S-MAX

スマートフォン

秋吉 健のArcaic Singularity:スマホの次のトレンドは有機EL?モバイルデバイスにおけるディスプレイ表現力の新たな次元を開くOLED技術について考える【コラム】


ポスト・液晶ディスプレイの筆頭技術「OLED」について考えてみた!

既報通り、ソニーは8月30日(現地時間)にドイツ・ベルリンにて開催されてた家電見本市「IFA 2018」にて新しいスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3」(ソニー・モバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。本機ではディスプレイ素材として「Xperia」シリーズ初となる有機EL(OLED)が採用され、ようやく分かりやすい形でモダンなスペックになってきたと感じている方もいらっしゃるかと思います。

ディスプレイ素材にOLEDを採用するスマホは既に他社から多数発売されており、有名なところではサムスン電子の「Galaxy」シリーズがあります。同シリーズにおける日本向けの製品としては2010年にNTTドコモより発売された「Galaxy S」以来脈々とOLEDを採用した製品を販売し続けており、スマホにおけるOLED採用の先駆者的位置付けとも言えます。

またアップルが「iPhone X」でOLEDを採用したことも大きな話題となりました。ホームボタンも排した「全画面」デザインとともにその発色の美しさが話題を呼び、同端末の高級感を一層引き立てたことは間違いありません。

このようにスマホベンダー各社が高級モデルへOLEDを採用する理由は一体どこにあるのでしょうか。またOLEDとはどのような特性を持ったディスプレイ素材なのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はOLED技術やその歴史について解説します。

続きを読む

OPPO Japan、秋葉原・梅田のヨドバシカメラにて最新スマホ「R15 Neo」と「R15 Pro」のタッチ&トライイベントを開催!日本発売計画のあるフラグシップスマホ「Find X」も展示【レポート】


オッポジャパンがタッチ&トライイベントを開催!“カメラフォン”ことOPPOスマホを体感しよう

既報通り、オッポジャパン(以下、OPPO Japan)が2018年8月31日(金)から9月2日(日)までの3日間に渡って最新のSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R15 Pro」および「OPPO R15 Neo」(OPPO Mobile Telecommunications製)のタッチ&トライイベントを東京秋葉原の「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」と大阪梅田の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」にて開催しています。

両機種は日本市場向けに発表され、発売時期と価格(税別)はOPPO R15 Proが2018年9月中旬および69,800円、OPPO R15 Neoの4内蔵メモリー(RAM)のモデルが2018年8月31日(金)および29,880円、3GB RAMモデルが2018年9月7日(金)および25,880円となっています。

今回のイベントはちょうどOPPO R15 Neoの4GB RAMモデルの発売に合わせて実施され、販売開始されたOPPO R15Neoのほか、まだ発売前の上位モデルであるOPPO R15 Proを実際に触って確かめることが可能となっています。

またまだ正式発表はされていないものの、8月22日に行われた発表会にて日本での販売に含みを持たせていたフロントカメラをスライド式で収納することでさらなる“全画面デザイン”を実現した同社の約4年ぶりとなる最新プレミアムスマホ「OPPO Find X」も国内初として展示されています。

そこで今回は、さっそくイベントが実施されている店舗の1つであるヨドバシカメラマルチメディアAkibaの会場へ行ってまいりました。本記事では会場にて行われていたキャンペーンのほか、国内向けにはまだ正式なアナウンスのないOPPO Find Xのレポートなど、要チェックな見どころがたくさんあった会場の様子を紹介したいと思います。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:モバイル端末が「軽薄短小」の先に見つけたもの。ケータイやスマホの進化から「ちょどいいサイズ」の探求について考える【コラム】


かつて日本が得意とした「軽薄短小」の世界の変化とこれからを考えてみた!

みなさんは「軽薄短小」なんて言葉を聞いたことがあるでしょうか。別に男性蔑視の用語だとかという物騒なものではありません。「軽い、薄い、短い、小さい」の漢字を抜き出したもので、かつて日本が「電子立国」などと呼ばれていた時代、日本製品の特徴を指して言われた言葉です。

日本人は道具や機械のコピーと改良が得意で、海外から手に入れた技術や製品を精査しては自分たち独自の技術をプラスして次々にコンパクトで使いやすい道具を生み出していったことから生まれた言葉ですが、この言葉が代名詞的に使われたメーカーの筆頭と言えばソニー以外にありません。文字通り世界を変えたウォークマンに始まり、携帯ラジオやノートパソコンなど、全てを軽く、薄く、そして小さくしていったのです。

ソニー以外のメーカーもこぞって軽薄短小を目指しました。家電製品からクルマまで、ありとあらゆるものが多機能をコンパクトに凝縮し、狭い日本の家や街に合わせて製品化されたのです。今の日本で軽自動車が大流行しているのも単に安いからだけではないでしょう。駐車場や道路など、ありとあらゆる場所が狭いからこそコンパクトで小回りの利く軽自動車が好まれたのです。

しかし時代は変わりました。何もかもを軽薄短小に収めれば良いという風潮は終焉を迎えます。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんな「軽薄短小」の世界に収まらなくなったモバイルガジェットの現在と未来についてお話します。

続きを読む

Corning、スマホなど向け次世代ディスプレイガラス「Gorilla Glass 6」を発表!既存のGorilla Glass 5と比べて2倍割れにくく、特に複数回落としても大丈夫に


新しい強化ガラス「Corning Gorilla Glass 6」が発表!

Corningは18日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)などの機器向けの新しい次世代ディスプレイガラス「Gorilla Glass 6」を発表しています。今後数ヶ月以内にGorilla Glass 6を採用する製品が市場に投入される予定。

Gorilla Glass 6は既存の「Gorilla Glass 5」よりも2倍強化されており、高いところからの落下で割れにくくなっているのはもちろん、何回も落とした場合にも耐えられるように設計されているということです。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:誰がために超小型スマホは鳴る。テクノロジーとウェブサービスの進化に裏打ちされたその魅力について考える【コラム】


小さなモバイル端末の魅力について考えてみた!

突然ですが、みなさんはフィーチャーフォン(ケータイ)やスマートフォン(スマホ)に何を求めるでしょうか。性能?画質?デザイン?ブランド?価格?……恐らくその基準は十人十色、さまざまにあるでしょう。また1つの基準のみで決まるものでもありません。

筆者の場合も性能であったりブランドであったりと購入の基準となるものは複数あり、新しいモバイル端末が登場する度に「これは買いか?自分が欲しいと思える端末か?」と何度も何度も検討し、時には同業のライター仲間の意見を聞いたりして判断するのですが、この判断基準を完全に逸脱するにもかかわらず我を忘れるように飛びついてしまう端末があるのです。それは「極端に小さい端末」です。

手のひらにすっぽりと収まるどころか指2本でも隠せてしまうような極小のケータイやスマホ。そんな存在にかつてどこかのアニメで見たスパイグッズやSF映画の小道具のような非現実感もしくは未来感を覚え、大人気なく心躍らせてしまうのです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はまさに筆者の感性の原点たる「心躍る超小型モバイル端末」についてつらつらと語ってみたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。