早苗総務大臣は2日、閣議後の記者会見にてワンセグ機能付き携帯電話(スマートフォンなど含む)も日本放送協会(NHK)との受信契約が必要であると考えているという旨の発言をしたと伝えられている。

総務大臣の発言は、先日のさいたま地裁の判決で「ワンセグ機能付き携帯電話の所持は放送設備の設置に当たらない」という判決が出されたことを受けてのもの。

ただし、総務大臣の発言や意向は直ちに法的な拘束力を持つものではなく、高市大臣自身も今後の訴訟の推移を見守る意向であり、発言自体は単純に総務省としての考え方を示したものと言える。

続きを読む

テレビ視聴を目的としないワンセグ対応携帯電話の所持はNHKの「受信契約」不要と判決!NHKはただちに控訴へ


shimajiro@mobiler

テレビ(TV)の視聴を目的としないワンセグ(フルセグ含む「地上デジタル放送」)対応製品の所有は、日本放送協会(NHK)との受信契約の根拠になっている放送法上の受信設備の「設置」にあたらないため、さいたま地方裁判所は男性側の主張を認め、ワンセグ機能付き携帯電話の所持については受信契約の義務がないと判決が下された。

これはワンセグ付き携帯電話の所持は受信契約の義務がないことを確認するために埼玉県朝霞市の市議会議員が原告となった裁判でのこと。

なお、NHKでは今回の判決について「判決は放送法64条の受信設備の設置についての解釈を誤ったものと理解しており、ただちに控訴します」としている。

続きを読む

タイ最大手の携帯電話事業者「AIS」の4G LTE対応プリペイドSIMカードを試してきた!CAやVoLTEも利用可能【レポート】


タイの携帯電話事業者「AIS」のLTE対応プリペイドSIMカードを試す!

タイ王国(以下、タイ)で最大手の携帯電話事業者であるAdvanced Info Service(AIS)は2016年1月下旬に「AIS 4G ADVANCED」として正式にLTEサービスを開始した。サービス開始直後からLTEに対応したプリペイドSIMカードも発売しており、今回、実際にタイに渡航して首都・バンコクで試してきたので紹介する。

タイには5社の携帯電話事業者が存在し、2015年末時点で加入数シェアは5社のうち大手3社で97%以上を占める。大手3社の一角をなすAISは45%以上のシェアを保有し、タイで最大手である。AISは一般的に略称かつブランド名のAISとして知られている。

また、タイではシェア3位でTrueMove HブランドのTrue Move H Universal Communication(TUC)が2013年5月に、シェア2位でdtacブランドのTotal Access Communicationが2014年5月にLTEサービスを開始しており、大手3社の中でAISは大幅にLTEサービスの開始が遅れていた。

AISのLTEサービスは2015年12月よりトライアルを実施し、一部顧客はLTEサービスを先行して試せたが、2016年1月下旬にようやくLTEサービスを商用化し、4G ADVANCEDとして大々的に展開している。なお、AISは子会社のAdvanced Wireless Network(AWN)を通じてLTEサービスを提供している。

続きを読む

AmazonでNo.1の実績を獲得した「Highend Berry」ブランドからスマホスタンドにもなる落下防止アイテム「リングスタンド」を試す【レビュー】


ひとつは持っておきたい超便利な「リングスタンド」を試す

大手Webストア「Amazon.co.jp」おける「携帯電話アクセサリ>ケース・カバー」カテゴリーで5ヶ月連続ベストセラー商品ランキングNo.1を獲得した実績がある「Highend Berry」ブランドは、数多くのiPhoneケースやAndroidスマートフォン(スマホ)のケースをラインナップしています。

また、ケースのほかにもスマホやタブレット向けアクセサリーを数多く取り揃えるHighend Berryですが、今回はその中からiPhoneやiPadシリーズ、Androidスマホなど向けの便利な製品「Highend Berry リングスタンド」を実際に試してみました。

続きを読む

21世紀初の独立国家!東ティモールで携帯電話事業者3社のプリペイドSIMカードを試してきた【レポート】


海岸になびく東ティモールの国旗!携帯電話事業者3社のプリペイドSIMカードを試す

21世紀初の独立国家「東ティモール民主共和国」(以下、東ティモール)。復興から発展をめざして歩み出しており、投資先として注目する外資企業も増加傾向にある。今回はそんな東ティモールのプリペイドSIMカード事情を紹介する。

東ティモールにおける携帯電話事業者はTimor TelecomおよびTelekomunikasi Indonesia International (TL)、Viettel Timor Lesteの3社である。Telekomunikasi Indonesia International (TL)はブランド名をTELKOMCEL、Viettel Timor Lesteはブランド名をTelemorとしており、両社は一般的にブランド名で知られることから、以下ではブランド名で表記する。

今回、筆者は東ティモールに実際に渡航し、これらの3社のプリペイドSIMカードを試してきた。日本ではあまり知られない同国だが、発展をめざして携帯電話も活用されつつあり、そんな実情をレポートしたい。

続きを読む

輝くメタリックボディーが眩しいハイエンドのau向けフラッグシップスマホ「HTC 10 HTV32」を購入!パッケージや同梱品を写真で紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
輝くメタルボディーと妥協のないハイエンド性能が魅力のau向けスマホ「HTC 10 HTV32」を購入!さっそく開封してみた

auから6月10日に発売された「2016年夏モデル」の最新ハイスペックスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)。前機種で昨夏モデルの「HTC J butterfly HTV31」とはうって変わり、日本市場向けのおサイフケータイ(Felica)やテレビ(ワンセグ・フルセグ)などの機能にあえて対応せず、グローバル向けのフラッグシップモデル「HTC 10」をそのままにした製品となっています。

こういった方向性がiPhone以外でも日本で受け入れられるのかという問題に加えて、グローバル向けのHTC 10にはない限定カラー「カメリアレッド」がラインアップされており、赤色製品が大好物な筆者も大興奮な今夏スマホの中でもかなり尖った製品かと思われます。

そういったこともあり、さっそく当然のようにHTC 10 HTV32のカメリアレッドを自腹購入したので、恒例行事でもある"開封の儀"を実施しました。今回は製品版の個装箱と、HTCが"お買い得"と自信を見せる同梱物について写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

臨場感ある2D・3D映像が楽しめる!iPhoneなどの3.5〜6インチスマホを装着して使えるVRゴーグル「Arealer VRroom」を試してみた【レビュー】


いつでもどこでも2D・3D映像体験ができる!低価格なスマホ用VRゴーグル「Arealer VRroam」を試す

最近では安価で簡単に組み立てて利用できる段ボール製のバーチャルリアリティー(VR)用ゴーグル(グラス・メガネ)が登場するなど、VRに注目が集まっています。

これらの段ボール製などのVRゴーグルは手持ちのスマートフォン(スマホ)を装着して、画面に現実世界のように見える映像が映しだされ、ひとたびVRゴーグルを装着しグルっと360度見渡せば、楽しい世界が広がります!

そこで今回は段ボール製よりもしっかりとしていて本体にイヤホンなどのケーブルを装着できるArealer製「VRroom(3D・VRメガネ 3Dゴーグル 3Dムービー ゲームヘッドセット 3.5-6.0インチのAndroid iOSのスマートフォン用)」を実際に試してみたのでレビューしたいと思います。

続きを読む

渋谷の中心でゼロと叫ぶ!スマホ向けゲームを元にしたVR体験イベント「ファントム オブ キル ―SHOUT ZERO VR―」が渋谷をジャック【レポート】

渋谷でスマホゲーム「ファントム オブ キル」のVRイベントが開催!

gumiは2016年4月9日(土)と10日(日)にスマートフォン(スマホ)向けロールプレイングゲーム(RPG)「ファントム オブ キル」の前日譚(ぜんじつたん)を描くプロジェクトのひとつとして、東京・渋谷パルコ パート1の公園通り広場でイベント「ファントム オブ キル ―SHOUT ZERO VR―」を開催した。

このVR(バーチャルリアリティー)イベントはファントム オブ キルの世界観をさまざまな角度から描く「プロジェクト ZERO」のひとつ。ゲームとVR体験のほかに、ファントム オブ キルの前日譚を描いたコンセプトフィルムが制作され、7日にはZEROの声を演じる俳優の藤原竜也さんらが登壇したレッドカーペットイベントが開催された。

今後、名古屋や大阪、札幌、福岡、東京(なおすでに名古屋と大阪は募集終了)で、このコンセプトフィルムの上映会ならびにVR体験イベントが開催される。今回はこの「SHOUT ZERO VR」と題した新しいVR体験イベントをレポートしていく。

続きを読む

今後も「Motorola」ブランドは継続!Lenovoは「Moto」と「Vibe」シリーズに注力し、Motorola Mobilityも会社として存続――一部メディアの報道を否定


Motorolaブランドは今後も継続に!

Motorola Mobilityは8日(現地時間)、一部メディアで系他電話から「Motorola」ブランドが徐々に消えていくと報道された件について今後も継続することを公式ブログにて案内しています。

現在、Motorola Mobilityは親会社がGoogleからLenovoに移って完全子会社として、スマートフォン(スマホ)ではLenovoの「Vibe」シリーズ、Motorola Mobilityの「Moto」シリーズを展開しています。

ブログでは今後もこれらの2つのVibeとMotoのシリーズに注力するとし、さらに会社としてもMotorola Mobilityを継続するとしています。なお、中国ではVibeシリーズは以前に紹介したように「Le Meng(楽檬)」(「レモン」の意)として展開しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。